トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 町田康

町田康

町田康さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 - )は、日本の小説家、ミュージシャン。旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」である。
大阪府堺市出身。1981年、バンド「INU」のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』で歌手デビュー。同バンド解散後もさまざまな名義で音楽活動を続けるかたわら、俳優としても多数の作品に出演。1996年には処女小説「くっすん大黒」で文壇デビュー、2000年に小説「きれぎれ」で第123回芥川賞受賞。以後は主に作家として活動している。
=
中学時代より友人の影響でロックミュージックに興味を持ち始める。大阪府立今宮高等学校在学中の1977年、セックス・ピストルズに触発され、「腐れおめこ」を結成、町田町蔵 (まちだ まちぞう)と名乗り歌手活動を開始する。1979年に林直人の加入によってバンドはINUへ発展、幾度かのメンバー交代を経て1981年に『メシ喰うな!』でメジャーデビュー。当時町田は19歳であった(バンドの結成年とデビュー年を混同して17歳とする資料は誤り)。INUはパンクというよりもパブリック・イメージ・リミテッドなどのポストパンクを思わせるノイジーで破壊的なサウンドをもって、土俗的かつ脱力的なユーモアのあふれる独特の日本語詞による音楽性を展開したが、デビューから3ヶ月程で解散。
その後本人の中でロック、或いはパンクロックに対する懐疑的な意識のようなものが芽生えたらしく、既存のロックに依存する聴衆に対する挑発と取れるようなライブ活動に終始し、90年代に至るまで音楽性は二転三転した。この時期の町田は、新たにバンドやユニットを作っては解散を繰り返した。知られている主なものに「FUNA」、「人民オリンピックショウ」、「絶望一直線」、「町田町蔵 FROM 至福団」(元INUの北田昌弘、元タコの山崎春美とのユニット)、「愛慾バンド」、「天井天国」、「淫如上人&ミラクルヤング」、「町田町蔵(康)+北澤組」、「町田町蔵バンド」「グローリー(The Glory)」などがある。これらのほとんどは音源製作に至ることなく中絶されている。下記のディスコグラフィを参照。
1997年の『脳内シャッフル革命』以降、長らく活動の重点を執筆に移しており、散発的にライヴを行いながら自身のソロバンドやミラクルヤング名義でインディ流通の作品を発表する程度であったが、2010年に13年ぶりのフルレングス・アルバム『犬とチャーハンのすきま』を発表した。
2016年、バンド「汝、我が民に非ズ(なんじわがたみにあらず)」を結成。東京都内を中心に、月一回以上のライブを行なっている。2018年にファーストアルバム『つらい思いを抱きしめて』、2019年にセカンドアルバム『もはや慈悲なし』、2020年に3枚目のアルバム『汝我が民に非ず』を発表。

受賞歴

町田康関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

町田康関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fujiwarataijiマジで町田康の新しいバンドめちゃくちゃカッコイイから聴いてみてよ。INUより好きよ、オレ。Amazon Musicで汝、我が民に非ズを見る https://t.co/f3E29k0pcF
munnesu町田康の述べていた「最もエロいメディアは官能小説」って、「空腹は最高のスパイス」と同義だな、とふと。
rMkldYxRLHRJ1IL高山市高根上宝奥飛騨温泉郷地区 平湯温泉など奥飛騨温泉郷 出崎 名古屋産業レジャー 名古屋城 長坂健冶 松井綾子 阿部正太郎 武幸四郎 万年山 久我美子 大仁田厚 よい子の味方 町田康 辻田真輝 北國浩二 江尻篤彦 倉持莉々 百万… https://t.co/jl6Puo5Gfp
alpaca_yahoo@sxxyWpnUiVDwo66 ああ、町田康の「くっすん大黒」とか「告白」はすごいですよね。何かよく分からないけど、勢いよく一気に読めた。であれば、もう最上のお褒め言葉です。ありがとうございます。
Nakamura_hamash@sinlife2010 そうなんですよ。今年も橋本治一周忌を記念して、橋本治さんにまつわる講座があり、内田樹さん、橋本麻里さん、町田康さん、矢内佑子さん、中条省平さん等々そうそうたる講師陣の講座に参加するも途中で私はオンラインの… https://t.co/RhSW9Nx9Cn
sukinabunshou両側は草地で天気が良くて車も来なくて。僕と妻は笑いあったんだった。立ちすくんでいる鯖のような模様の猫の顔がおかしくて。自転車に乗って二人で走っていることがとてつもなく愉快で、麻薬がすっかり抜けた妻は、ちょっと青ざめていて、だけどとても美しかった。町田康「夫婦茶碗」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
町田康さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)