トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 池田満寿夫

池田満寿夫

池田満寿夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

池田 満寿夫(いけだ ますお、1934年〈昭和9年〉2月23日 - 1997年〈平成9年〉3月8日)は、日本の画家・版画家・挿絵画家・彫刻家・陶芸家・作家・映画監督などの従来の芸術の枠にとどまらず多彩に活躍した芸術家。エロスの作家といわれるように、官能的な作風が多い。しかし、多岐にわたる活動や多才さは、かえって“池田芸術”の高い知名度にふさわしい正当な評価を困難にしている。
旧満州国奉天市(現在の瀋陽市)に生まれ。高校在学中に絵画が入選、画家を志し上京するが、東京芸術大学の受験に2度失敗し芸大進学を断念し早稲田大学に入学。芸大入試の希望科のうち、1回は油絵科志望、2回は彫刻科だった。早稲田大学在学中に下宿先の娘と結婚入籍、通学の傍ら酒場で似顔絵を描いて生活費を稼ぐ生活を続けた。19歳の時出品した作品が自由美術家協会展に入選。その後、画家、瑛九の勧めで色彩銅版画の作製に取り組む。この時期、平井蒼太主宰の真珠社から豆本のシリーズを刊行。1957年に東京国際版画ビエンナーレ展に入選。1960年には同展で文部大臣賞を得て脚光を浴びた。
1961年には、上野・不忍画廊で初の個展を開く。1965年には、ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展を開き、話題となる。1966年、32歳のとき、棟方志功に次いで版画家としては最高権威のヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞を受賞。池田の名を国際的にも第一線の芸術家にした。版画のドライポイントでは、パウル・クレーやウィレム・デ・クーニングに加え、雪舟、水墨画の影響も受けていた。東京国際版画ビエンナーレ展などで、外国人審査員が評価したのは池田作品の中に“東洋の影”を見たからである。
後に水彩画や文学方向にも関心が傾く。1977年には『エーゲ海に捧ぐ』で芥川賞を受賞。この『エーゲ海に捧ぐ』は、絵画・歌・小説・映画とマルチな分野で池田自身の手によって現され、非常に話題となった(映画の主演は、のちにイタリアの国会議員にもなったチッチョリーナことシュターッレル・イロナ)。官能的な女性を描かせたら、当代一であったといわれる。制作した版画は1000点余り、陶芸作品は3000点を超えるとみられる。
1980年代以降は、テレビにも盛んに出演、人気クイズ番組日立 世界・ふしぎ発見!の準レギュラーなどで一般大衆への知名度もアップし、文化人としても活躍したが、晩年、陶芸制作に没頭したことはあまり知られていない。1965年に初訪米したときから、米国陶芸界の第一人者であるピーター・ヴォーコスと交流。帰国後の1983年から陶芸にも没頭した。死の3年前に制作した般若心経シリーズの作品は池田の陶芸作品の中で最高傑作といわれる。般若心経という精神世界を平面ではなく、立体的に造形化した。地蔵や佛塔の作品などは、エロスの作家といわれた池田版画のイメージとは全く異なる。池田の陶芸作品はあえて割れるように制作したのが特徴であり、池田本人は“破壊の美学”と述べている。
国際的に精力的な創作活動を展開し、多忙な生活を送っていたが、1997年3月8日、静岡県熱海市の自宅にいたところ地震に遭遇し、愛犬に飛びつかれて昏倒、心不全にて急逝。享年63。4月に、長い期間、担当していた多摩美術大学客員教授から、多摩美術大学教授(専任)への就任が内定しており、後進の指導にも本格的に当たろうとしていた矢先の死だった。
19歳で入籍した女性が離婚に応じなかったため、生涯戸籍上の妻はこの女性のみで、その後に同居した作家富岡多恵子やバイオリニスト佐藤陽子などは内縁の妻だった。ただし、画家であった米国人女性とは国外で正式に入籍している。終生連れ添うことになる佐藤とはおしどり夫婦として知られ、池田の講演と佐藤の演奏をセットにした催しなども行っていた。
主な所蔵作品は、長野市の池田満寿夫美術館、三重県三重郡菰野町のパラミタミュージアム、熱海市の池田満寿夫・佐藤陽子 創作の家と池田満寿夫記念館でそれぞれ常設展示されている。京都市の京都国立近代美術館は佐藤陽子から寄贈された版画作品を所蔵する。広島市現代美術館、長野県立美術館は池田作品のコレクションを所有。

受賞歴

池田満寿夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

池田満寿夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

an_gobun_bot画家や版画家としても活躍した作家で、第77回芥川賞を”エーゲ海に捧ぐ”で受賞したのは誰? 池田満寿夫
muchaholicコレイガイノスベテってオリジナルはもっと大きかったのね。100号とか書いてあったような。兵庫県美で初めて見たときのぶわっとした感じはなかった。あれだけが目の前にある環境で見たい。終盤の版画は和歌山のが多かった。中之島からも結構来ていた。池田満寿夫もっと見たいな。
t9RbDWXsFT3MVBl皆さま今日もお疲れ様でした
kasasu2004@OpYdrGsi1GJ4Hf6 池田満寿夫氏は芸術家としては世界的でも江戸風俗考証は専門外の素人ですし。マスコミ好みの文化人という点では田中優子氏と大差がないです。専門家の知見や研究を素人が否定してみせると何となく見識があるよ… https://t.co/hR3n44PrPp
naganoword_bot能力や才能はそれを認め活用してくれる能力や才能がなければ成り立たない。by池田満寿夫 #nagano
OpYdrGsi1GJ4Hf6@kasasu2004 田中優子氏にまつわる自分の思い出を述べたくて、池田満寿夫氏の講演を引き合いに出したのは変ですか??
bnove716001980年の高田馬場って、まさに自分が大学生の頃で「ぴあ」(当時はエリア内の映画館のタイテを掲載してる唯一の月刊雑誌だった、後に隔金刊→週刊)を片手に東京界隈の名画座に良く行ってた頃。高田馬場は池田満寿夫の「エーゲ海に捧ぐ」を観に行ったかな。早稲田松竹は行ったかなあ?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    池田満寿夫さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)