トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 円城塔

円城塔

円城塔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

円城 塔(えんじょう とう、男性、1972年9月15日 - )は、日本の小説家。本名非公開。ペンネームは、複雑系の研究者である金子邦彦の書いた短編小説「進物史観」に登場する物語生成プログラムの一つ「円城塔李久」に由来する。公式のローマ字表記はEnJoeToh。
北海道札幌市出身。札幌市立啓明中学校、東北大学理学部物理第二学科に入学。大学生時代はSF研究会(現・東北大学SF・推理小説研究会)に所属。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、法学部に伊坂幸太郎、理学部に松崎有理など、後に小説家となる人物が複数在学していた。
1995年に東北大学を卒業、以降は物理学ではなく学際的な領域に専攻を変え、2000年に東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了、博士(学術)の学位を取得した。
北海道大学、京都大学、東京大学で博士研究員として働く。34歳の時、次年度の研究費と給料を得る見込みがなくなり転職を決意。2007年より有限会社シングラムのウェブ・エンジニアとなる。2008年10月に退職し、専業作家となる。
研究の合間を縫って書き溜めていた原稿を指導教官の金子邦彦に見せたところ、金子から小松左京賞か日本ファンタジーノベル大賞に応募するよう勧められた。それをきっかけに、2006年(平成18年)の第7回小松左京賞に応募し、「Self-Reference ENGINE」で最終候補作となるが落選。同作を早川書房に持ち込みしたところ、当時SFマガジン編集長の塩澤快浩に認められ、2007年(平成19年)に刊行されてデビュー。まったく同じ経緯で『虐殺器官』が刊行された伊藤計劃と、この時から親交を結び、のちに共作を行うようになる。
2007年(平成19年)、「パリンプセストあるいは重ね書きされた八つの物語」で第50回群像新人文学賞第二次選考通過。同年「オブ・ザ・ベースボール」で第104回文學界新人賞受賞、同作品で第137回芥川龍之介賞候補となる。2010年(平成22年)、「烏有此譚」で第23回三島由紀夫賞候補、第32回野間文芸新人賞受賞。2011年(平成23年)、「これはペンです」で第145回芥川賞候補。同年、第3回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。2012年(平成24年)、「道化師の蝶」で第146回芥川龍之介賞受賞。東北大学出身の芥川賞作家は、北杜夫以来で2人目。同年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。同年、『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で第31回日本SF大賞特別賞、第44回星雲賞日本長編部門受賞。
2013年、フィリップ・K・ディック賞に『Self-Reference ENGINE』(英語訳:Terry Gallagher)がノミネートされた。日本語からの英訳作品としては2010年の伊藤計劃に続き2人目のノミネートとなる。2014年4月19日、同賞の次点に当たる特別賞に選ばれた。2017年、「文字渦」で第43回川端康成文学賞受賞。

円城塔新刊

  • 発売日
    2017年4月20日
  • 書名
    SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録
  • 発売日
    2017年3月28日
  • 書名
    攻殻機動隊小説アンソロジー
  • 発売日
    2017年2月14日
  • 書名
    現代思想 2017年3月臨時増刊号 総特集◎知のトップランナー50人の美しいセオリー

受賞歴

円城塔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

円城塔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ina_forgetmenotわりとガチな話をすると、ドッツの・ちゃん達に持ってもらいたい本ナンバーワンは個人的には円城塔 「Self-Reference Engine」sci-fi感がドッツにぴったりな感じがしてとても持っていただきたい。なんなら読んでも… https://t.co/WbhEmGQmK2
tomokoonishiとある講座で円城塔先生のお話を聞くことができて「校閲のできない文章を書く」という話は最高だった。とても真似はできないけれど。きっと天才ってああいう人。
fairy_novelあるじ、文學新人賞(https://t.co/QS3VtI03pK)はいかがです? 円城塔さんや吉田修一さんが選考委員です。同人雑誌に発表したもの、他の新人賞に応募したもの、自費出版したものは対象外ですのでご注意を! サイトの「選考委員より」を読むのも楽しいですよ。
yulisea16vol.1、今村夏子「あひる」も素晴らしかったが、個人的に円城塔「バベル・タワー」に強く惹かれた。上下方向を司る一族と水平方向を司る一族の、壮大な語り、そして騙り。vol.2は創刊号よりも好みの話が多く、特集「地図――共作の実験」に魅せられた。美しいイメージとSF、幻想の結晶。
kimura_booksポスドク後、作家になった希有な理系作家さん。 円城塔 https://t.co/Z5b0p3UnSd #books #amazon
US1955言いたいことが言えないという状況は、自分の言葉の中で暮らしていると意識しにくい。国語が制度として定められ、小説の書き方が発明されたものだということはつい忘れられがちである。2017.5.28.朝日新聞 読書面 植民地の腹話術師たち 朝鮮の近代小説を読む 金哲〈著〉評・円城塔
btozbookclub第14回BtoZ読書会は6/24(土)池袋にて。課題本は円城塔「エピローグ」 です:) wikiページから参加表明してください https://t.co/oUAn6I9xKb
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
円城塔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)