トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松井今朝子

松井今朝子

松井今朝子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松井 今朝子(まつい けさこ、1953年9月28日 - )は、日本の脚本家、演出家、評論家、直木賞作家。
1953年、京都・祇園にある料亭の娘として生まれる。聖母学院中学高等学校卒、早稲田大学第一文学部演劇学科卒、同大学大学院文学研究科演劇学修士課程修了後、松竹株式会社に入社、歌舞伎の企画・制作に携わる。松竹を退職後フリーとなり、武智鉄二に師事して、歌舞伎の脚色・演出・評論などを手がけるようになる。
1997年、『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。同年に、『仲蔵狂乱』で第8回時代小説大賞受賞。この作品は、2000年に市川團十郎、新之助の出演でTV化された。1999年、『幕末あどれさん』で第20回吉川英治文学新人賞候補。2000年、『仲蔵狂乱』がテレビドラマ化。2001年、『奴の小万と呼ばれた女』で第22回吉川英治文学新人賞候補。2002年、『非道、行ずべからず』で第127回直木三十五賞候補、『一の富』で第23回吉川英治文学新人賞候補。2003年、『似せ者』で第128回直木三十五賞候補。2007年、『吉原手引草』で第137回直木三十五賞受賞。2019年、『芙蓉の干城』で第4回渡辺淳一文学賞受賞。

松井今朝子新刊

  • 発売日
    2020年4月24日
  • 書名
    江戸の夢びらき

受賞歴

松井今朝子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松井今朝子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wlb922『吉原手引草』松井今朝子/ 吉原で圧倒的な人気を誇る花魁・葛城。関係者が彼女を語る時に出る「例の騒ぎ」「神隠し」という謎の単語。けれど誰も本当のことは知らない。葛城とは一体どういう女なのか、何を引き起こしたのか。最後の証言者から語られる真実とは。直木賞受賞作。
QMA_Mys_Bot2[並べ替え]人気の花魁が忽然と姿を消した出来事の謎を解く第137回直木賞を受賞した松井今朝子の小説は?[手吉草引原] → 吉原手引草(よしわらてびきぐさ) ※松井今朝子=まついけさこ。
quiliup【吉原手引草 (幻冬舎文庫)/松井 今朝子】直木賞受賞作。花魁の失踪事件を関係者に聞いて回る章立てで、謎解きに合わせて、吉原の内実がとてもよく分かる仕組みになっている。最初は何があったのか読者に… → https://t.co/2LJnzQJaal #bookmeter
a_ranking_news(9/17 9時) Amazon 歴史・時代小説ランキング 7位 松井今朝子著『吉原十二月』https://t.co/0NUTOKQX3O
berudiokki于正が女性の描き方を褒められている。「半沢直樹」は痛快だけど女性観が心配 松井今朝子さん:朝日新聞デジタル https://t.co/pEDn2y2sSt
ayapple01松井今朝子氏による半沢直樹解説#半沢直樹#松井今朝子https://t.co/x9XcCDfndd
matonori面白かった。後半に出てくるはなへの言及が辛辣。さすが松井今朝子先生価値観揺れる時代に勧善懲悪の痛快感 : 『半沢直樹』はなぜウケる? | https://t.co/rCfNIcxERL https://t.co/Ib90gL6PVR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松井今朝子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)