トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 町田康

町田康

町田康さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 - )は、日本の小説家、ミュージシャン。旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」である。
大阪府堺市出身。1981年、バンド「INU」のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』で歌手デビュー。同バンド解散後もさまざまな名義で音楽活動を続けるかたわら、俳優としても多数の作品に出演。1996年には処女小説「くっすん大黒」で文壇デビュー、2000年に小説「きれぎれ」で第123回芥川賞受賞。以後は主に作家として活動している。
=
中学時代より友人の影響でロックミュージックに興味を持ち始める。大阪府立今宮高等学校在学中の1977年、セックス・ピストルズに触発され、「腐れおめこ」を結成、町田町蔵 (まちだ まちぞう)と名乗り歌手活動を開始する。1979年に林直人の加入によってバンドはINUへ発展、幾度かのメンバー交代を経て1981年に『メシ喰うな!』でメジャーデビュー。当時町田は19歳であった(バンドの結成年とデビュー年を混同して17歳とする資料は誤り)。INUはパンクというよりもパブリック・イメージ・リミテッドなどのポストパンクを思わせるノイジーで破壊的なサウンドをもって、土俗的かつ脱力的なユーモアのあふれる独特の日本語詞によるパンクロックを展開したが、デビューから3ヶ月程で解散。
その後本人の中でロック、或いはパンクロックに対する懐疑的な意識のようなものが芽生えたらしく、既存のロックに依存する聴衆に対する挑発と取れるようなライブ活動に終始し、90年代に至るまで音楽性は二転三転した。この時期の町田は、新たにバンドやユニットを作っては解散を繰り返した。知られている主なものに「FUNA」、「人民オリンピックショウ」、「絶望一直線」、「町田町蔵 FROM 至福団」(元INUの北田昌弘、元タコの山崎春美とのユニット)、「愛慾バンド」、「天井天国」、「淫如上人&ミラクルヤング」、「町田町蔵(康)+北澤組」、「町田町蔵バンド」「グローリー(The Glory)」などがある。これらのほとんどは音源製作に至ることなく中絶されている。下記のディスコグラフィを参照。
1997年の『脳内シャッフル革命』以降、長らく活動の重点を執筆に移しており、散発的にライヴを行いながら自身のソロバンドやミラクルヤング名義でインディ流通の作品を発表する程度であったが、2010年に13年ぶりのフルレングス・アルバム『犬とチャーハンのすきま』を発表した。

町田康新刊

  • 発売日
    2018年6月6日
  • 書名
    ギケイキ: 千年の流転
  • 発売日
    2018年5月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)
  • 発売日
    2018年4月22日
  • 書名
    文学2018

受賞歴

町田康関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

町田康関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

infoq_jp昨年末に町田康氏の「告白」を買うも、まだ200頁そこらしか読めてへん。河内弁が難しいおま。#infoQ #町田康 #告白
05111529『海の仙人』絲山秋子『離陸』絲山秋子『ふぉん・しいほるとの娘』吉村昭『最後の息子』吉田修一『佐渡の三人』長嶋有『告白』町田康『まんが道』藤子不二雄A『動物のお医者さん』佐々木倫子『のはなし』伊集院光『やかまし村の… https://t.co/Wbz0tfZJzA
Namimagazine町田康著『湖畔の愛』の評者は若松英輔さん!/笑いの涅槃を描き出す新しい宗教文学(波2018年5月号)https://t.co/woon7kJMoa
nanameuekarakon町田康の「告白」他おすすめ小説は?布袋寅泰に殴られた事件とは #町田康 https://t.co/LH0iP5GGj8 https://t.co/OP0qXFH1BU
zepp_de_zekk朝日新聞デジタル @asahi_and_M 6.29(金)、町田康×石井岳龍監督のトーク破怒流決定!!80sカウンター・カルチャーの金字塔、映画『爆裂都市/BURST CITY』の『Zeppでは最初で最後』の大音量上映前にご登壇!https://t.co/dy84JP3vcb
funabasi83p真実の数は0であるというのを谷川俊太郎「鳥羽 1」→大江健三郎『万延元年のフットボール』→町田康『告白』で知れるということを強く主張し続けたい人生。「ほんとうのこと」はどこにもない。真実の数は0である。
anthology_bot【新聞書評】持田叙子・評 『評湖畔の愛』=町田康・著 ~ ことばで人を笑わすって、すごい。すごいなあ、町田康さん。/ゆううつな日だった。急な寒暖差でからだが重かった。百歳まで稼げ、とばかり叫ぶ世の中にも息がつまっていた。/そこへ-… https://t.co/qJKzl69CqY
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
町田康さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)