トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 椎名誠

椎名誠

椎名誠さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

椎名 誠(しいな まこと、1944年6月14日 - )は日本の作家、エッセイスト、写真家、映画監督。
1944年、東京都世田谷区三軒茶屋に5人兄弟の三男として生まれる椎名|1996|pp=344-368。父親は公認会計士椎名|1996|pp=344-368。1950年より千葉県印旛郡酒々井町と千葉市幕張に転居椎名|1996|pp=344-368。千葉市立幕張小学校を卒業。
1956年、父が死去椎名|1996|pp=344-368。翌年に千葉市立幕張中学校入学。「父親が死ぬとグレなければならないという奇妙な使命感」から不良を目指し始める椎名|1996|pp=344-368。中学時代は喧嘩に明け暮れる椎名|1996|pp=344-368。1960年、中学校を卒業し千葉市立千葉高等学校に入学椎名|1996|pp=344-368。
1963年、千葉市立千葉高等学校卒業椎名|1996|pp=344-368。同人誌『幕張じゃーなる』創刊椎名|1996|pp=344-368。
1964年、東京写真大学(現・東京工芸大学)に入学椎名|1996|pp=344-368。同人誌『斜めの世界』創刊椎名|1996|pp=344-368。
1965年、友人の車に同乗中の事故により重傷を負う椎名|1996|pp=344-368。東京写真大学を中途退学椎名|1996|pp=344-368。代々木の演劇学校に脚本の勉強に通う椎名|1996|pp=344-368。同人誌『フモリスト』創刊椎名|1996|pp=344-368。
1966年、流通業界の専門誌『ストアーズレポート』を刊行しているデパートニューズ社(現・ストアーズ社)に入社。デパート業界を対象とした業界誌『調査月報』の編集を任せられる椎名|1996|pp=344-368。
1968年、渡辺一枝と結婚、東京都小平市に転居椎名|1996|pp=344-368。ガリ版誌『月刊おれの足』創刊椎名|1996|pp=344-368。
1969年、デパートニューズ社より『ストアーズレポート』を創刊椎名|1996|pp=344-368。編集長に就任椎名|1996|pp=344-368。
1974年、8ミリにてドキュメンタリー作品『神島でいかにしてめしを喰ったか…』を製作椎名|1996|pp=344-368。小金井市の8ミリ同好会に参加し、8ミリ映画の製作にのめり込む椎名|1996|pp=344-368椎名|1996|p=231。
1976年、『本の雑誌』創刊号発行椎名|1996|pp=344-368。
1977年、『本の雑誌』5号の巻頭エッセイとして「さらば国分寺書店のオババ」を執筆椎名|1996|pp=344-368。7月、同誌の編集権が目黒考二から椎名に移る椎名|1996|pp=344-368。
1977年ごろ、『本の雑誌』の経費を稼ぐために、「エロ漫画の原作」のアルバイトを目黒と共同で行っていた。椎名がストーリーを考え、目黒が台本化する形式で、月4、5本は書いていたという。
1979年、『さらば国分寺書店のオババ』でエッセイストとしてデビューする椎名|1996|pp=344-368。
1980年、7月に株式会社本の雑誌社を設立。12月、ストアーズ社を退職しフリーになる椎名|1996|pp=344-368。その後は私小説、SF小説、エッセイ、ルポルタージュ、写真集などを多数発表。
1987年、株式会社椎名誠事務所設立椎名|1996|pp=344-368。
1989年、『犬の系譜』で第10回吉川英治文学新人賞受賞椎名|1996|pp=344-368。
1990年、『アド・バード』で第11回日本SF大賞受賞椎名|1996|pp=344-368。映画『ガクの冒険』公開椎名|1996|pp=344-368。
1991年、映画製作会社ホネ・フィルム設立椎名|1996|pp=344-368。
1992年、長良川河口堰反対カヌーデモに参加椎名|1996|pp=344-368。
1993年、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞椎名|1996|pp=344-368。
1993年から2007年まで、「週刊金曜日」編集委員を務めた。
1996年、映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞を受賞椎名|1996|pp=344-368。
1997年、映画「白い馬」でフランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞受賞。
2005年3月、「マガジン9条」発起人となった。
2011年8月、ネット・ミュージアム「椎名誠 旅する文学館」が開館。2014年、「椎名誠 旅する文学館」シリーズとして、10作の著書が電子書籍化。同年、『ぼくは眠れない』 (新潮新書)で35年間の不眠症体験について記す。
2013年~2016年、椎名主宰の雑誌『とつげき!シーナワールド!!』が出版社を変えながら5巻刊行。 2017年から『ずんがずんが―椎名誠自走式マガジン』と改名して「椎名誠 旅する文学館」から刊行開始。

