トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 上田早夕里

上田早夕里

上田早夕里さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上田 早夕里(うえだ さゆり、1964年10月26日 - )は、日本の小説家、SF作家。兵庫県神戸市出身。姫路市在住。神戸海星女子学院大学卒業。宇宙作家クラブ、日本推理作家協会会員。元日本SF作家クラブ会員(2003年 - 2014年前半)。『華竜の宮』や『深紅の碑文』などの《オーシャンクロニクル》シリーズは、特に読者からの支持を集めている。
1995年、第2回パスカル短篇文学新人賞において、桓崎由梨(かんざき ゆり)名義で応募した作品が最終候補作となる。
2002年、名義を上田早夕里に改めて応募した「ゼリーフィッシュ・ガーデン」が第3回小松左京賞で最終候補作となる。2003年、テラフォーミングされた火星を舞台として奇妙な事件に巻き込まれた治安管理担当官の活躍を描いたSFサスペンス小説『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し小説家デビュー。その後はパティシエを主人公に据えた《洋菓子》シリーズなど、SF以外のジャンルも執筆、幅広い活動を行っている。
2010年に発表した『華竜の宮』は、『SFが読みたい! 2011年版』のベストSF2010投票において国内篇第1位となり、2011年には第10回センス・オブ・ジェンダー賞大賞、第32回日本SF大賞を受賞する。2016年に発表した短編集『夢みる葦笛』では、『SFが読みたい! 2017年版』のベストSF2016投票において、再度、国内篇第1位を獲得。

上田早夕里新刊

  • 発売日
    2018年9月4日
  • 書名
    薫香のカナピウム (文春文庫)
  • 発売日
    2018年4月27日
  • 書名
    ユリイカ 2018年5月号 特集=アーシュラ・K・ル=グウィンの世界 ―1929-2018―

受賞歴

上田早夕里関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

上田早夕里関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

koukounaries「華竜の宮」上田早夕里 地殻の大変動によって陸地がほぼ水没した世界。海上都市や生物船「魚舟」の上で生活する人類とその裔たち。そこに、再び前回を上回る地殻変動の予測が出され…… 大ディザスター 小説にして海洋冒険小説。続編「深紅の碑文」もあり。 #のんつれ読書会
5xn2o2AxpGSM81J上田早夕里「トラットリア・ラファーノ」読みました。家族経営のレストランで働く主人公が、旧友との再会を通じて将来を模索する話、だったと思う。イタリアンの描写が食欲を…ってこんなコメントしかしてないな(^_^;) #読書
honzuki_jp未知の細菌兵器〝キング〟を巡る世界中の細菌学者や軍人たちの戦いを描く壮大な1冊。 『破滅の王/上田早夕里/双葉社』 https://t.co/h9kWqrVc7L #本が好き
nagasaka_danpi@sleeping_husky そういえば上田早夕里先生の『ゼウスの檻』で手軽に性転換できる、という設定がありました。ところで今書いているという話もおもしろそうなので、執筆がんばってください!
kaorinbee最近本当に小説を読んでないので、まず、8巻まででストップしている黒岩重吾先生の全集を読みたい。あと上田早夕里さんの『華竜の宮』と『深紅の碑文』を再読したい。マーガレット・アトウッドも再読したいし、半村良先生の未読の作品も。 #長期休暇があったら読みたい本
hal__a上田早夕里「華竜の宮」上下巻読了。気候の大変動で大幅に海面が上昇、多くの陸地が失われ人口を減らした地球人類は、様々な技術を失いつつも、地球環境や人類自身の遺伝子に手を加えながら新たな環境に適応して再びゆっくりと人口を増やしはじめていた。しかしそこに新たな災厄の兆しが見えはじめる。
tera_mono『年刊日本SF傑作選2017版 プロジェクト:シャーロック』読んでいる。ひとつめの上田早夕里「ルーシィ、月、星、太陽」でさっそくのけぞる。『華竜の宮』の後日談というか、あの大作が年表の一部に過ぎないことを知る。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上田早夕里さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)