トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 馳星周

馳星周

馳星周さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

馳 星周(はせ せいしゅう、1965年2月18日 - )は、日本の小説家。本名坂東 齢人(ばんどう としひと)。ペンネームの馳星周は本人がファンである香港映画のスター周星馳の名前を逆にしたものである。日本推理作家協会、日本冒険作家クラブ会員。
北海道苫小牧東高等学校、横浜市立大学文理学部卒業。大学時代は内藤陳が経営する新宿ゴールデン街のバー深夜プラス1でバーテンのアルバイトをする。
勁文社の官能小説レーベル「グリーンドア文庫」の編集者やフリーのゲームライターを勤めた後、1996年8月、『不夜城』にて一般小説作家としてデビュー。この作品は日中混血の男女二人が新宿歌舞伎町に暗躍する中国人マフィアの抗争に巻き込まれるという内容で、当時のベストセラーであった。第116回の直木賞候補となった。
以後、第120回に『夜光虫』、第122回に『M』、第130回に『生誕祭』、第138回に『約束の地で』、第153回に『アンタッチャブル』で、度々直木賞候補となる。
また、本名の坂東齢人(読み方は「としひと」「れいにん」両方あり)名義で『本の雑誌』等で推理小説・冒険小説を中心に文芸評論家として活動していたことがあった。なお、馳はプロレス評論やゲーム評論も手掛けておりゲーム雑誌で古神陸、佐山アキラ、レーニンの名義で編集者、執筆者としてノベライズを出版している。

馳星周新刊

  • 発売日
    2017年7月25日
  • 書名
    走ろうぜ、マージ (角川文庫)
  • 発売日
    2017年6月8日
  • 書名
    復活祭 (文春文庫)
  • 発売日
    2016年12月15日
  • 書名
    ラフ・アンド・タフ (講談社文庫)

受賞歴

馳星周関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

馳星周関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hitori_nori書店店頭にて馳星周の新刊『暗手』を知る。「原点回帰」とか謳われてるみたいだけれど、そのタイトルからも作者の覚悟が窺い知れる(わかる人にはわかる)。
qma_LS_slo_bot第18回吉川英治文学新人賞を受賞した、作家・馳星周のデビュー作は?→不夜城(58%)
ikegami990▼「本の旅人」「共同通信」に馳星周『暗手』(KADOKAWA)の書評を書きました。『不夜城』『鎮魂歌』に続く第三作『夜光虫』の続篇で(でも単独でも読める)、絶望と悔恨の歌が鳴り響く冒頭からファンは嬉しくなる。馳星周が帰って来たのだ!これこそ馳星周だと誰もが思うだろう。読むべし!
take0328_馳星周「9・11倶楽部」読了。
kounanda_kitami角川書店さんから、馳星周さんの「暗手」が入荷しました。「不夜城」「夜光虫」の衝撃から20年……。馳星周、原点回帰にして最高到達点!過去を消した男が仕向けるサッカー賭博。計画を進める中で出会った女の存在が、熾火のような情熱を男の中に… https://t.co/lDp9MYoQRe
mona21682世の中には二種類の人間しかいない。騙す奴と騙される奴だ不夜城 1998年映画公開 原作は馳星周 主演は金城武、山本未來、椎名桔平
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
馳星周さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)