トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大沢在昌

大沢在昌

大沢在昌さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大沢 在昌(おおさわ ありまさ、本名同じ、1956年3月8日 - )は、ハードボイルド・冒険小説作家、推理作家。
愛知県名古屋市出身。実父は中日新聞記者。
東海高校卒業。慶應義塾大学法学部中退。文化学院創作コース中退。
家には父親の本が大量にあり、小学校に入る前後から児童文学書を多く買ってくれた。その中で『名探偵カッレくん』シリーズや『シャーロック・ホームズ』シリーズなどの推理小説を愛読し、影響を受ける。
小学生5年生から中学校3年までほぼ毎週、親の買い物に同行すると自分は書店に行き、帰りに創元推理文庫やハヤカワポケットミステリから選び買ってもらえるようになる。小学校5年頃から、アガサ・クリスティ、エラリー・クイーンなど本格派ミステリを読む。
中学生で、ウィリアム・P・マッギヴァーン『最悪の時』でハードボイルド小説に開眼する。中学2年でレイモンド・チャンドラーを読み、ハードボイルド小説家になろうと決心する。アメリカン・ハードボイルドを乱読するようになる。
中学2年生の頃に初めてハードボイルト短編120枚の習作『うずき』を執筆し、未発表だが、暴力団に殺された同僚記者の娘を体を張り守る内容に今の原型がある。
中学3年生の時に主な翻訳ミステリを読み切り、生島治郎、河野典生、五木寛之などの日本の作品にも親しむようになる。とくに生島の作品群に心酔、長文の手紙を送ったほどである。その後50枚から80枚の短編後の「佐久間公シリーズ」の元になる同名の高校生が活躍する5篇が含まれている。
萩原朔太郎を目指し室生犀星も好きで、高校入学時に、詩の高校生同人誌「街路」の同人となるが、同年齢の女性の才能にショックを受け、勝てないとやめ、小説を書くことにする。
高校2年の時に学校の仲間を離れ、市立図書館に毎日通い、棚の端から分野を問わず1回3冊を借りて読み翌日返却する乱読を連日繰り返し大量の本を読む。
21歳の時、「オール讀物新人賞」に応募し、5篇の候補に残ったものの落選するが手ごたえをつかむ。
1979年『感傷の街角』で第1回小説推理新人賞を受賞してデビュー。しかし当初は全く売れない作家で、11年間28冊も初版だけで〝永久初版作家〟と呼ばれたほどで、本人もそれを自称して、その状態は1990年まで続くことになる。
1988年発表の『女王陛下のアルバイト探偵』が「このミステリーがすごい!」ランキング15位となる。
1989年に『氷の森』を発表。各評論家から「大沢のブレイクは近いのでは」と囁かれた。
1990年に『悪人海岸探偵局』が初の増刷、〝永久初版作家〟を卒業する。同年『新宿鮫』を発表、刊行直後から大反響を呼び、「このミステリーがすごい!」ランキング第1位に輝き、ベストセラーとなる。同作で第44回日本推理作家協会賞、第12回吉川英治文学新人賞をダブル受賞。
その後は中心線の「新宿鮫シリーズ」を筆頭に数々のハードボイルド・冒険小説を発表。高い評価を得るようになり、流行作家となる。
2006年から2009年5月まで日本推理作家協会理事長を務めた。

大沢在昌新刊

  • 発売日
    2018年6月13日
  • 書名
    刑事の矜持-日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(7) (双葉文庫)
  • 発売日
    2018年6月8日
  • 書名
    極悪専用 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年5月16日
  • 書名
    爆身 (文芸書)

受賞歴

大沢在昌関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大沢在昌関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Tokuma_Bungei【いよいよ明日!】大沢在昌氏の最新刊『爆身』発売を記念して、5/25(金)八重洲ブックセンター本店にて、単独では約3年ぶりとなるサイン会を開催いたします。詳細はこちら→https://t.co/ILc69eEm7Y #大沢在昌
across250@lady_earlgray 初期の大沢在昌先生のライト・ハードボイルドと特撮が好きなので、掛け合わせてそんな雰囲気を目指してみました(*/∀\*)
yaesu_bungei【いよいよ明日5/25!】大沢在昌さんサイン会を18:30より、1階特設会場にて開催します!最新刊『爆身』(徳間書店)が対象書籍です。当日のご参加もOK!ぜひお越しください! https://t.co/ecvfTNQn0d
0107Aa毒猿(どくざる)屍蘭(しかばねらん)無間人形(むげんにんぎょう)灰夜(はいや)氷舞(こおりまい)風化水脈(ふうかすいみゃく)全て大沢在昌先生の『新宿鮫シリーズ』のタイトルなんだけど、短くインパクトがあって尚且つ美しい… https://t.co/WZsZUfLGix
IDEA_JAM_YOU46 #美しいと思える小説のタイトル 「夏への扉」(ロバート・A・ハインライン著)「風化水脈」(大沢在昌著)「最後の医者は桜を見上げて君を想う」(二宮敦人著)
Munekyun_Novels「きたねえ。それ、俺のヨットパーカーじゃないか」 「着るもんがないんだ。借りるぜ」 「洗濯して返してくれよな」 僕は口を尖らせた。 「かわりに煙草一本、見逃してやる」 これだ。まったく親とは思えない発言。【冴木隆・冴木涼介/アルバイト・アイは高くつく/大沢在昌】
raisen_bot2_qmaNo.261 次の大沢在昌の小説「新宿鮫」シリーズのタイトルとシリーズにつけられた番号の正しい組み合わせを選びなさい⇒屍蘭―新宿鮫III、無間人形―新宿鮫IV、炎蛹―新宿鮫V
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大沢在昌さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)