トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 椎名誠

椎名誠

椎名誠さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

椎名 誠(しいな まこと、1944年6月14日 - )は日本の作家、エッセイスト、写真家、映画監督。
1944年、東京都世田谷区三軒茶屋に5人兄弟の三男として生まれる。父親は公認会計士。1950年より千葉県印旛郡酒々井町と千葉市幕張に転居。千葉市立幕張小学校を卒業。
1956年、父が死去。翌年に千葉市立幕張中学校入学。「父親が死ぬとグレなければならないという奇妙な使命感」から不良を目指し始める。中学時代は喧嘩に明け暮れる。1960年、中学校を卒業し千葉市立千葉高等学校に入学。
1963年、千葉市立千葉高等学校卒業。同人誌『幕張じゃーなる』創刊。
1964年、東京写真大学(現・東京工芸大学)に入学。同人誌『斜めの世界』創刊。
1965年、友人の車に同乗中の事故により重傷を負う。東京写真大学を中途退学。代々木の演劇学校に脚本の勉強に通う。同人誌『フモリスト』創刊。
1966年、流通業界の専門誌『ストアーズレポート』を刊行しているデパートニューズ社(現・ストアーズ社)。
1968年、渡辺一枝と結婚、東京都小平市に転居。ガリ版誌『月刊おれの足』創刊。
1969年、デパートニューズ社より『ストアーズレポート』を創刊。編集長に就任。
1974年、8ミリにてドキュメンタリー作品『神島でいかにしてめしを喰ったか…』を製作。小金井市の8ミリ同好会に参加し、8ミリ映画の製作にのめり込む。
1976年、『本の雑誌』創刊号発行。
1977年、『本の雑誌』5号の巻頭エッセイとして「さらば国分寺書店のオババ」を執筆。7月、同誌の編集権が目黒考二から椎名に移る。
1977年ごろ、『本の雑誌』の経費を稼ぐために、「エロ漫画の原作」のアルバイトを目黒と共同で行っていた。椎名がストーリーを考え、目黒が台本化する形式で、月4、5本は書いていたという。
1979年、『さらば国分寺書店のオババ』でエッセイストとしてデビューする。
1980年、7月に株式会社本の雑誌社を設立。12月、ストアーズ社を退職しフリーになる。その後は私小説、SF小説、エッセイ、ルポルタージュ、写真集などを多数発表。
1987年、株式会社椎名誠事務所設立。
1989年、『犬の系譜』で第10回吉川英治文学新人賞受賞。
1990年、『アド・バード』で第11回日本SF大賞受賞。映画『ガクの冒険』公開。
1991年、映画製作会社ホネ・フィルム設立。
1992年、長良川河口堰反対カヌーデモに参加。
1993年、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。
1993年から2007年まで、「週刊金曜日」編集委員を務めた。
1996年、映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞を受賞。
1997年、映画「白い馬」でフランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞受賞。
2005年3月、「マガジン9条」発起人となった。
2011年8月、ネット・ミュージアム「椎名誠 旅する文学館」が開館。2014年、「椎名誠 旅する文学館」シリーズとして、10作の著書が電子書籍化。同年、『ぼくは眠れない』 (新潮新書)で35年間の不眠症体験について記す。
2013年~2016年、椎名主宰の雑誌『とつげき!シーナワールド!!』が出版社を変えながら5巻刊行。 2017年から『ずんがずんが―椎名誠自走式マガジン』と改名して「椎名誠 旅する文学館」から刊行開始。

椎名誠新刊

  • 発売日
    2018年1月19日
  • 書名
    単細胞にも意地がある ナマコのからえばり (集英社文庫)
  • 発売日
    2017年11月15日
  • 書名
    埠頭三角暗闇市場 (講談社文庫)
  • 発売日
    2017年9月25日
  • 書名
    長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら (角川文庫)

受賞歴

椎名誠関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.10.19 作家の読書道 第177回:竹宮ゆゆこさん

    『とらドラ!』『ゴールデンタイム』などのライトノベル作品で人気を集め、5月に〈新潮文庫nex〉から刊行された『砕け散るところを見せてあげる』も大変評判となった竹宮ゆゆこさん。無力ながらも懸命に前に進もうとする若者たちの姿を時にコミカルに、時に切なく描き出す作風は、どんな読書体験から生まれたのでしょう。インタビュー中に、突如気づきを得た様子も含めてお届けします。

  • 2016.8.24 坊っちゃん文学賞に新部門 短編作品含め募集開始

    青春文学の登竜門として知られる松山市の第15回「坊っちゃん文学賞」で、新たに400字詰め原稿用紙15枚以下の短編小説を対象にした「ショートショート部門」が設けられ、既存の小説部門とともに作品募集が始まった。

  • 2016.8.23 書評:すばらしい黄金の暗闇世界 [著]椎名誠 - 市田隆(本社編集委員)

    ■地下住居、空飛ぶ蛇、食肉ナマズ

椎名誠関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

R_adical窓には椎名誠病の初期症状が出ているので未知の生物と民俗学的文脈を持ってそうなカタカナの学名と漢字表記を同時に登場させがち
tanabe_kazuya95不眠歴35年の作家、椎名誠さん「不眠の知識があっての不眠症と、不眠の知識がない不眠症では大きな差があります。」本当にその通りで、昔のアホな僕はすぐに薬に頼った。リスクは依存症を始め健忘症「若者の物忘れ」などもある。僕は知識をつけたのですぐ止めたが、続けて身体を壊す人は大勢いた。
imm_maximお前、一年前の悩み言える【第17回手帳大賞 名言・格言部門 椎名誠賞より】
orokanahibi_botその日ぼくは千葉県の君津市へ午後二時までに行くことになっていた。かつて千葉市内に住んでいたことがあるのであのあたりには土地カンというものがある。なんのこともなく余裕で家を出た。|椎名誠『おろかな日々』より引用
ganbarefumin不眠歴35年の作家、椎名誠さん「不眠の知識があっての不眠症と、不眠の知識がない不眠症では大きな差があります。」本当にその通りで、昔のアホな僕はすぐに薬に頼った。リスクは依存症を始め健忘症「若者の物忘れ」などもある。僕は知識をつけたのですぐ止めたが、続けて身体を壊す人は大勢いた。
Donatello1934@skd7 英国も馬が遠くになりにけりなんでしょーかねー昔、椎名誠のエッセイとかで読んだ知識なんですが流石に年季入りすぎてて実際のイギリスの生活を知らないと知恵の更新には不向きっぽい…
hedgehog860@Dump29 椎名誠さんのあやしい探険隊シリーズも、気の合う仲間たちとの愉快な旅日記みたいな感じで面白いですよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
椎名誠さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)