トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 1988年−第98回 芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)

1988年−第98回 芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第98回—1988年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.6.27 作家の読書道 第218回:藤野可織さん

    不穏な世界を時に美しい言葉で、時に奇想を炸裂させた設定で描き出す藤野可織さん。2013年には『爪と目』で芥川賞を受賞、最近では女性2人が破滅に向かう世界で活き活きと冒険する『ピエタとトランジ<完全版>』が評判に。この世界観を生み出す背景に、どんな読書遍歴があったのでしょう? 小説だけでなく、影響を受けた漫画や好きな映画や俳優についてもたっぷり教えてくださいました。

  • 2020.6.16 第163回 芥川賞 直木賞 候補作決まる

    第163回芥川賞と直木賞の候補作が発表されました。それぞれ5人の作品が選ばれ、芥川賞は4人が初めて候補になったほか、直木賞は馳星周さんが7回目の候補となりました。

  • 2020.4.25 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん

    2015年に「十七八より」で群像新人文学賞を受賞して作家デビュー、2018年に『本物の読書家』で野間文芸新人賞を受賞、今年は「最高の任務」で芥川賞にノミネートされ注目度が高まる乗代雄介さん。たくさんの実在の書物の題名や引用、エピソードが読み込まれる作風から、相当な読書家であるとうかがえる乗代さん、はたしてその読書遍歴は?

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

shou_maehuri第30回芥川賞を受賞/ → 「いない」
yuru1998『火花』の芥川賞受賞に対して、(主に普段「純文学」と縁遠い層から)「出来レースだ」という声があるけれど、普通に実力だと思うよ。ああいうこれといった欠点がないニュートラルな小説は獲りやすい。私が選考委員だったとしても推さない(滝口と羽田を推すから)だろうけど受賞にも特に反対しない。
qma_bibun_botエフェ ・1973年に芥川賞を受賞した三木卓の小説 鶸→ひわ
akutagawa_syou「私は、この六月に、オランダ人の若い女性を殺し」…殺人事件の犯人から届いた手紙に導かれ、作家は巴里へ。滞在期間は七日。妄想と現実が綾なす虚構空間に事の次第が浮び上がるも、主人公は依然迷宮を彷徨う。果して出口は見つかるのか。芥川賞受賞作『佐川君からの手紙』唐十郎
anyway_hinomaru瞳の下のなめくじ芥川賞っぽい
wellwellbeing1【小学生・日本の名言】芥川賞・中村文則氏「日本は安倍によって、ポイント・オブ・ノーリターンを超えた」   https://t.co/0GjXnVNjZqはやく安倍を引きずり降ろそう
27_miya_ちょっと話は逸れますが、もし蹴りたい背中のタイトルが「背中蹴りたい」だったら芥川賞獲れなかったと思うのはワイだけではないはず
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)