トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 町田康 > 告白

告白(町田康)

告白(著者:町田康)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:告白 (中公文庫)
  • 著者:町田 康
  • ページ数:850
  • 出版社:中央公論新社
  • ISBN-10:4122049695
  • ISBN-13:9784122049697

町田康新刊

  • 発売日
    2018年9月4日
  • 書名
    少年の改良 (Kindle Single)
  • 発売日
    2018年7月20日
  • 書名
    ギケイキ2 奈落への飛翔
  • 発売日
    2018年7月19日
  • 書名
    ギケイキ2: 奈落への飛翔

告白関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.5.15 第二十五回 三島由紀夫賞

    第二十五回 三島由紀夫賞

  • 2012.4.24 第25回 三島由紀夫賞候補作品発表

    第二十五回三島由紀夫賞候補は次の六作品に決定しました。本賞の今後の日程は下記の通りです。

  • 2006.2.24 作家の読書道:第52回 町田 康

    作家であり、ミュージシャンであり、俳優でもある町田さん。人間の滑稽さをさらけだし、ユーモアとウィットと悲哀に満ちた独自の文章世界、小説世界で多くの人々を魅了し続け、さまざまな文学賞も受賞。第一線で活躍する町田さんが読んできたものとは、そして読書スタイルとは。谷崎潤一郎賞を受賞した長編小説『告白』についても触れていただきました。

町田康のその他受賞歴(候補含む)

告白関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

koromunana『ギケイキ2』読み終わった。途轍もなく面白かった!!『告白』に次ぐ、町田康さんの代表作になる予感。ものすごい満足感と、続編は、あと何年後~?という脱力感…福山ロスにもSMAPロスにもならなかったが、今、ギケイキロス。
oy6528096『日曜日の人々』は、僕はこれ、まず小説としてとてもおもしろい、と感じた。エンターテイメント性が強い、といった話が『群像』の「創作合評」にも出てきていたが、その通り。いつか、町田康『告白』くらいの大著を書いてもらいたいなあ、と勝手に望んでいる。
tobiyaman町田康『告白』おもしろかった
y_westそして江さんの本で紹介されていた町田康さんの「告白」。河内音頭にも残る河内十人斬りを題材にした作品だが文庫本で850ページという超弩級の分厚さで、買ったはいいものの積んだままになっていたが、思い切って着手。な、なんという疾走感!グ… https://t.co/WEcsmbO9IK
9yfSfq3WCO9lhKmしまった。曲作りするはずが、気付けば愛読書を読んでいた。町田康「告白」めっちゃいいよ~。て何度目だ。
yakumoizuru盆踊りといえば町田康『告白』の末尾を思い出す。「夏の夜。夜の夏。人々が熱狂していた。熱狂の中心に櫓があった。/紅白の布が巻かれた櫓から八方に光と熱とリズムが放射されていた。/人々はその光と熱とリズムを浴び、我を忘れて陶酔していた。(略)リズムにおいて一体化して踊り狂っていた。」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)