トップページ > 公募ではない賞一覧 > 川端康成文学賞 > 1987年−第14回 川端康成文学賞

川端康成文学賞

1987年−第14回 川端康成文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

川端康成文学賞(かわばたやすなりぶんがくしょう)は、作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。2019年3月25日、審査委員長である川端香男里理事長の体調不良と財政の問題から、川端康成文学賞の選考を休止することを発表した。

第14回—1987年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

川端康成文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川端康成文学賞関連つぶやき

liq_bgbt川端康成(1899年6月14日~1972年4月16日)【代表作】『伊豆の踊子』『雪国』『古都』※ノーベル文学賞受賞者
patties_ron@yuko111611161 私は三島由紀夫のバルコニーでの演説をテレビで見ていました。そして間もなく自決。子供にとって切腹をしたという事に衝撃を覚えました。また、ノーベル文学賞は川端康成でなく三島由紀夫が受賞していたら2人共あの… https://t.co/dBlnCFDjpG
lovethinkbot「二人の結婚は美しかった。なぜなら彼女は離婚する力を持っていたから。二人の離婚もまた美しかった。なぜなら彼女は友達となれる心を持っていたから。」川端康成(日本の小説家、ノーベル文学賞受賞 / 1899~1972)
weru_chocoboゆら「それで出版した本が何故か海外で翻訳されて、ノーベル文学賞を取って『川端康成に次ぐ国内2例目!』って大々的に祝うことになって、そのお祝いの席で一緒に泣いてきた」「君の脳内どうなってんの、というか……君の夢の中での君の自己評価たっかいな?」ゆら「それなwww」
wiz_rearrange次の人物を、ノーベル文学賞を受賞したときの年齢が若い順に並び替えなさいキップリング→ヘミングウェイ→スタインベック→川端康成
rairen_bot1:ある作家の名を冠した文学賞 2:1974年に創設 3:「新潮」にて発表 4:第一回受賞者は上林暁 A:川端康成文学賞
yurubngkbot川端康成文学賞作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。1974年(S49)~現在
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)