トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深田祐介

深田祐介

深田祐介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:雄輔 1931年7月15日 - 2014年7月14日)は、日本の作家である。1982年に『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞している。
=
東京市で生まれる。曾祖父は江戸城の「奥」に出入りする御用商人で、祖父深田米次郎は日本橋で深田銀行を設立するも不況により愛知銀行 (東海銀行の前身)に吸収され父は、入サ証券を創業して1944年(昭和19年)に丸三証券(前身の「長尾秀一商店」)へ売却している。
暁星高等学校を経て早稲田大学法学部に入学し、在学中より堀辰雄に傾倒して曽野綾子らとともに同人誌『ラマンチャ』に参加している。

受賞歴

深田祐介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

深田祐介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BCRJJ80年代に「三ピン一スケ」と称された、竹村健一、渡部昇一、堺屋太一、深田祐介の4人。ご存命は竹村健一氏だけになってしまった。当年88歳だ。
ayasugi堺屋太一よりも深田祐介読んでた。 https://t.co/vI65sNCqzw
27watari個人的に「三ピン一スケ」に教えられたことは多い。堺屋太一、渡部昇一、竹村健一、深田祐介。当時、この方々の書籍はほとんど読んだ。しかし、読んでるだけでは何も結果は出ない。図らずも……自らの人生で悪い例を実証することに… https://t.co/BayyVkZzdi
kyotoanda深田祐介は色物枠でしょう。堺屋太一と大前研一はキャラ被ってる。
watanabeatushi民主党政権で駐中国大使に就いた丹羽宇一郎氏は、大使に就任する前、作家の深田祐介氏に次のように語ったという。「将来は大中華圏の時代が到来します」「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」「それ(中国の属国になること)が日本が幸… https://t.co/e6jJcCoxvE
gazing_stars183懐かしい本を神保町の古本屋で見付けました。「若き数学者のアメリカ」と深田祐介のツアコンの小説は中学生の頃何度も読んでは海外への憧れを強くしたものでした。 https://t.co/v9XlTG9hYS
twowhiteorchids@taka_paris 関西人が外国暮らしに向いてると深田祐介さんがどこかに書いていたかと(^^)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
深田祐介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)