トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 1980年−第83回 芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)

1980年−第83回 芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第83回—1980年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.3.28 作家の読書道 第216回:青山七恵さん

    大学在学中に書いて応募した『窓の灯』で文藝賞を受賞してデビュー、その2年後には『ひとり日和』で芥川賞を受賞。その後「かけら」で川端康成賞を受賞し、短篇から長篇までさまざまな作品を発表している青山七恵さん。衝撃を受けた作品、好きな作家について丁寧に語ってくださいました。

  • 2020.3.26 【今週はこれを読め! エンタメ編】最高の青春ライバル小説〜安壇美緒『金木犀とメテオラ』

    「もう1作みたい」という言い方を、世間ではわりとよくする気がする。例えば芥川賞・直木賞といった文学賞の選考会で授賞を見送ったときの、「もう1作様子を見てから判断したい」という申し開き的な意味で。あるいはM-1やキングオブコントといった、予選で1本目・決勝で2本目のネタを披露するような大会において。こちらは「(もう1作みたいと思ったので)高い評価をつけた」という場合もあれば、「(もう1本みたかったのに)たいへん惜しい結果だったという場合もある。私も『天龍院亜希子の日記』を読んだときに、「もう1作読みたい!」と強く思ったものだ。「次の作品もおもしろいに違いない」という確信に近い予感によるものだったが、本書を読んで自分の読みに狂いはなかったと大満足である。

  • 2020.1.15 芥川賞に古川さん「背高泡立草」 直木賞に川越さん「熱源」

    第162回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞は古川真人さんの「背高泡立草」、直木賞は川越宗一さんの「熱源」が、それぞれ選ばれました。

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

Koalakoroshi前にダニピさんに又吉って言われたからそれっぽく撮りました☺️芥川賞いけますかね(いけない) https://t.co/XPLa78vHPn
R_L_bot_3作家・吉行淳之介の芥川賞受賞作驟雨(文エフェ)→しゅうう(文タイにも同問題)(その分岐)その妹・吉行理恵の芥川賞受賞作は『○○○○○○』?→ちいさなきふじん(小さな貴婦人)
calilrallyutakiiさんが31ptゲット! 「駅の隣の小さな図書館。新しく綺麗。展示図書は「平成の芥川賞・直木賞」」@世田谷区立代田図書館 https://t.co/xLvww9elDZ #calilrally
Mayanotopgun@kotobukics 又吉が芥川賞取る前のシュールなネタ、好きだったんですけどね。
akutagawa_syouサンフランシスコのアトリエにいる彫刻家を責め立てる、日本の妻からの長い国際電話。彫刻家の前には二人の白人女性が…。卓越したシチュエーションと透明なサスペンスで第七十七回芥川賞に輝いた表題作ほか二篇を含む、衝撃の愛と性の作品集。芥川賞受賞作『エーゲ海に捧ぐ』池田満寿夫
HomegoroshiBotそのような文章を綴ることができるとは、随分博識なのですね!あまりに鮮やかな文才に見惚れてしまいましたよ!芥川賞や直木賞も夢ではありませんね!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)