トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 道尾秀介

道尾秀介

道尾秀介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

道尾 秀介(みちお しゅうすけ、1975年5月19日阿川佐和子 他|2014|p=142 - )は、日本の小説家・推理作家。兵庫県芦屋市生まれ阿川佐和子 他|2014|p=142、後に千葉県、東京都北区へ引越し阿川佐和子 他|2014|p=142、現在date=2019年1月は茨城県在住。血液型はO型。玉川大学農学部卒業。秀介は本名である。
=
17歳のときに、当時付き合っていた彼女の影響で小説を読み始める阿川佐和子 他|2014|p=143。当時は太宰治と川端康成を好んで読んでいた。19歳のときに作家になろうと思い阿川佐和子 他|2014|p=143、大学1年で小説を書き始める阿川佐和子 他|2014|p=143。
1998年、大学を卒業し住宅機器メーカーに就職する阿川佐和子 他|2014|p=142。1999年、「どうして犬は」が『小説現代』の「ショートショートコンテスト」に入選し掲載される。審査員の阿刀田高は「とてもよいできだ」「内容はたわいないが、技術的にはショートショートの合格ラインをみごとにクリアしている」と評した。2002年、「手首から先」で第9回日本ホラー小説大賞短編賞の最終候補作になる阿川佐和子 他|2014|p=142。この頃、ホームページ「シロウト作家の訴え」を作り「オグロアラダ」「手首から先」などの自作小説を公開していた。

道尾秀介新刊

  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    いけない
  • 発売日
    2019年6月4日
  • 書名
    瞬間探偵 平目木駿 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

受賞歴

道尾秀介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

道尾秀介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

novelmeigen僕だけじゃない。誰だって、自分の物語の中にいるじゃないか。自分だけの物語の中に。その物語はいつだって、何かを隠そうとしてるし、何かを忘れようとしてるじゃないか(向日葵の咲かない夏-道尾秀介)
saigo1bun_bot視界の中いっぱいに、街灯の光が光が広がった。白く、眩しく。その光の懐かしさに、わたしは目を閉じることを忘れた。溢れた涙が、頬を伝った。「光媒の花」道尾秀介
skeletonkey0625ラットマン/道尾秀介 #読了再ツイート。みんな愛する人を守りたかっただけなのに、勘違いや思い込みによってそれぞれの人生が変わってしまう。とても切なくて哀しいお話でした。どんでん返しの連続でずーっと楽しみながら読めました… https://t.co/8OwkC9CwRa
b0satsu【シャドウ (創元推理文庫)/道尾 秀介】を読んだ本に追加 → https://t.co/rxaEueEnrF #bookmeter
Suzumixxx道尾秀介さん月と蟹の方だ。歌舞伎町住んでた頃、男運の良いデリ嬢がテレビ出てた道尾氏を「育ちの良いヤリチン顔」と評してた。ちなみに彼女は福沢諭吉を「風俗嬢に説教しがちな顔」、姜尚中を「3回目で変態度が増す顔」、落合陽一を「ホテル行くか行かないかの判断を女に丸投げする顔」て評してた。
mih0xxxxk道尾秀介さん大好きすぎてオススメするの大変。
marinemarumaru例えばだが、受験現代文の問題文として、道尾秀介の『向日葵の咲かない夏』は、あまり採用されないと思うけど、国語教育であるならば採用される…かもしれない!?という違いというか…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
道尾秀介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)