トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 花村萬月

花村萬月

花村萬月さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

花村 萬月(はなむら まんげつ、本名:吉川 一郎、1955年〈昭和30年〉2月5日 - )は、日本の男性作家。東京都出身。現在、京都府在住。
東京都生まれ。父親は明治の生まれで、母親とは30歳ほど離れていた。生まれて間もなく蒸発した父親が小学校入学後に戻り、旧仮名遣いの本で読書を強制される。父親の方針により小学校を休みがちになったが、様々な学問の基礎を父親から教わる。
問題行動の多い子どもであったため小学校6年のときに児童相談所に送られ、福祉施設の東京サレジオ学園付属小平育英学院サレジオ中学校へ進む。卒業後は都立高校に進学したが、3日目に喧嘩が原因で退学。17歳で京都に移り、ヒモ生活や肉体労働などで食いつなぐ。ギターが弾けたことから、20歳でキャバレー回りのミュージシャンになり、東京・京都・福岡などで活動。
薬物中毒からアル中になり入院。退院後は歌舞伎町で博打三昧をしていたが、金持ちの人妻と知り合い、ともに日本中を旅する。その後、同棲していたクラブホステスの金で北海道旅行に行き、そこで綴った日記が旅行記のコンテストで佳作になったことで、小説家を目指すようになる。
1989年に小説すばる新人賞を受賞しデビュー。1998年には吉川英治文学新人賞、芥川龍之介賞を相次いで受賞する。
2009年、花園大学の客員教授に就任。

受賞歴

花村萬月関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

花村萬月関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou人を殺し、育った修道院兼教護院に舞い戻った青年・朧。修道女を犯し、暴力の衝動に身を任せ、冒涜と倫理のはざまで揺れる日々。目指すは、僕の王国-世紀末の虚無の中、「神の子」は暴走する。芥川賞受賞作『ゲルマニウムの夜』花村萬月
TM78S花村萬月は今の室井佑月をどう思ってんだろ…
hit4boy花村萬月『笑う山崎』非道な限りを尽くす極道を主役に据えた連作短編で、胸が悪くなるような暴力と、情けないほどの純粋な愛が描かれていきます。他者へ暴力が過激さを増すと、家族への愛が溢れ出す理解し難い世界。他の暗黒小説と一線を画しています。https://t.co/a5bFBHI43N
Kohsg23<続き>ミュージック・ブレス・ユー!!/津村記久子ロック・オブ・モーゼス/花村萬月いつものようなミステリ絡みではなくロックに青春を捧げた主人公達の物語になります。過去の10選はコチラから検索できます。コピペして利… https://t.co/6zTKVTFjkV
telephone_ocean花村萬月先生の「ゲルマニウムの夜」読まないと神と出会えない。
sukitobe@gt_umemaru 刑務所で読みました。俺が1番好きな本は花村萬月の「ぢん・ぢん・ぢん」です‼️押忍‼️
7fEnmzLgCOGy5NX花村萬月の小説に出てくるヤク中が「結局は尽きない資金力があればどんな依存も問題なく続けられることができる」って言ってたなあと あとはenablerの話とか好きだな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
花村萬月さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)