トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 2007年−第137回 芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)

2007年−第137回 芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第137回—2007年

その他の回のデータ(全データ一括表示

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

ke7GRHiosfc@update_keep @yurumazu 例えば英国では王室メンバーもゴシップ記事の対象となり、民間の有名人と同じように有名税を払わされています。日本では菊タブーがあり皇室は比較的に手厚く護られています。芥川賞の受賞レベルにあ… https://t.co/RClAgQTjvu
yhos70【某/川上 弘美】なんというか芥川賞的SF?小説(笑)。最初は多重人格の話かと思ったが、性格どころか性別も年齢も容姿もまったく違う人間に変化して生きていくという話に大いに戸惑い、しかし人間社会の… → https://t.co/7B3iiYCsvY #bookmeter
flo17316昨日の地上波のも芥川賞絡みだったから、めちゃめちゃ楽しみにしてたし、今日のも日本語ラップっていうことで、すごく興味深くて楽しみだったんだよね〜!文学の番組だけど、言葉と音楽の関わりを取り上げてくれるの、うれしい☺️✨
erena_0402@momomomo0301135 あると便利だよね☺️調べてきた〜芥川賞候補になった本なんだ!あ、私も文庫化するまで待つタイプ笑笑でも単行本もジャケ買い?が楽しいし、文庫本に比べて早く読めるからどちらにもそれぞれの良さがあって良いよね…
viceversa575芥川賞を受賞した『推し、燃ゆ』を読みました。感想あとでまとめたいと思います。
momo598792704@nanasanuenue 児童文学になりますが、はやみねかおる先生の名探偵夢水清志郎シリーズや怪盗クイーン、都会のトム&ソーヤがおすすめですね。 ちなみに都会トムは今年、映画化されますね。自分も読むペースは遅いですが、今年は… https://t.co/ZfGIisgxrs
hmhl_tama砂川文治作 『小隊』第164回芥川賞候補作。 元自衛官の新鋭作家が、「戦場」とは何かを描き切った話題の小説。 北海道にロシア軍が上陸し、日本は戦後初の「地上戦」を経験することになった。陸上自衛隊の3尉・安達は、自らの小隊を率い、… https://t.co/msvY24cOB4
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)