トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 上田早夕里

上田早夕里

上田早夕里さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上田 早夕里(うえだ さゆり、1964年10月26日 - )は、日本の小説家、SF作家。兵庫県神戸市出身。姫路市在住。神戸海星女子学院大学卒業。宇宙作家クラブ、日本推理作家協会会員。元日本SF作家クラブ会員(2003年 - 2014年前半)。『華竜の宮』や『深紅の碑文』などの《オーシャンクロニクル》シリーズは、特に読者からの支持を集めている。
1995年、第2回パスカル短篇文学新人賞において、桓崎由梨(かんざき ゆり)名義で応募した作品が最終候補作となる。
2002年、名義を上田早夕里に改めて応募した「ゼリーフィッシュ・ガーデン」が第3回小松左京賞で最終候補作となる。2003年、テラフォーミングされた火星を舞台として奇妙な事件に巻き込まれた治安管理担当官の活躍を描いたSFサスペンス小説『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し小説家デビュー。その後はパティシエを主人公に据えた《洋菓子》シリーズなど、SF以外のジャンルも執筆、幅広い活動を行っている。
2010年に発表した『華竜の宮』は、『SFが読みたい! 2011年版』のベストSF2010投票において国内篇第1位となり、2011年には第10回センス・オブ・ジェンダー賞大賞、第32回日本SF大賞を受賞する。

上田早夕里新刊

  • 発売日
    2017年11月21日
  • 書名
    破滅の王

受賞歴

上田早夕里関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

上田早夕里関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kinokuniyanew破滅の王 (上田早夕里) の、紀伊國屋電子書籍版が販売開始されました。https://t.co/iZR7qSotTW
hit4boy上田早夕里『美月の残香』双子の姉妹の悲劇を描いた作品です。ホラーなのか、ミステリなのか、はたまた奇妙な味なのか。読み進めながらもなかなか明らかになりません。複雑な恋愛模様を絡めて、どうなる、どうなると、良い意味でイライラがつのります。https://t.co/KT3f6alemC
Hi88889999昨年、何を思ったか頭も良くないのに宇宙物理を知ろうとした。そして、奇しくも時を同じくして上田早夕里さんの本を数冊読んだ。するとSFが夢物語というより、いつかくるかもしれない現実的な物語になった。結果、哲学の泥沼に嵌りそうになった。もちろん全力で逃げた。
bookandreviewA【今月の話題本レビュー(12-1月)】『破滅の王』上田早夕里(双葉社)~1943年の上海。細菌学を研究する宮本は、上海総領事代理から重要機密文書の精査を依頼されます。暗号名「キング」と呼ばれる新種の細菌に関する文書で、この細菌… https://t.co/UEKh6AvQcu
osmnkihていうか青澄のジジイに憤ってるんですけど多分この憤りは上田早夕里にコントロールされた怒りでありマキ君は人工知性体であることを読者に疑似体験させる構造想定してこの作者書いてやがる、頭がいい、さいこーーー!!!となる(本を壁に投げつける)(投げつけない)
ontaikun【華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)/上田 早夕里】短編で読んでから大分経つけど面白い。SFって「あり得ないほど風呂敷広げちゃったけどあり得るかも知れないと思わせる」ところがミソだと思っている… → https://t.co/ahYpbxhFYp #bookmeter
sizumerutera上田早夕里の小説に、『地球もまた宇宙の一部である』という言葉が出てきて、色々な経験というのは、それを実感するためにあるとあって、腑に落ちる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上田早夕里さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)