トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本格ミステリ大賞小説部門 > 2007年−第7回 本格ミステリ大賞小説部門

本格ミステリ大賞小説部門

2007年−第7回 本格ミステリ大賞小説部門 の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第7回—2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

本格ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.4.27 作家の読書道 第205回:今村昌弘さん

    2017年に鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』でデビューした今村昌弘さん。意表を突くクローズドサークルの設定が話題となり、年末の各ミステリランキングで1位になり、本格ミステリ大賞も受賞。第2作となる『魔眼の匣の殺人』も期待を裏切らない内容で、今後の活躍が楽しみな新鋭です。でも意外にも、昔からミステリ作家を目指していたわけではなかったのだとか。ではどんな本が好きだったのか、そして作家を目指したきっかけは?

  • 2017.7.15 暗号小説で本格ミステリ大賞 相生出身・竹本健治さん

    暗号ミステリーの大作「涙香(るいこう)迷宮」で第17回本格ミステリ大賞に輝いた兵庫県相生市出身の作家竹本健治さん(62)=佐賀県武雄市。

  • 2016.5.25 本格ミステリ大賞決まる 小説部門は鳥飼否宇さんの『死と砂時計』

    第16回本格ミステリ大賞(本格ミステリ作家クラブ主催)は、小説部門が鳥飼否宇さんの『死と砂時計』(東京創元社)、評論・研究部門は浅木原忍さんの『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド 増補改訂版』(Rhythm Five)に決まった。

本格ミステリ大賞小説部門 関連つぶやき

tadashi_ohtaこれは本当に千街さんの仰るとおりで、今後の反省として心に留めておかなくては、と本格ミステリ大賞を運営する立場の人間として痛感しています。 https://t.co/IQNxq2lvHi
gjentagelsentro今年の本格ミステリ大賞、候補取り消しの理由が発行少部数で会員が審査の為に読めないからって怠慢でしかないでしょう
Katahira_nine>>RT 第二十一回本格ミステリ大賞候補作取り消しこれは悩ましい問題…賞の規定として入手困難作を残すわけにはいかないんだろうけれど、作品の良し悪しではなく版元の地力で受賞可能性が消えるのはかなしい。
_jacksonなるほど発行部数が少なすぎて入手できず、読んだ上での投票ができないからってことなのか / 大賞候補作の取り消しと関係者各位へのお詫び - 本格ミステリ作家クラブ https://t.co/c2imuujdbZ
akiyoshiheyシン・本格ミステリ大賞
mysteryEQ本格ミステリ大賞の候補作取り消しの件、これを機にやり方を見直した方がいいように思う(さすがにこれはあんまりすぎる)。
mooran本格ミステリ大賞候補作取り消しの理由が悲しすぎる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)