トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川上弘美

川上弘美

川上弘美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。
幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれ、内田百閒の影響を受けた独特のものである。その他の主な作品に『溺レる』、『センセイの鞄』、『真鶴』など。
俳人でもあり、小澤實主宰の『澤』に投句しているほか、長嶋有らとともに句誌『恒信風』で句作活動をしている。
date=2016年10月
東京都に生れる。5歳から7歳までをアメリカ合衆国で過ごす。小学3年生のときに1学期間を休む病気にかかり、このときに家で児童文学を読み始めたことから読書家になる。雙葉中学校・高等学校を卒業後、お茶の水女子大学理学部生物学科に入学し、SF研究会に所属、のちの漫画家湯田伸子がメンバーにいた。
1980年、大学在学中に山野浩一発行・山田和子編集のニュー・ウェーブSF雑誌『季刊NW-SF』第15号にて、「小川項」名義の短編「累累」を掲載。次号第16号で旧姓「山田弘美」名義の短編「双翅目」を発表、また「女は自ら女を語る」という座談会にも参加し編集者として加わっていた。
1980年に大学を卒業し、NW-SF社で働くが1982年『季刊NW-SF』が第18号で休刊。そのため、同1982年に田園調布雙葉中学校・高等学校で生物の教員となる。1986年までの4年間を勤め、退職。結婚・出産ののち主婦を経て、1994年に「神様」でパソコン通信を利用したASAHIネット主催の第1回パスカル短篇文学新人賞を受賞。この回の選考委員は、井上ひさし、小林恭二、筒井康隆。なお、2009年に離婚している。
次いで1995年に「婆」が第113回芥川龍之介賞候補作品となり、翌1996年に「蛇を踏む」で第115回芥川龍之介賞を受賞。1999年、『神様』で第9回紫式部文学賞、第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞(審査員久世光彦)。2000年、『溺レる』で第11回伊藤整文学賞、第39回女流文学賞を受賞。
2001年に第37回谷崎潤一郎賞を受賞した『センセイの鞄』では、中年女性と初老の男性との淡い恋愛を描きベストセラーとなった。同作品はWOWOWのオリジナルドラマ制作プロジェクト「ドラマW」により、久世光彦監督の演出、小泉今日子・柄本明の共演でテレビドラマ化されている[https://web.archive.org/web/20080913232255/http://www.wowow.co.jp/drama_anime/sensei/]。2007年、『真鶴(まなづる)』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
2013年発表の2012年マン・アジア文学賞(Man Asian Literary Prize)において『センセイの鞄』の英訳(''The Briefcase'')が、ノーベル文学賞受賞者のオルハン・パムクの''Silent House''など4作品と共に最終候補に残ったが、受賞は逃した。
2007年の第137回芥川賞選考会から、選考委員として参加。2015年現在は谷崎潤一郎賞と三島由紀夫賞の選考委員も務めている。
2015年、「水声」で第66回読売文学賞を受賞。2016年、「大きな鳥にさらわれないよう」で第44回泉鏡花文学賞を受賞。
2019年、紫綬褒章受章。

川上弘美新刊

  • 発売日
    2019年11月7日
  • 書名
    このあたりの人たち (文春文庫)
  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬
  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬

受賞歴

川上弘美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川上弘美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nihonnokotonoha久しぶりに渉と会話を交わした、と思った。この父親を、僕はやっぱり嫌いなんだと思った。嫌いでも、まあいいか、とも思った。嫌いであることに、あんまり意味がなくなっている感じだった。[どこから行っても遠い町/川上弘美(2011)/新潮社/56頁]
frascoHtn「好きなものを語れない」という日常の小さなモヤモヤから「川上弘美はもはやマザーコンピューターだ」という大きな飛躍まで――。渡良瀬さんはいつも、きめ細かい言葉の粒で丁寧に語りかけてくれます。■ 渡良瀬ニュータウンの記事一覧
flon_nolf曾祖母イトに会った。十四で夢に仏を見て以来、イトは霊言を口にするようになった。『龍宮』(川上弘美)
akutagawa_syou藪で、蛇を踏んだ。「踏まれたので仕方ありません」と声がして、蛇は女になった。「あなたのお母さんよ」と、部屋で料理を作って待っていた…。芥川賞受賞作『蛇を踏む』川上弘美
sekiseiwordくまは一歩前に出ると、両腕を大きく広げ、その腕を私の肩にまわし、頬をわたしの頬にこすりつけた。くまの匂いがする。反対の頬も同じようにこすりつけると、もう一度腕に力を入れて私の肩を抱いた。思ったよりもくまの体は冷たかった。/川上弘美「神様」
yaso_thomas川上弘美「ざらざら」朗読キャス。場面ごとに区切って進みます。読み切り予定なので未読でも大丈夫。 / 川上弘美「ざらざら」朗読 https://t.co/W1ALqS1743
summeralbumbotビールだ。茹でたての枝豆だ。飛び魚の刺身だ。ほや酢だ。かつおのたたきだ。立山の冷やだ。川上弘美/なんとなくな日々
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川上弘美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)