トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松井今朝子

松井今朝子

松井今朝子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松井 今朝子(まつい けさこ、1953年9月28日 - )は、日本の脚本家、演出家、評論家、直木賞作家。
1953年、京都・祇園にある料亭の娘として生まれる。聖母学院中学高等学校卒、早稲田大学文学部演劇学科卒、同大学大学院文学研究科演劇学修士課程修了後、松竹株式会社に入社、歌舞伎の企画・制作に携わる。松竹を退職後フリーとなり、武智鉄二に師事して、歌舞伎の脚色・演出・評論などを手がけるようになる。
1997年、『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。同年に、『仲蔵狂乱』で第8回時代小説大賞受賞。この作品は、2000年に市川團十郎、新之助の出演でTV化された。1999年、『幕末あどれさん』で第20回吉川英治文学新人賞候補。2000年、『仲蔵狂乱』がテレビドラマ化。2001年、『奴の小万と呼ばれた女』で第22回吉川英治文学新人賞候補。2002年、『非道、行ずべからず』で第127回直木三十五賞候補、『一の富』で第23回吉川英治文学新人賞候補。2003年、『似せ者』で第128回直木三十五賞候補。2007年、『吉原手引草』で第137回直木三十五賞受賞。

松井今朝子新刊

  • 発売日
    2019年6月6日
  • 書名
    縁は異なもの 麴町常楽庵 月並の記 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年12月10日
  • 書名
    芙蓉の干城 (集英社文芸単行本)
  • 発売日
    2018年12月5日
  • 書名
    芙蓉の干城 (単行本)

受賞歴

松井今朝子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松井今朝子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

emitemit松井今朝子さんの先日の歌舞伎座興行の感想がかなりシビアで(しかも本人的にはこれでもソフトに書いていると思われる)震えるー
td708こないだぎんえんさんにいただいた松井今朝子の本、とても面白い……!美声を見込まれた少女が浄瑠璃のスターになっていく江戸のアイドル小説。あと解説の人がおそろしく文章の偏差値低いうえに登場人物をぜんぶ"あまちゃん"キャストに当てはめ出したりしててぞくぞくするw
kotorideux@toriko_ ぜひぜひ。釧路に行ったら「ひょうたん」というすごく美味しい炉端焼のお店があります! 実家が京都の料亭という作家・松井今朝子さんも太鼓判を押すお店です。https://t.co/deRasTSbOJ
mamirop歌舞伎座で牡丹灯籠がかかった頃、興味を持った松井今朝子の著書。長らく積ん読していたが、今、読み始めている読み出してすぐに気がづいた寄席や落語に触れるようになって、今朝子さんの言葉に息吹が吹き込まれている。数年前、パラパラと目を通した時とは比較にならない感性は磨かなきゃ
wlb922『吉原手引草』松井今朝子/ 吉原で圧倒的な人気を誇る花魁・葛城。関係者が彼女を語る時に出る「例の騒ぎ」「神隠し」という謎の単語。けれど誰も本当のことは知らない。葛城とは一体どういう女なのか、何を引き起こしたのか。最後の証言者から語られる真実とは。直木賞受賞作。
himatsu_bushi28久しぶりに読みたくなって。 "仲蔵狂乱 (講談社文庫)"(松井今朝子 著)https://t.co/St7uFF6Plh https://t.co/mwKhTtvHEi
amaebooksale吉原手引草 (幻冬舎文庫) (松井 今朝子) が、Kindle月替わりセールで395円引きの199円(69%OFF)になりました。5/31(金)まで。https://t.co/dLIrLvF0rH
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松井今朝子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)