トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 円城塔 > 道化師の蝶

道化師の蝶(円城塔)

道化師の蝶(著者:円城塔)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:道化師の蝶
  • 著者:円城 塔
  • ページ数:178
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062175614
  • ISBN-13:9784062175616

円城塔新刊

  • 発売日
    2017年4月20日
  • 書名
    SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録
  • 発売日
    2017年3月28日
  • 書名
    攻殻機動隊小説アンソロジー
  • 発売日
    2017年2月14日
  • 書名
    現代思想 2017年3月臨時増刊号 総特集◎知のトップランナー50人の美しいセオリー

道化師の蝶関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

円城塔のその他受賞歴(候補含む)

道化師の蝶関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

poesy_rain@poesy_rain それと、「リュート」のスークの場面を読んでいて、円城塔「道化師の蝶」のフェスの場面を思い出しました。実はエキゾチックであこがれの場所なので、特に印象深かったのかもしれません。イスラム圏の文化には詳しくないのですが、触れてみるととても面白いのだろうなぁ。
go_abazureやっとやっと「道化師の蝶」読み終えました。読み終えてすぐに一ページ目に戻って読み直さないといけないタイプの本だと思うくらい複雑で言葉のロジックが気持ちいい本です。良い意味で円城塔さんらしい本でした。 https://t.co/LjfBMc8M0l
omelette1975円城塔『道化師の蝶』読了。謎の作家友幸友幸を追う表題作はナボコフのテーマに沿う面もありメタの大安売りで深みが出ちゃってる佳作。併録「松ノ枝の記」は翻訳と人類史を重ね合わせ存在というものを書き切った傑作で好み。両作とも「書く」と「書かれる」の狭間を埋める力業。SFに比べ文体が静謐。
NOBUKO_DUO1998年以降の芥川賞作品で良かったのは(自分にヒットしたのは)平野啓一郎氏『日蝕』、玄侑宗久氏『中陰の花』、円城塔氏『道化師の蝶』の3作品です。三島作品も何作か読んでるし、三島由紀夫が影響を受けた作家の8割が私の好きな作家と被る… https://t.co/9zrRkClLGc
syouraisei441円城塔さん『道化師の蝶』読了しました。世界100カ国の言語で創作を行っていた謎の作家・友幸友幸の作品を追跡していくSF小説。言語を翻訳した時、翻訳者の意識混入により本来の意味は失われる。しかし〈翻訳者の意識〉そのものが、すで… https://t.co/fqa0z54Spj
OogamiMitiru『道化師の蝶:円城塔』読了。正直なんと言って良いやら……この作者の話のなかでは比較的読みやすいとは聞いていたのだけど。最初から最後まで狐につままれたような印象の話だった。再読しないと意味がわからないかもしれない。いや何回か繰り返し読んだところで感想は変わらないか。
rairen_bot1:東京大学大学院出身 2:妻はホラー作家田辺青蛙 3:2011年下半期の芥川賞受賞者 4:「道化師の蝶」「烏有此譚」 A:円城塔 うゆうしたん、たなべせいあ、えんじょうとう
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)