トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 永井龍男

永井龍男

永井龍男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

永井 龍男(ながい たつお、1904年(明治37年)5月20日 - 1990年(平成2年)10月12日)は、日本の小説家、随筆家、編集者、文化勲章受章者。俳名、東門居。
東京市神田区猿楽町(現在の東京都千代田区猿楽町)に、父教治郎 - 母ヱツの、四男一女の末子として生まれた。父親は本所割下水の御家人の次男で、永井家に夫婦養子として入り、印刷所の校正係をしていた。兄も欧文植字工、叔父も印刷所勤務と印刷関係者が多い一族。1911年(明治44年)(7歳)、錦華尋常小学校へ入学、1919年(大正8年)(15歳)、一ツ橋高等小学校を卒業。父の病弱のため進学を諦め、米穀取引所仲買店に勤めたが、胸を病み3ヶ月で退職した。同年11月、父没。
1920年(大正9年)(16歳)、文芸誌『サンエス』に投稿した「活版屋の話」が当選。16年年長の選者菊池寛の知遇を得る。1922年帝国劇場の募集脚本に「出産」が当選。1923年(大正12年)、「黒い御飯」が創刊直後の『文藝春秋』誌に掲載。1924年、小林秀雄、石丸重治、河上徹太郎、富永太郎らと同人誌『山繭』を刊行する。
1927年(昭和2年)(23歳)、文藝春秋社に就職を希望し菊池寛社長を訪ね、居合わせた横光利一の口利きにより入社。『手帖』、『創作月刊』、『婦人サロン』の編集につぎつぎに当たった。1932年、『オール讀物』の、次いで『文芸通信』の編集長となった。編集者生活の傍らで創作の発表も続けた。
1934年1月、久保田万太郎夫妻の媒酌により、久米正雄夫人の妹の奧野悦子と結婚。女児2人が生まれた。同年11月、神奈川県鎌倉郡鎌倉町(現在の鎌倉市)に移る。以後転居を度々行ったが鎌倉市で終生居住した。
1935年(31歳)、1月に創設された芥川賞・直木賞の常任理事として3年間両賞の事務を取った。同年3月、母没。1939年、『文藝春秋』誌の編集長、1940年、文藝春秋社の編集局次長となった。
1943年(昭和18年)4月、文藝春秋社取締役。同年11月、満洲国新京市(現在の中国東北部長春市)に単身赴任し、満洲文藝春秋社を設立した。翌年一時帰国し、太平洋戦争末期の混乱のため東京の本社に留まる。1945年3月、文藝春秋社専務取締役となった。
戦後の1945年12月、文藝春秋社に辞表を出し、1946年1月、『新夕刊』を林房雄、小林秀雄らと創刊したが、1947年10月(43歳)、GHQに公職追放され、文筆生活への専念を余儀なくされた。1948年追放解除とともに日比谷出版社取締役社長となり、復活した直木賞を二回同社『文芸読物』で担当するも同社が倒産。以降は雑誌、新聞、週刊誌に、作品を発表した。
1952年(昭和27年)上期から1957(昭和32年)下期まで直木賞選考委員を、1958年(昭和33年)上期から1977年(昭和52年)下期まで芥川賞選考委員を務めた。
1966年(62歳)、『一個 その他』などの文業により日本芸術院賞受賞。1968年、日本芸術院の会員に選任される。1972年、長年の作家活動により第20回菊池寛賞を受賞。
1974年(70歳)、勲二等瑞宝章を受章。1975年には『秋』により第2回川端康成文学賞を受賞した。
1976年(72歳)、村上龍「限りなく透明に近いブルー」への授賞に抗議し選評「老婆心」を提出、芥川賞選考委員辞任を申し出る。日本文学振興会職員に慰留を受け提出選評「老婆心」末尾、菊池寛文章引用部分を削除する。この事件は外に洩れなかった。
1977年(73歳)、池田満寿夫「エーゲ海に捧ぐ」の芥川賞受賞決定に対して、選評で「空虚な痴態」と断じ、前々回での「限りなく」も取り上げ、「前衛的な作品」と述べつつ全否定の見解を述べ委員を退任。
1981年(77歳)、文化勲章受章。翌年にかけ『永井龍男全集』(全12巻)を、講談社より刊行。
1985年(81歳)、開館した鎌倉文学館の初代館長に迎えられる。
1990年(平成2年)10月12日、心筋梗塞により横浜栄労災病院で死去。享年86。戒名は東門居士。東京都港区三田の済海寺の墓域に眠る。

受賞歴

永井龍男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.11.9 【新・仕事の周辺】秋山真志(作家) 文学史に残すべき鎌倉文士

    鎌倉に住んでもうすぐ33年になる。

  • 2012.2.24 芥川賞 新選考委員…現代文学、世代交代を象徴

    芥川賞の選考委員に奥泉光(56)、堀江敏幸(48)の両氏が入り、全選考委員が戦後生まれとなる。現代文学を担う作家の世代交代を象徴する出来事だ。

  • 2009.12.24 作家の読書道 第98回:藤谷治さん

    現在、青春音楽小説『船に乗れ!』が話題となっている作家、藤谷治さん。主人公の津島サトルと同じく音楽教育を受けて育った少年は、どのような本と出合ってきたのか。幅広いジャンルの本と親しみ、大学生の頃にはすでに小説家を志していた青年が、デビューするまでに10数年かかってしまった理由とは。藤谷さんが経営する下北沢の本のセレクトショップ「フィクショネス」にて、たくさんの本に囲まれながらお話をうかがいました。

永井龍男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qmabungaku【連想】『憑かれた人』/『死者の詩』/『地の群れ』/『虚構のクレーン』A.井上光晴B.永井龍男C.芹沢光治良D.辻邦生→A.井上光晴
osake_meigen元来、酒という奴は気の好(よ)い奴だから、素直に呑まれると、決して悪さをしない。(永井龍男)  【名言ナビ】 https://t.co/3msBUfJsbe #名言 #酒 #お酒 #sake #osake #飲酒
bikasebu(スロ)芥川龍之介に弟子入りし、龍門の四天王の一人に数えられた作家で『妹の問題』『無限抱擁』などの作品で知られるのは? A滝井孝作/(スロ)1975年に小説『秋』で第2回川端康成賞を受賞した作家で池田満寿夫の芥川賞決定に対して選考委員を辞任したのは? A永井龍男
116tamura永井龍男「皿皿皿と皿」も絶版だしなあ…。
mathiasholman元来、酒という奴は気の好(よ)い奴だから、素直に呑まれると、決して悪さをしない。(永井龍男)  【名言ナビ】 https://t.co/zDatmzecBr #名言 #酒 #お酒 #sake #osake #飲酒
I_have_Yosiharu俺の文体っておおよそ永井龍男だよな
uricle@kaieda_h 手元の「なやましい国語辞典」によると、1950年には既に用例があったそうな。永井龍男「朝霧」で。でもやっぱり広まってきてるのはそこまで古くないみたい。とたまにはまじめな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
永井龍男さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)