トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森内俊雄

森内俊雄

森内俊雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森内 俊雄(もりうち としお、1936年12月12日 - )は、日本の小説家、詩人、編集者である。本名同じ。
大阪府出身。大阪明星高等学校を経て、早稲田大学文学部露文科卒業。宮原昭夫、李恢成、大西寛、白取貞樹は大学の同級生。主婦と生活社、冬樹社で編集者となるが、1972年に退職。
在職中1969年「幼きものは驢馬に乗って」で文學界新人賞を受賞、芥川賞候補となる。以後、70年「<傷>」、71年「骨川に行く」、72年「春の往復」、73年「眉山」と、計五回芥川賞候補となる。のち精神を病んだ経験を描いた『氷河が来るまでに』を1990年に上梓、高い評価を受ける。

受賞歴

森内俊雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.3.17 [43]金沢・泉鏡花文学賞  輝く才能 世に送る

    40年の歴史、受賞者多彩 徳田秋声、室生犀星と並ぶ「金沢三文豪」の一人、泉鏡花(一八七三~一九三九年)。「高野聖」をはじめ、ロマンあふれる幻想的な作風で知られる。その名を冠した金沢市の「泉鏡花文学賞」が昨年、四十回の節目を迎えた。第一回から現在に至るまで、自治体が単独で主催する珍しい文学賞として、独自の歴史を築いている。

森内俊雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hitokirigoro→「故郷は語ることなし」と言い切っちゃった人だから。そして、文学者なら安易に信仰に頼るなと。吉行淳之介が森内俊雄の芥川賞候補作に向けた批判を読んだ時も、安吾のこのエッセイを思い出しました。
shincholive_bot『梨の花咲く町で』(森内俊雄)この町で、妻に会えてよかった――。人生の深い味わいにみちた傑作短篇集。https://t.co/CUrNb8tcLO
gyokueido8044【新入荷情報】「骨川に行く」森内俊雄 新潮社 昭46初版 伊藤貴和子宛色鉛筆長文識語署名入 装幀・赤坂三好 三方ヤケ カバー少ヤケ裏シミ・帯少ヤケ少傷ミ https://t.co/3ZjbD8i6OM
Tadashikuikiru2森内俊雄『翔ぶ影』を再読し始める。執拗で偏執的な文章が懐かしい。20代のある時期、古井由吉と赤江瀑とこのひとのものを集中的に読んだ。共通するのは狂おしさ。赤江瀑の「われは海の子、虚空の子」と言うのを思い出した。 https://t.co/TYlXXCh3JF
tsuguomiyoshida信州の方には申し訳ないんですが、私昆虫食駄目で。地蜂の句は勿論蜂の子採りを扱つたもの。蜂の子、森内俊雄の小説を思ひ出します。←タイトル忘れ。スンマセン。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森内俊雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)