トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 上田早夕里

上田早夕里

上田早夕里さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上田 早夕里(うえだ さゆり、1964年10月26日 - )は、日本の小説家、SF作家。兵庫県神戸市出身。姫路市在住。神戸海星女子学院大学卒業。宇宙作家クラブ、日本推理作家協会会員。元日本SF作家クラブ会員(2003年 - 2014年前半)。『華竜の宮』や『深紅の碑文』などの《オーシャンクロニクル》シリーズは、特に読者からの支持を集めている。
1995年、第2回パスカル短篇文学新人賞において、桓崎由梨(かんざき ゆり)名義で応募した作品が最終候補作となる。
2002年、名義を上田早夕里に改めて応募した「ゼリーフィッシュ・ガーデン」が第3回小松左京賞で最終候補作となる。2003年、テラフォーミングされた火星を舞台として奇妙な事件に巻き込まれた治安管理担当官の活躍を描いたSFサスペンス小説『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し小説家デビュー。その後はパティシエを主人公に据えた《洋菓子》シリーズなど、SF以外のジャンルも執筆、幅広い活動を行っている。
2010年に発表した『華竜の宮』は、『SFが読みたい! 2011年版』のベストSF2010投票において国内篇第1位となり、2011年には第10回センス・オブ・ジェンダー賞大賞、第32回日本SF大賞を受賞する。2016年に発表した短編集『夢みる葦笛』では、『SFが読みたい! 2017年版』のベストSF2016投票において、再度、国内篇第1位を獲得。

上田早夕里新刊

  • 発売日
    2017年11月21日
  • 書名
    破滅の王

受賞歴

上田早夕里関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

上田早夕里関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

junt1966上田早夕里「美月の残香」読了。SFではなかった。こういうのも書くんだなぁ。
sanshirou1987上田早夕里の『リリエンタールの末裔』って小説が自信を持ってお勧めできるレベルの面白さなんだけど、人類が生き残るための進化の話で、ナウシカに通ずるものがある。久々に思い出した。
bg_nagino上田早夕里「破滅の王」めっちゃ熱かった。科学と正義、そして戦争。科学の進歩が危険と表裏一体であると知ってなお、研究を進めることが人類全体の幸福に繋がると信念を抱く科学者たちがめちゃくちゃ格好良く、けれどその信念がいかに脆く、詭弁と… https://t.co/msgWssyzKT
taptap53052845上田早夕里の短篇集『夢みる葦笛』を読み始める。2016年の国内SFで1位となった本だ。まずは表題作の「夢みる葦笛」と「眼神」。抑制された無駄のない文章、統一されたトーンと、短篇の教科書を思わせる。
xt06e数年ぶりにキメた上田早夕里、最高だ…SFとても好き( ˶´⚰︎`˵ )
atoreides…現代日本人がそのアニミスティックな心象を物語に乗せて表現しようとした時に、これら英米SFの引いたルートって、半端なく巨大な存在と成っているのではないか?と。 椎名誠や上田早夕里の、それぞれ高い水準にある作品を思い出しつつ。
gyuzo_gtrn1. アド・バード 椎名誠2. ハーモニー 伊藤計劃3. 華竜の宮 上田早夕里「太陽の簒奪者」もあげたかったがきっと別のテーマであげる機会があるはず。 #SFなんでもランキング国内終末SF
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上田早夕里さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)