トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 町田康 > 宿屋めぐり

宿屋めぐり(町田康)

宿屋めぐり(著者:町田康)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:宿屋めぐり
  • 著者:町田 康
  • ページ数:610
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062148617
  • ISBN-13:9784062148610

宿屋めぐり関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

町田康のその他受賞歴(候補含む)

宿屋めぐり関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

toshiamizuochiなにかに似てると思ったのだけど、町田康の『宿屋めぐり』だな。突然致死的な暴力が飛び出してくる埃っぽくて非合理で剣呑な世界を、ちょっと間抜けな男が行くコミカルな緊張感。『宿屋めぐり』は長編小説らしい冗長性が魅力だが、本作は映画という視覚的な表現形式ゆえの、説明の少なさに魅力がある。
xxxodarapelddapクッツェーは今月の4日に読み始めて10日に読み終えた、12日からはジョゼサラマーゴの白の闇を読み始めて現在155ページ、会社帰り、土地のブックオフ的古本屋で町田康の宿屋めぐりを購入、110円
TetsujiMizuishi町田康『宿屋めぐり』の表紙が怖すぎる。自力で検索した方がより恐怖を実感できると思うので、ぜひ検索してみてください。
7zcpjfkb96最近、町田康先生の宿屋めぐりを少しずつ読んでるんですけど、ソファーに置きっぱなしにしてると表紙を見た娘が「ほん…」って言って寄ってくる。ちょっと怖がってるのかわいい。あばば
BisforBookclub平野啓一郎『決壊』、鹿島田真希『ゼロの王国』、阿部和重『ピストルズ』、古川日出男『聖家族』、町田康『宿屋めぐり』、舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』――発表当時は同時代の、いまやゼロ年代と呼ばれた時代の掉尾を飾った傑作群の登場人物たちとの対話篇を経て、批評的主題に挑みます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)