トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 上田早夕里

上田早夕里

上田早夕里さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上田 早夕里(うえだ さゆり、1964年10月26日 - )は、日本の小説家、SF作家。兵庫県神戸市出身。姫路市在住。神戸海星女子学院大学卒業。宇宙作家クラブ、日本推理作家協会会員。元日本SF作家クラブ会員(2003年 - 2014年前半)。『華竜の宮』や『深紅の碑文』などの《オーシャンクロニクル》シリーズは、特に読者からの支持を集めている。
1995年、第2回パスカル短篇文学新人賞において、桓崎由梨(かんざき ゆり)名義で応募した作品が最終候補作となる。
2002年、名義を上田早夕里に改めて応募した「ゼリーフィッシュ・ガーデン」が第3回小松左京賞で最終候補作となる。2003年、テラフォーミングされた火星を舞台として奇妙な事件に巻き込まれた治安管理担当官の活躍を描いたSFサスペンス小説『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し小説家デビュー。その後はパティシエを主人公に据えた《洋菓子》シリーズなど、SF以外のジャンルも執筆、幅広い活動を行っている。
2010年に発表した『華竜の宮』は、『SFが読みたい! 2011年版』のベストSF2010投票において国内篇第1位となり、2011年には第10回センス・オブ・ジェンダー賞大賞、第32回日本SF大賞を受賞する。2016年に発表した短編集『夢みる葦笛』では、『SFが読みたい! 2017年版』のベストSF2016投票において、再度、国内篇第1位を獲得。

上田早夕里新刊

  • 発売日
    2018年9月4日
  • 書名
    薫香のカナピウム (文春文庫)

受賞歴

上田早夕里関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

上田早夕里関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy上田早夕里『美月の残香』双子の姉妹の悲劇を描いた作品です。ホラーなのか、ミステリなのか、はたまた奇妙な味なのか。読み進めながらもなかなか明らかになりません。複雑な恋愛模様を絡めて、どうなる、どうなると、良い意味でイライラがつのります。https://t.co/KT3f6alemC
nkhrrrn旅行には上田早夕里の「深紅の碑文」持ってってまだ読み途中なんだけど、スケールの大きさと没入感のせいでずっとあの海洋世界に浸かって浮遊してる気分が続いてんだなあ 小松左京の日本沈没とかシンゴジラと同じ感情でぷかぷか
QMA_SF_bot(ライ並) 2004年に小説『火星ダーク・バラード』で小松左京賞を受賞しデビューしたSF作家は? →上田早夕里
awareview2@Riri_barkies ありがとうございます~! 上田早夕里さん、私の周りでもお好きな方が多いので気になっておりました。「我はロボット」も、そういえばちゃんと読んだことがない気がしますのでいつか読んでみたいです……!(こうして読みたい本が増えていく……)
Riri_barkies@awareview2 「魚船、獣船(上田早夕里)」は短編集なのですが、傑作だと思います。SFです。同作家さんの「華竜の宮」は長編SFなのですが物凄く影響を受けました。「我はロボット」だと定番すぎるかなと思ったので。
roatnekというより積みすぎて埃かぶってる上田早夕里が先だろうと
tub_anそれに関連して、上田早夕里『リリエンタールの末裔』というSF小説は信念と理想、犠牲と葛藤、そして決断という点でちょっとオルガを彷彿とさせる好きな作品。https://t.co/YGYcB410Yb
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上田早夕里さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)