トップページ > 公募ではない賞一覧 > 川端康成文学賞 > 2002年−第28回 川端康成文学賞

川端康成文学賞

2002年−第28回 川端康成文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

川端康成文学賞(かわばたやすなりぶんがくしょう)は、作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。2019年3月25日、審査委員長である川端香男里理事長の体調不良と財政の問題から、川端康成文学賞の選考を休止することを発表した。

第28回—2002年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

川端康成文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川端康成文学賞関連つぶやき

donadona958動画配信は今日まで! 延長して欲しいな【鎌倉文学館・川端康成講座他】◆川端康成と美 酒井忠康◆川端康成と「源氏物語」 三田村雅子◆自作を語る『川端康成 魔界の文学』 富岡幸一郎◆川端康成、「映画の青春」 阿部久瑠美◆第… https://t.co/J8e1wj8XyE
yuudora_jp川端康成未公開カラー映像!雪国でノーベル文学賞をとった川端康成が生前CMにでたときの写真!?貴重コマーシャル https://t.co/TtqLXkf8wr @YouTubeより
non_qma_bot【順】昭和の出来事古い順金閣寺が放火で消失(50)→日本が国際連合に加盟(56)→カラーテレビの本放送開始(60)→川端康成にノーベル文学賞(68)→巨人が日本シリーズ9連覇(73)→キャンディーズが解散(78)→フォークランド紛争が勃発(82)
botby12大正末期に登場した、文学技法や表現革命をめざした文学流派は何か。新感覚派新感覚派に属し、『雪国』や『伊豆の踊子』を著したのは誰か。1968年にノーベル文学賞を受賞した。川端康成大衆文学の作家で、『大菩薩峠』を著したのは誰か。中里介山
rairen_bot1:ある作家の名を冠した文学賞 2:1974年に創設 3:「新潮」にて発表 4:第一回受賞者は上林暁 A:川端康成文学賞
bot87750604大城立裕(おおしろ・たつひろ)代表作に第57回芥川賞受賞作の『カクテル・パーティ』や第41回川端康成文学賞受賞作の『レールの向こう』がある作家。沖縄県民として初の芥川賞作家となった。
wiz_rearrange次の人物を、ノーベル文学賞を受賞したときの年齢が若い順に並び替えなさいキップリング→ヘミングウェイ→スタインベック→川端康成
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)