トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 阪田寛夫

阪田寛夫

阪田寛夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阪田 寛夫(さかた ひろお、1925年10月18日 - 2005年3月22日)は、日本の詩人、小説家、児童文学作家である。大阪府大阪市生まれ。小説・詩・作詞など幅広く執筆。
阪田家は、代々紺屋の屋号で安芸国忠海(現在の広島県竹原市忠海)で海運業を営んでいた。寛夫の祖父・阪田恒四郎が38歳の時、広島から大阪に出て興したのが阪田インキ製造所(後のサカタインクス)。寛夫の父・素夫は同社の二代目社長であった。600坪の屋敷で3人兄弟の末弟として育つ。
熱心なキリスト教徒の家庭に育つ。母・京は同志社女子専門学校英文科の卒業生で、アメリカから来た教師に西洋料理をたくさん学んだハイカラな女性だった。小学生時代、親族・周囲に宝塚ファンが多かったため自身も幼いころより晩年まで宝塚歌劇に親しむ。
帝塚山学院小学校・大阪府立住吉中学校から旧制高知高等学校を経て東京帝国大学文学部美学科に入学、在学中に三浦朱門らとともに同人誌を創刊。国史科に転じて1951年(昭和26年)大学を卒業後、朝日放送に入社し、主にラジオ番組のプロデューサーとして制作に携わる。その後、編成局ラジオ制作部長、東京支社勤務を経て
1963年(昭和38年)朝日放送を退社。
「音楽入門」で小説家としてデビュー、1975年(昭和50年)に小説『土の器』で芥川賞受賞。1980年(昭和55年)に小説『トラジイちゃんの冒険』で野間児童文芸賞、1984年(昭和59年)に評伝『わが小林一三―清く正しく美しく』で毎日出版文化賞、1986年に巖谷小波文芸賞受賞。1987年(昭和62年)に小説『海道東征』で川端康成文学賞受賞。この他、詩集『わたしの動物園』や、まど・みちおに関するエッセイ『まどさん』などがある。まどを先輩として尊敬し、共著を五冊出している。1990年(平成2年)、日本芸術院会員。1995年(平成7年)、勲三等瑞宝章受章。
童謡「サッちゃん」「おなかのへるうた」「ともだち讃歌(リパブリック讃歌)」「誰かが口笛ふいた(フランスのサンブル・エ・ミューズ連隊行進曲 Le Regiment de Sambre et Meuse)」「そうだ村の村長さん」などの作詞者としても知られる。先の2篇は大中恩によって作曲された。また、NHK全国学校音楽コンクールのために「かたつむりのうた」や「君は夕焼けを見たか」などを作詞した。
文壇関係者では野坂昭如・矢代静一に並ぶ男性宝塚ファンであり、実の娘・大浦に対しても「娘だからこそ」一評論家として公正・中立な視点、厳格な記述を通した。また芥川賞作家の庄野潤三とは小中学校で同級生であり、朝日放送でも同僚となるなど親交が続いた。旧制高知高校で同級生だった三浦朱門とも、生涯に渡って家族ぐるみで親交を持った。
2005年3月22日午前8時4分、肺炎のため死去(79歳)。

受賞歴

阪田寛夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

阪田寛夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

oriojimboudo日本の古本屋に追加出品しました。『土の器』阪田寛夫、『隆慶一郎の世界』中島誠、『金の鍵の匣』里見弴、ほか。https://t.co/Kh8km99Ven https://t.co/jXUGBpmhUk
napetokine1217 #ろくべる ──さよなら 今日の日、また会おう。こちらはろくべる非公式音源です。...【ろくべる非公式】夕日が背中を押してくる / 作詞:阪田寛夫、作曲:山本直純#nanamusichttps://t.co/zGM7wgp6Bj
comp_nobunaga阪田寛夫の詩で《からからと鳴る日々》という女声合唱曲集を書きました。2年半の延期を経てようやく実現しようとしている演奏会です。 https://t.co/LU3yBNegUf
sakura9514うまく言えないけど阪田寛夫の「葉月」アレです、あれなんです。私のA像。あそこまでダメダメでもないけど
gonci2017山本直純《えんそく》から「おべんとう」。阪田寛夫の歌詞が面白い。ごはんの上に かつおぶしかつおの上に またごはんそのまた上に かつおぶしかつぶしごはんだ すてきだろどこからたべてもでてくるかつおぶし
lbintang_jp@Natalie08475662 阪田寛夫さん、お嬢様のなつめさんと共演されたことあるんですね!私全くしらなくって。wikiみて、この曲も!て感じですが大阪ですがおじい様は広島出身だったと
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阪田寛夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)