トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 花村萬月

花村萬月

花村萬月さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

花村 萬月(はなむら まんげつ、本名:吉川一郎、1955年(昭和30年)2月5日 - )は、日本の男性作家。東京都出身。現在、京都府在住。
東京都生まれ。父親は明治の生まれで、母親とは30歳ほど離れていた。生まれて間もなく蒸発した父親が小学校入学後に戻り、旧仮名遣いの本で読書を強制される。父親の方針により小学校を休みがちになったが、様々な学問の基礎を父親から教わる。
問題行動の多い子どもであったため小学校6年のときに児童相談所に送られ、福祉施設の東京サレジオ学園付属小平育英学院サレジオ中学校へ進む。卒業後は都立高校に進学したが、3日目に喧嘩が原因で退学。17歳で京都に移り、ヒモ生活や肉体労働などで食いつなぐ。ギターが弾けたことから、20歳でキャバレー回りのミュージシャンになり、東京・京都・福岡などで活動。
薬物中毒からアル中になり入院。退院後は歌舞伎町で博打三昧をしていたが、金持ちの人妻と知り合い、ともに日本中を旅する。その後、同棲していたクラブホステスの金で北海道旅行に行き、そこで綴った日記が旅行記のコンテストで佳作になったことで、小説家を目指すようになる。
1989年に小説すばる新人賞を受賞しデビュー。1998年には吉川英治文学新人賞、芥川龍之介賞を相次いで受賞する。
2009年、花園大学の客員教授に就任。

花村萬月新刊

  • 発売日
    2018年3月6日
  • 書名
    弾正星 (小学館文庫)
  • 発売日
    2018年1月31日
  • 書名
    續 太閤私記
  • 発売日
    2018年1月10日
  • 書名
    舎人の部屋 (双葉文庫)

受賞歴

花村萬月関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

花村萬月関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

368hoshi今井とぅーんず懐かしい。花村萬月の小説の挿画がファーストコンタクトだった。
hit4boy花村萬月『皆月』「みんな、月でした。がまんの限界です。さようなら」。 しょぼくれた40男が、新しい自分を発見していく物語です。中年版ビルドゥングスロマンというところでしょうか。自己再生ものの定番ですが、ロードノベルでもあります。https://t.co/BjiKPfPSkS
wa_waa_waaaBCA土の中の子供 2005年(中村 文則)海峡の光 1996年(辻 仁成)ゲルマニウムの夜 1998年(花村 萬月) https://t.co/3So8LLVxB6
tafukerushiya花村萬月『信長私記』読了。あいかわらずの面白さ。歴史に興味がわく、続きも気になる。
getterist朝鮮で、子供にいろはを教え、髪型を日本風に変えさせ、創氏改名を強い、は豊臣秀吉。太閤記は、日本軍国主義の手本だった、と太閤私記の花村萬月さん。
ink_yuma花村萬月の弾正星を読んでる。松永久秀
kagonmasi村上春樹より花村萬月の方が好きだねぇ、だって面白いから
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
花村萬月さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)