椎名誠新刊

  • 発売日
    2018年9月26日
  • 書名
    本の夢 本のちから
  • 発売日
    2018年9月22日
  • 書名
    地球上の全人類と全アリンコの重さは同じらしい。 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年6月5日
  • 書名
    旅先のオバケ

受賞歴

椎名誠関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.9.28 坊っちゃん文学賞:創設30年 青春文学、椎名さんら語る 松山 /愛媛

    青春文学の登竜門「坊っちゃん文学賞」の創設30年を記念し、賞審査員の椎名誠さん、中沢新一さん、高橋源一郎さんによるトークイベント「親譲りの無鉄砲」が24日、松山市道後公園の市立子規記念博物館で開かれた。昨年12月に審査員の早坂暁さんが死去するなど節目を迎え、3人が明かす賞にまつわる逸話に訪れたファン約500人が耳を傾けた。

  • 2018.5.31 坊っちゃん文学賞:今年度は作品募集せず 9月に審査員トーク

    松山市は、新人作家の登竜門となる「坊っちゃん文学賞」について今年度は作品の募集をしないと発表。審査員の1人である早坂暁さんが昨年12月に死去したことや賞の創設から30年という節目を迎えたことを踏まえ、今年度は一度立ち止まって考える機会にするといい、9月には審査員の椎名誠さん、中沢新一さん、高橋源一郎さんを招いたトークイベントを開催する。

  • 2016.10.19 作家の読書道 第177回:竹宮ゆゆこさん

    『とらドラ!』『ゴールデンタイム』などのライトノベル作品で人気を集め、5月に〈新潮文庫nex〉から刊行された『砕け散るところを見せてあげる』も大変評判となった竹宮ゆゆこさん。無力ながらも懸命に前に進もうとする若者たちの姿を時にコミカルに、時に切なく描き出す作風は、どんな読書体験から生まれたのでしょう。インタビュー中に、突如気づきを得た様子も含めてお届けします。

椎名誠関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

myanma_jpミャンマーのことを知っていますか?そこには忘れられたアジアのほほえみがあった。超俗の不思議風景に初めて出会って旅の作家・椎名誠は、はたと考えたのであった。「宗教と人間」そして「国家とは」 秘密のミャンマー https://t.co/C450TzLXcA
kadokawashoseki『噴煙姉妹』名梁和泉さんの「好書好日」インタビューの写真がかっこよくて何度も見てしまう……https://t.co/JlZmgem6UN内田百閒の『東京日記』、筒井康隆さんや町田康さん、椎名誠さん、宮沢賢治への言及もあって興味… https://t.co/cgL7HTEa34
mahou_bcmm「ニッポンありゃまあお祭り紀行/椎名誠著」読了。日本全国の変わった祭りを「ありゃまあなまつり」と称して、現地に行ってレポートする。どんなに異様な光景でも淡々とした文章で綴られている。10年ほど前の本なので、現在も祭りが続いているか… https://t.co/OnWTFBSJvJ
tanabe_kazuya95不眠歴35年の作家、椎名誠さん「不眠の知識があっての不眠症と、不眠の知識がない不眠症では大きな差があります。」本当にその通りで、昔のアホな僕はすぐに薬に頼った。リスクは依存症を始め健忘症「若者の物忘れ」などもある。僕は知識をつけたのですぐ止めたが、続けて身体を壊す人は大勢いた。
nueda3今月も「本屋さんニュース」作ってしんぶん赤旗日刊紙に折り込みました(*^.^*)椎名誠さんの『本の夢本のちから』がおもしろそうなのでこれから読みま~す。 https://t.co/qjOkzE1ijm
dre55ed1n0pvcと書いて思ったけど、僕の文章はだいぶ椎名誠に影響うけてるな
denshosaleDMM電子書籍 期間限定セール 椎名誠『シベリア追跡』30%pt還元 1026円https://t.co/YV5uWDbzcD
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
椎名誠さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)