トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 阪田寛夫

阪田寛夫

阪田寛夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阪田 寛夫(さかた ひろお、1925年10月18日 - 2005年3月22日)は、日本の詩人、小説家、児童文学作家である。大阪府大阪市生まれ。
阪田家は、代々紺屋の屋号で安芸国忠海(現在の広島県竹原市忠海)で海運業を営んでいた。寛夫の祖父・阪田恒四郎が38歳の時、広島から大阪に出て興したのが阪田インキ製造所(後のサカタインクス)。寛夫の父・素夫は同社の二代目社長であった。600坪の屋敷で3人兄弟の末弟として育つ。
熱心なキリスト教徒の家庭に育つ。小学生時代、親族・周囲に宝塚ファンが多かったため自身も幼いころより晩年まで宝塚歌劇に親しむ。
帝塚山学院小学校・大阪府立住吉中学校から旧制高知高等学校を経て東京帝国大学文学部美学科に入学、在学中に三浦朱門らとともに同人誌を創刊。国史科に転じて卒業後朝日放送に入社し、主にラジオ番組のプロデューサーとして制作に携わる。その後、編成局ラジオ制作部長、東京支社勤務を経て朝日放送を退社。
「音楽入門」で小説家としてデビュー、1975年に小説『土の器』で芥川賞受賞。1980年に小説『トラジイちゃんの冒険』で野間児童文芸賞、1984年に評伝『わが小林一三―清く正しく美しく』で毎日出版文化賞、1987年に小説『海道東征』で川端康成文学賞受賞。この他、詩集『わたしの動物園』や、まど・みちおに関するエッセイ『まどさん』などがある。まどを先輩として尊敬し、共著を五冊出している。1990年、日本芸術院会員。
童謡「サッちゃん」「おなかのへるうた」「ともだち讃歌(リパブリック讃歌)」「誰かが口笛ふいた(フランスの行進曲 Le Regiment de Sambre et Meuse)」「そうだ村の村長さん」などの作詞者としても知られる。先の2篇は大中恩によって作曲された。また、NHK全国学校音楽コンクールのために「かたつむりのうた」や「君は夕焼けを見たか」などを作詞した。
文壇関係者では野坂昭如・矢代静一に並ぶ男性宝塚ファンであり、実の娘・大浦に対しても「娘だからこそ」一評論家として公正・中立な視点、厳格な記述を通した。また芥川賞作家の庄野潤三とは小中学校で同級生であり、朝日放送でも同僚となるなど親交が続いた。
2005年3月22日午前8時4分、肺炎のため死去(79歳)。

阪田寛夫新刊

  • 発売日
    2018年5月12日
  • 書名
    庄野潤三ノート (講談社文芸文庫)

受賞歴

阪田寛夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

阪田寛夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chii_oboeta_qma【詩人生まれた順】北村透谷→上田敏    →北原白秋    →西条八十    →三好達治    →阪田寛夫    →谷川俊太郎    →寺山修司ちぃ覚えた
109Yoroshiku【ラジオ】報道「私宅監置・沖縄 ~扉がひらくとき~」(ラジオ沖縄)▽教養「ラジオと童謡と~『サッちゃん』の阪田寛夫が残したもの」(朝日放送ラジオ)▽エンターテインメント「Let the Good Times Roll!!」(CROSS FM)
kimunco545やきいもグーチーパー(童謡) / 阪田寛夫 作詞 山本直純 作曲やきいも
t2cjp2018年民放連賞番組部門・ラジオの各最優秀賞。▽報道…ラジオ沖縄「私宅監置・沖縄~扉がひらくとき~」▽教養…ABCラジオ「ラジオと童謡と~『サッちゃん』の阪田寛夫が残したもの」▽エンターテインメント…CROSS FM「Le… https://t.co/o9AtxoQafR
daffodiled雨のつぶつぶぶどうにはいれぷるんぷるんちゅるん(阪田寛夫)ここんとこずっと葡萄食べてる https://t.co/85pe4si0WW
sineitai3「ぼく」は主語です「好き」は述語です「だれそれ」は補語ですぼくは だれそれが 好きぼくは だれそれを 好きどの言い方でもかまいませんでもその人の名は言えない阪田寛夫「練習問題」より
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阪田寛夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)