トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 町田康 > 宿屋めぐり

宿屋めぐり(町田康)

宿屋めぐり(著者:町田康)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:宿屋めぐり
  • 著者:町田 康
  • ページ数:610
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062148617
  • ISBN-13:9784062148610

町田康新刊

  • 発売日
    2018年7月19日
  • 書名
    ギケイキ2 奈落への飛翔
  • 発売日
    2018年6月6日
  • 書名
    ギケイキ: 千年の流転 (河出文庫)
  • 発売日
    2018年5月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

宿屋めぐり関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

町田康のその他受賞歴(候補含む)

宿屋めぐり関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nora136ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』、山本文緒『アカペラ』、デニス・ルヘイン『運命の日』『コーパスへの道』、佐々木譲『警官の血』、イザベル・アジェンデ『精霊たちの家』、トム・ロブ・スミス『チャイルド44』、町田康『宿屋めぐり』、
misokatsuno2224週間かけて町田康の「宿屋めぐり」を読んだら毒にやられたのか疲れちゃってしばらく本を読む気がしない。でも何か読まないとさみしいので久々に大島弓子だ。「いちご物語」は本当に傑作。
Ea5fTあー、ペドロ・コスタ探すの忘れて一直線に僕のオールタイムベストに入るぐらい大好きなペキンパーの『ガルシアの首』借りてしまった...しかも立川のTUTAYAいつの間に旧作270円になってる!高い。あとはBOOK OFFで町田康『宿屋めぐり』買ったりした。散財。
sasara_mosara町田康「宿屋めぐり」、すごく面白かったんだけど何となく自分が芯を捉えた読み方ができてない感じがする。なんかもっと広がりのある作品っぽいんだけど…
SUcKxxx町田康の宿屋めぐりは脳がヒリつく
akira_kuchiishi町田康の「宿屋めぐり」を読み終えた。むちゃくちゃ長いうえに凄惨な内容だった、にも拘らず、町田の文体がやっぱり好きでもう一度読み返したいと思っている自分がいる。
tide410d3あと町田康の「宿屋めぐり」は読んでも読んでもまだあるし人が死ぬしクズがたくさん出てきて面白かった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)