トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深田祐介

深田祐介

深田祐介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:雄輔 1931年7月15日 - 2014年7月14日)は、日本の作家である。1982年に『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞している。
=
東京市で生まれる。曾祖父は江戸城の「奥」に出入りする御用商人で、祖父深田米次郎は日本橋で深田銀行を設立するも不況により愛知銀行 (東海銀行の前身)に吸収され父は、入サ証券を創業して1944年(昭和19年)に丸三証券(前身の「長尾秀一商店」)へ売却している。
暁星高等学校を経て早稲田大学法学部に入学し、在学中より堀辰雄に傾倒して曽野綾子らとともに同人誌『ラマンチャ』に参加している。

受賞歴

深田祐介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

深田祐介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mtcedar1972@lunaticprophecy 大東亜会議に自分たちも民族代表だとばかりにスカルノが東京へ乗り込んでくるけど、インドネシアを植民地にしておきたい軍部から命を狙われるというハナシを深田祐介が『黎明の世紀』 https://t.co/duG04Ou8yB で書いてた。
TakatsuTadahiro@Minya_J 亡くなった作家の深田祐介さんが、中国大好き爺さん婆さんが中国に行くと、二束三文の掛軸を高値で買わせる話を講演会で聴いたことがあります。30年前ぐらいのことです。その頃からオレオレ詐欺の源流は中国にあると言えます(笑)。
moomin_art78『炎熱商人』(1984)。深田祐介氏の直木賞受賞作をNHKがドラマ化。昭和46年にマニラで実際に起きた商社駐在員の殺害事件を元に書かれた作品で、まだ戦争の記憶が生々しい時期に炎熱の地フィリピンで奮闘した中堅商社マンたちの物語です。… https://t.co/VEsGlUL2b2
Materialismus『黎明の世紀-大東亜会議とその主役たち-』 深田祐介著 文春文庫 読了。汪兆銘、張景恵、バー・モウ、ワンワイタヤコーン、ホセ・ラウレル、チャンドラ・ボース、東條英機の生きざま、大東亜共同宣言の理想と現実には感興を覚える。浜本正勝… https://t.co/9RBwFwK6Wi
morimari_ch今朝のフジテレビで、一人の米人と、竹村健一、作家の深田祐介が話していたが、話していることはとにかく、竹村健一の様子を見ていると、いつものことだがひどくおかしい。相手の人たちはただふつうにしているのに彼だけは大変でかい、横柄な態度で… https://t.co/OYY2B5KYW1
a_ranking_news(5/12) 紀伊國屋書店 電子書籍 小説・文芸ランキング15位:深田祐介『炎熱商人 〈下〉 文春文庫』https://t.co/FeG8yBRszo
miruneko1102#名刺代わりの小説10選還るべき場所 笹本稜平盤上の向日葵 柚月裕子満州国演義 船戸与一孤宿の人 宮部みゆきイベリアシリーズ 逢坂剛空飛ぶタイヤ 池井戸潤すみれ屋敷の罪人 降田天TENGU 柴田哲孝雪山の檻 周… https://t.co/3jC0nq6klI
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
深田祐介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)