トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森内俊雄

森内俊雄

森内俊雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森内 俊雄(もりうち としお、1936年12月12日 - )は、日本の小説家、詩人、編集者である。本名同じ。
大阪府出身。大阪明星高等学校を経て、早稲田大学文学部露文科卒業。宮原昭夫、李恢成は大学の同級生。主婦と生活社、冬樹社で編集者となるが、1972年に退職。
在職中1969年「幼きものは驢馬に乗って」で文學界新人賞を受賞、芥川賞候補となる。以後、70年「<傷>」、71年「骨川に行く」、72年「春の往復」、73年「眉山」と、計五回芥川賞候補となる。のち精神を病んだ経験を描いた『氷河が来るまでに』を1990年に上梓、高い評価を受ける。

森内俊雄新刊

  • 発売日
    2017年12月26日
  • 書名
    道の向こうの道

受賞歴

森内俊雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.3.17 [43]金沢・泉鏡花文学賞  輝く才能 世に送る

    40年の歴史、受賞者多彩 徳田秋声、室生犀星と並ぶ「金沢三文豪」の一人、泉鏡花(一八七三~一九三九年)。「高野聖」をはじめ、ロマンあふれる幻想的な作風で知られる。その名を冠した金沢市の「泉鏡花文学賞」が昨年、四十回の節目を迎えた。第一回から現在に至るまで、自治体が単独で主催する珍しい文学賞として、独自の歴史を築いている。

森内俊雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

caruaru44なんと森内俊雄の新刊!
Namimagazine森内俊雄著『道の向こうの道』の評者は荒川洋治さん!/若き日の道へ(波2018年1月号)https://t.co/CXiYGiLM4q
An_nandeya_bot[語]第1回は半村良と森内俊雄が受賞した、金沢市が主催する文学賞は何文学賞? 泉鏡花文学賞 *半村良『産霊山秘録』、森内俊雄『翔ぶ影』。正賞として八稜鏡が授与される
minirineco柴崎友香『星のしるし』白洲正子・前登志夫『魂の居場所を求めて』津村記久子『ポトスライムの舟』三浦しをん『ロマンス小説の七日間』森内俊雄『翔ぶ影』森谷尅久編『京都千年 八 くらしと年中行事 古都の歳時記』森見登美彦『太陽と乙女』
leaden_heart07今読んでる森内俊雄の短編集すごくいい。過不足ない文章で好き。
tokiwashizu松浦弥太郎『孤独を生きる言葉』(河出書房新社)森内俊雄『道の向こうの道』(新潮社) #志津に入荷してます https://t.co/nibb1zg3mB
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森内俊雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)