トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 尾辻克彦

尾辻克彦

尾辻克彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

受賞歴

尾辻克彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

尾辻克彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_goyaku尾辻克彦「肌ざわり」を読んでいる。めちゃくちゃおもしろいですね
bibun_n_botNo.125 (タイ)小説「父が消えた」で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですがその兄で、小説「白球残映」で1995年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?⇒あかせがわ(赤瀬川)
sukinabunshou病気は大根オロシのやりかけを持ったまま、「すぐ焦げるんだから、サンマは」と愚痴のようなことをいっています。尾辻克彦「闇のヘルペス」
akutagawa_syou父の遺骨を納めるべく売り出された墓地を見に行く青年の奇妙な一日をポップ・アート風に描いて注目を浴びた、赤瀬川原平の別名を持つ著者の、初期の秀作五篇を収録した純文学短篇集。 芥川賞受賞作『父が消えた』尾辻克彦
KamiyamaDaisukeあと、東進センター模試の尾辻克彦『シンメトリック』(『肌ざわり』『戦後短篇小説再発見4 漂流する家族』所収)、センター試験本番の井上荒野『キュウリいろいろ』(『キャベツ炒めに捧ぐ』所収)も味のある作品。
sukoyakamuimuiしかし愛のさかあがりから考現学や路上観察面白いんでない?ってなり赤瀬川原平の本集めたり(尾辻克彦まで追いかけた)講演も聞きに行ったり藤森照信の本買ったり…みたいなのが今の旅行趣味・写真の視点に繋がってたり何よりも実際オジギビト描いてお金を貰う人生になったりと何が繋がるか判らんな。
shoichimiyake今日はこれが届いていた。尾辻克彦「優柔不断読本」ひさびさに出勤したけれども東京は遠いこと。毎日3時間費やしている通勤時間。自粛で人生観が変わる人もいそう。 https://t.co/YJnEcTqzly
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
尾辻克彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)