トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆

筒井康隆

筒井康隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

筒井 康隆(つつい やすたか、1934年(昭和9年)9月24日 - )は、日本の小説家・劇作家・俳優である。ホリプロ所属。身長166cm。小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。パロディやスラップスティックな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。
戦国時代の武将筒井順慶と同姓であり、その子孫であるとの設定で小説「筒井順慶」を書いている。先祖は筒井順慶家の足軽だったらしい、と筒井は述べている。父は草分け期の日本の動物生態学者で、大阪市立自然史博物館の初代館長筒井嘉隆。息子は画家筒井伸輔。
=
1934年(昭和9年)、父・筒井嘉隆と母・八重の長男として、父方の実家である大阪府大阪市北堀江に出生。生家は住吉区山坂町(現在の東住吉区山坂)。筒井は初期に自筆年譜を書き、船場生まれとしていたが、これは複数の勘違いが重なった事によるもので、その後修正されている。後に弟が3人(正隆、俊隆、之隆)生まれ、男ばかりの兄弟で育つ。1941年(昭和16年)、南田辺国民学校に入学。幼少期から漫画と映画に没頭し、小学生時代は『のらくろ』、エノケンに熱中。自分でも漫画を描いて他の子供に売りつけるなどしていた。また父が蔵書家であったことから読書好きとなり、小学生の頃は江戸川乱歩を愛読した。1944年(昭和19年)、吹田市千里山に学童疎開し、千里第二国民学校に転校。地元の農家の子供から苛烈ないじめを受ける。終戦後の1946年(昭和21年)、息子の成績不振を心配した父の計らいで大阪市立中大江小学校に転校。まもなく実施された知能検査で市内トップのIQ178であることが判明し、終戦後、当時大阪市によって設置されていた特別教室(政府設置の特別科学学級とは異なる)に在籍した。
1947年(昭和22年)、大阪市立東第一中学校(現在は統合で大阪市立東中学校)に入学。この頃から不良少年となり、授業をさぼって映画館に通い詰める。父親の金をくすねたり、父親の蔵書や母親の着物を勝手に持ち出して古書店や質屋に売り映画代を捻出していた。その一方で手塚治虫に熱中し、赤塚不二夫や藤子不二雄などとともに『漫画少年』誌の投稿欄の常連でもあった。1948年(昭和23年)、児童劇団「子熊座」に入団、演劇への興味が芽生える。1950年(昭和25年)、大阪府立春日丘高等学校に入学。演劇部の部長を務めるが学業は不振であった。春日丘高校はもともと女学校であったため女生徒の数が多く、筒井はここで女生徒からいじめを受けて女性への恐怖心を植え付けられたとしている。また、自宅の蔵書だったアルトゥル・ショーペンハウエルの『随想録』も愛読していたという。この頃マルクス兄弟の映画に傾倒。受験勉強への反発から新潮社版世界文学全集を読破し、サルトルやトーマス・マンの作品に影響を受ける。
1952年(昭和27年)2月、関西芸術アカデミー研究科に研究生として入学。同年4月、同志社大学文学部文化学科心理学専攻(現在は心理学部)に入学し、同志社小劇場に所属する。この頃カフカ、アルツィバーシェフ、ヘミングウェイ等を愛読し影響を受けた。また潜在意識について興味を持ち、吹田市の実家から京都市までの電車での通学時間を利用して、日本教文社版のフロイト全集を読破。その後美学及び芸術学専攻(現在は美学芸術学科)に転じシュルレアリスムに興味を持つ。1954年(昭和29年)、関西芸術アカデミーを卒業して青年劇団「青猫座」に入団。初舞台は飯沢匡の『北京の幽霊』。同年日活のニューフェイスに応募するも、面接のみの二次試験で落選している。しかし「青猫座」での演技は高評価を受け、1955年(昭和30年)、大阪毎日会館で『二十日鼠と人間』主役を演じた際には、「東の仲代達矢、西の筒井康隆」と新聞に報じられた。1957年(昭和32年)、大学を卒業。卒論は「心的自動法を主とするシュール・リアリズムにおける創作心理の精神分析的批判」。
同1957年、『シナリオ新人』創刊号に、「会長夫人萬蔵」を発表する。卒業後、展示装飾などを手がける乃村工藝社に入社し営業部に勤務。サラリーマン劇団「明日」に入団し演劇活動を継続する。

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2018年11月25日
  • 書名
    日本列島七曲り (角川文庫)
  • 発売日
    2018年11月22日
  • 書名
    不良老人の文学論
  • 発売日
    2018年10月25日
  • 書名
    ホンキイ・トンク (角川文庫)

受賞歴

筒井康隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

筒井康隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shinpey1021筒井康隆、不死身な気がしてならない。いつも若々しく、ハツラツとしてらっしゃる
nak_zと、思うも筒井康隆のパクリやな
ikeisyouronbun筒井康隆『小説のゆくえ』の中の“自分のことば”から抜粋 下線部から筆者の言いたいことをつかみ、題名の“自分のことば”の意味も考えた上で論述する。(741字~800字 60分 日本大13)
furoki23暇ならこれ読んでみ!「旅のラゴス」筒井康隆/新潮社
LiteRen_bot筒井康隆『文学部唯野教授』これは文学部教授をやりながら覆面小説家もこなす饒舌男・唯野仁が、大学、文学の権力に揉まれながらドタバタを繰り広げる長編小説だ。ストーリーだけでなく、合間に挟まれる唯野教授の講義も非常に面白い。読み終える頃には前期の1講義を履修した気分も味わえるだろう。
tutuyasuSFとかアイデア系のネタは大体「星新一で見た」「小松左京で見た」「筒井康隆で見た」ってなるからあの御三家ホントとんでもないし、特に星新一なんか1000個ネタ出してるから類似を避けるのキツそう
bunpane_bot1993年10月に作家の筒井康隆が断筆宣言をする原因となった教科書「国語Ⅰ」に収録された短編小説は? → 無人警察
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
筒井康隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)