トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高井有一

高井有一

高井有一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高井 有一(たかい ゆういち、1932年4月27日 - 2016年10月26日)は、日本の小説家。内向の世代の作家の一人。本名は田口哲郎(たぐち てつお)。日本芸術院会員。
祖父は角館町出身の小説家だった田口掬汀(たぐち きくてい)。父は画家の田口省吾(しょうご)。
坪田譲治文学賞選考委員。
父田口省吾、母信子の長男として、東京府北豊島郡長崎町(現・東京都豊島区)に生まれる。1943年祖父、父があいついで死去。1945年母妹とともに秋田県へ疎開するが、11月に母が死去し、母方の叔父最上孝敬に引き取られる。成蹊高等学校で中村草田男の授業を受け、1951年成蹊大学に進学した。1952年に早稲田大学第二文学部英文学科に編入し、1955年に卒業した。文学サークル「現代文学会」で活動、かたわら大学の広報誌「早稲田学報」の編集助手を務める。その頃の学友には、生島治郎、青木雨彦、長部日出雄らがいた。
共同通信社文化部記者として勤務する傍ら、1964年7月、同人雑誌『犀』の創刊に参加。1965年4月に「夏の日の影」を発表し、同人の立原正秋、加賀乙彦、後藤明生らの知遇を得る。1965年10月に『犀』に発表した「北の河」で、1965年度下半期の芥川龍之介賞を受賞する。1975年に共同通信社を退社、作家専業となる。
1977年から刊行された季刊雑誌『文体』(平凡社)で、古井由吉、坂上弘、後藤明生とともに責任編集者を務めた。1984年、共同通信社の同僚だった中村輝子と結婚。
1996年日本芸術院会員。2000年より2002年まで日本文芸家協会理事長。2008年日本近代文学館理事長。
2016年10月26日、心不全のため死去。84歳没。

受賞歴

高井有一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.2.1 読売文学賞に古川日出男さんら

    第67回読売文学賞(読売新聞社主催)が2月1日付で発表された。賞金は各200万円。贈賞式は19日、東京・内幸町の帝国ホテルで。各賞の受賞者は次の通り(敬称略)。

  • 2013.11.19 さきがけ文学賞授賞式、入選と選奨を表彰 秋田市

    第30回さきがけ文学賞の授賞式が19日、秋田市の秋田キャッスルホテルで行われ、「オレンジ」で最高賞の入選となった加藤敬尚(のりひさ)さん(37)=東京都稲城市、契約社員=と、「匂い辛夷(こぶし)」で選奨(佳作)となった笹耕市さん(66)=本名・根本直(ただし)、秋田市、学校法人パート職員=を表彰した。

  • 2013.6.3 さきがけ文学賞、新選考委員に森さん 直木賞作家

    今年で第30回を迎える「さきがけ文学賞」の新たな選考委員に、直木賞作家の森絵都さん(45)が決まった。2000年から選考委員を務め、3月に死去した作家の北原亞以子さんの後を受け、作家の高井有一さん、西木正明さんと共に選考に当たる。

高井有一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

AwardAuthor夫も財産も戦火に奪われ頼るべきものもなく寒々と疎開先で暮す母子二人、その母も死に追いこまれていく…精緻で清洌な文体にのせて描いた作品。芥川賞受賞作『北の河』高井有一
cacapa_i京大現代文の過去問に高井有一「半日の放浪」というのがありまして.「家を守る」ことができなかった初老の男の心情が描かれているのですが,模範解答読んだ時は「家を守る」なんて感覚が受験生にわかるか!と青本を投げたことを思い出しました.今もわかりません.
kentyanayo声の底にまだ睡気がたゆたっている。
raisen_bot_qmaNo.34 (問題文失念・著者と代表作)⇒津島佑子―夜の光に追われて、高井有一―夜の蟻、澁澤龍彦―高丘親王航海記
ken_yuki_loveこの国の空 https://t.co/ry4LjsYD6y日本を代表する脚本家・荒井晴彦の監督・脚本で芥川賞作家・高井有一の同名小説を映画化したドラマ。空襲に怯えながら暮す19歳のヒロインが、明日の見えない暗黒の日々の中で、妻子ある中年男性との許されぬ恋に身を焦がしていく…
hollywood_Ioveこの国の空 https://t.co/YYNfGDs0X4日本を代表する脚本家・荒井晴彦の監督・脚本で芥川賞作家・高井有一の同名小説を映画化したドラマ。空襲に怯えながら暮す19歳のヒロインが、明日の見えない暗黒の日々の中で、妻子ある中年男性との許されぬ恋に身を焦がしていく…
allreviewsjp「人間との間に通路を持てない老人が残るのだけれども、それはもともと、歴史から断絶された人間の在るべき姿なのだと、作者は優しく、烈しく語っている」夜の蟻(筑摩書房) - 著者:高井 有一 - 辻井喬による書評 ALL REVIEWS https://t.co/957ESlqaxF
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高井有一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)