トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦哲郎

三浦哲郎

三浦哲郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦哲郎(みうら てつお、1931年3月16日 - 2010年8月29日)は、日本の小説家、日本芸術院会員。
青森県八戸市三日町の呉服屋「丸三」の三男として生まれる。 青森県立八戸高等学校へ進学し、八戸高校の籠球部時代に「はやぶさの哲」と呼ばれた(当時の遠征の様子を『笹舟日記』に残している)。1949年に高校を卒業して早稲田大学政治経済学部経済学科へ進学したが、1950年に次兄失踪のため、休学して父の郷里の金田一村湯田(現在の二戸市)に帰郷、八戸市立白銀中学校で助教諭として体育と英語を教える。やがて小説を書き始め、1953年に早稲田大学第一文学部フランス文学科へ再入学する。在学中の1955年(昭和30年)新潮同人雑誌賞を受ける。卒業後は作家活動に入り、1961年(昭和36年)『忍ぶ川』で芥川賞を受賞した。前半生の陰鬱さが作風に表れながらも、南部地方らしい男女の情緒の描き出し方に一定の評価を得た。
1963年、NHK連続テレビ小説『繭子ひとり』の原作を書き、1971年に刊行した児童文学『ユタとふしぎな仲間たち』も、NHK少年ドラマシリーズになり、劇団四季によってミュージカル化されて何度も上演されている。1976年『拳銃と十五の短編』で野間文芸賞を受賞し、文壇的地位を確立する。
不幸な女性、故郷青森の風土を背景とした貧しい人々を描き、『おろおろ草紙』では江戸時代の東北の飢饉を描き、『白夜を旅する人々』では、一家に遺伝する病気を描いた。また川端康成文学賞受賞の短編「じねんじょ」「みのむし」を含む「短編集モザイク」シリーズも、こうした素材をリリシズムをもって描く作風で知られる。『少年讃歌』では天正遣欧使節を描いて新境地を開いた。自選全集全13巻がある。
1984年から2003年の年度末まで芥川賞選考委員を務めた。逸話としては綿矢りさの『蹴りたい背中』について、当時の選考委員である石原慎太郎と共に懐疑的な意見を示している。1988年、日本芸術院会員。やまなし文学賞選考委員を務めた。また高校の先輩である松下正寿の母や、同じ青森県出身である太宰治亡き後の晩年の生活を送る井伏鱒二と親交があった。
2010年8月29日、鬱血性心不全のため東京都文京区の病院で死去(満79歳没)。戒名は香玄院文苑哲秀居士である。

三浦哲郎新刊

  • 発売日
    2018年4月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 1970~1999 (講談社文芸文庫)

受賞歴

三浦哲郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.3.21 【ブンコに訊け】芥川賞作品の品切れ残念

    芥川賞は有名だから、受賞作はすべて文庫で読めるかというと、さにあらず。

  • 2013.6.6 八戸で20日「三浦文学と郷土料理味わう会」

    八戸市出身の芥川賞作家・三浦哲郎の魅力を伝える同市の三浦哲郎文学顕彰協議会は20日、「三浦文学と郷土料理・味わう会」を八戸グランドホテルで開催する。

  • 2012.9.10 【書評】『父、断章』 辻原登著

    評・尾崎真理子(本社編集委員) 昭和を生きた日本人 七つの短編のうち五つが、作者の生い立ちと接点を持つ。自伝的と呼ぶには断続的で空白が多く、年譜ともずれがある。にもかかわらず、読み終える頃には「辻原登」という生身の小説家が、紀伊半島の輪郭の中に姿を現す。

三浦哲郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

J8Mu8エンビフライが五本。胃もたれ不可避。どうでもいいけどエンビフライってめっちゃ懐かしくないか?調べたら三浦哲郎著「盆土産」に出てくるやつらしい。中学の頃かな。昔、俺ん中でマイブームだった記憶 https://t.co/nm4cWuXxwL
r_smymチカホ、ブックシェアリング。石坂洋次郎『愛情・少女』新潮文庫鹿島茂『職業別 パリ風俗』白水社ショラム・アレイヘム『屋根裏』早川書房アラン・シリトー『ウィリアム・ポスターズの死』集英社文庫椎名誠選『素敵な活字中毒者』同上三浦哲郎『おふくろの夜回り』文春文庫
co75na【聴き逃し】あやかしラヂオ | 2018年8月14日(火)放送 | NHKラジオ らじる★らじる #radiru https://t.co/vlrsuy5Nnqサイコーでした 不思議なお話はラジオに限ります 1夜目 辻征男に阿刀田高に三浦哲郎とかさすが東雅夫さんですわ
kotoba_wakare有難う、あなた。今夜のことは忘れないわ。 「愛しい女」三浦哲郎
MunehiroOnodera三浦哲郎さんの『白夜を旅する人々』読んでてそんなこと思い出した。
Johannes_rail中学の教科書だったっけか、三浦哲郎の盆土産でエビフライが口の中でほぐれる音を「しゃお」と表現したのはただただ感服するしかなかった、あれは「しゃおっ」だ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三浦哲郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)