トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川上弘美

川上弘美

川上弘美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。
幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれ、内田百閒の影響を受けた独特のものである。その他の主な作品に『溺レる』、『センセイの鞄』、『真鶴』など。
俳人でもあり、小澤實主宰の『澤』に投句しているほか、長嶋有らとともに句誌『恒信風』で句作活動をしている。
date=2016年10月
東京都に生れる。父親は生物学の研究者。3歳のときに杉並区に移る。5歳から7歳までを父親の赴任先であるアメリカ合衆国で過ごす。公立小学校3年生のときに1学期間を休む病気にかかり、このときに家で児童文学を読み始めたことから読書家になる。5年生のときに雙葉小学校の編入試験を受け入学。雙葉中学校・高等学校を卒業後、お茶の水女子大学理学部生物学科に入学し、SF研究会に所属、のちの漫画家湯田伸子がメンバーにいた。
1980年、大学在学中に山野浩一発行・山田和子編集のニュー・ウェーブSF雑誌『季刊NW-SF』第15号にて、「小川項」名義の短編「累累」を掲載。次号第16号で旧姓「山田弘美」名義の短編「双翅目」を発表、また「女は自ら女を語る」という座談会にも編集者として加わっていた。
1980年に大学を卒業し、NW-SF社で働くが1982年『季刊NW-SF』が第18号で休刊。そのため、同1982年に田園調布雙葉中学校・高等学校で生物の教員となる。1986年までの4年間を勤め、退職。結婚・出産ののち主婦を経て、1994年に「神様」でパソコン通信を利用したASAHIネット主催の第1回パスカル短篇文学新人賞を受賞。この回の選考委員は、井上ひさし、小林恭二、筒井康隆。なお、2009年に離婚している。
次いで1995年に「婆」が第113回芥川龍之介賞候補作品となり、翌1996年に「蛇を踏む」で第115回芥川龍之介賞を受賞。1999年、『神様』で第9回紫式部文学賞、第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞(審査員久世光彦)。2000年、『溺レる』で第11回伊藤整文学賞、第39回女流文学賞を受賞。
2001年に第37回谷崎潤一郎賞を受賞した『センセイの鞄』では、中年女性と初老の男性との淡い恋愛を描きベストセラーとなった。同作品はWOWOWのオリジナルドラマ制作プロジェクト「ドラマW」により、久世光彦監督の演出、小泉今日子・柄本明の共演でテレビドラマ化されている[https://web.archive.org/web/20080913232255/http://www.wowow.co.jp/drama_anime/sensei/]。2007年、『真鶴(まなづる)』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
2013年発表の2012年マン・アジア文学賞(Man Asian Literary Prize)において『センセイの鞄』の英訳(''The Briefcase'')が、ノーベル文学賞受賞者のオルハン・パムクの''Silent House''など4作品と共に最終候補に残ったが、受賞は逃した。
2007年の第137回芥川賞選考会から、選考委員として参加。2015年現在は谷崎潤一郎賞と三島由紀夫賞の選考委員も務めている。
2015年、「水声」で第66回読売文学賞を受賞。2016年、「大きな鳥にさらわれないよう」で第44回泉鏡花文学賞を受賞。
2019年、紫綬褒章受章。

受賞歴

川上弘美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川上弘美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

otomot14受賞後の芥川賞作家の作品だと川上弘美さんの『センセイの鞄』、多和田葉子さんの『献灯使』、小川洋子さんの『ミーナの行進』、堀江敏幸先生の『めぐらし屋』、中村文則さんの『掏摸』ぐらいしか読んでないので、今年は町田康さんの『告白』と奥泉光さんの『雪の階』を読んでみようと思う。
amaotozzz_24え、死ぬほど言いたいのでどさくさに紛れて若い狂児に読んで欲しい本を1つ挙げさせてください…!!私は!川上弘美さんの神様の中の短編の、離さないを読んでほしい!そして全く意味わからんと思ってくれ…でも刑務所の中で思い出してちょっと分かってくれ心奪われた時の弱さとか制御不能さとか!ね!
minipan0botワタクシも恋人の一人や二人、つくればいいのでしょうね」 「二人もいると、大変でしょう」 「二人が、まあ限度でしょうね」(川上弘美『センセイの鞄』)
naotodaa@nemui___zzz いいよね、川上弘美さんあの「お前の言ってること分かるけど、それは違くない?」って文章すごい好き
Halto126gracema08『センセイの鞄』川上弘美ふんわりと柔らかいのに中身がしっかり詰まってる、そんなパウンドケーキのような素敵な文章です
Santa7774③薬指の標本 (小川洋子)標本という生とも死とも分けられない世界を描かれている。不思議な空間が心地よい。④「原因」と「結果」の法則 (ジェームズ・アレン)⑤真鶴(川上弘美) 祭りのシーンが衝撃的。この世なのか、あの世なのか判別できなくなります。⑥始まりの木 夏川草介
usurai_icegreen勢いで3冊目、「大きな鳥にさらわれないよう(川上弘美先生)」。これは前2冊とは毛色が違って、退廃的で美しすぎるSF。短い話がいくつもあって、おとぎ話のアソートみたいなんだけど、読み進めていくと繋がってる系。帯の「あなたたち… https://t.co/rDVRQ80Wrp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川上弘美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)