トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 朝井リョウ

朝井リョウ

朝井リョウさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

朝井 リョウ(あさい リョウ、男性、1989年5月31日 - )は、日本の小説家。
岐阜県垂井町出身。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部卒業。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビューし、2012年には同作が映画化。同年、『もういちど生まれる』で第147回直木三十五賞候補。2013年、『何者』で第148回直木三十五賞受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少となる。直木賞受賞後第一作『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。2016年、英語圏最大の文芸誌「Granta」日本語版でGranta Best of Young Japanese Novelistsに選出される。

朝井リョウ新刊

  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)
  • 発売日
    2019年6月26日
  • 書名
    何様 (新潮文庫)
  • 発売日
    2019年4月10日
  • 書名
    ままならないから私とあなた (文春文庫 あ 68-3)

受賞歴

朝井リョウ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

朝井リョウ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

y_Novel_bot「だってあんた、自分のツイート大好きだもんね。自分の観察と分析はサイコーに鋭いって思ってるもんね。どうせ、たまに読み返したりしてるんでしょ?あんたにとってあのアカウントはあったかいふとんみたいなもんなんだよ。精神安定剤、手放せるわけないもんね」(何者/朝井リョウ)
khql_chart4D_B【0030】朝井リョウの青春小説『桐島、部活やめるってよ』でタイトルに登場する桐島は何部をやめるでしょう?
kotobanotakara思ったことをそのまま言うことと、ぐっと我慢すること、どっちが大人なんだろう。(桐島、部活やめるってよ / 朝井リョウ)
noiji0707ほんと、形に出来ない私はいつまでも嫌われるのです。それにしても朝井リョウって懐かしいな。読んでたなぁ。RT
madoka0101yuuu@yonaka_10260 是非読んでみてください…!朝井リョウさんの本です。感想など呟いてくれると嬉しいです。そうですね、少しずつ自分を許せるように、人生楽しいと言いきれるように、周りを自分を認めていきたいと思います
_neuaqほんとうにたいせつなことは、ツイッターにもフェイスブックにもメールにも、どこにも書かない。ほんとうに訴えたいことは、そんなところで発信して返信をもらって、それで満足するようなことではない。- 何者 / 朝井リョウ
harunote2016110この本は震災を踏まえての本だけど 私が特に惹かれたのは親友同士の空気感であり そこに繋がるのは朝井リョウの『もういちど生まれる』の「ひーちゃんは線香花火」とか『黒と茶の幻想』の利枝子と憂理の間の空気感かな、とふと思った
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
朝井リョウさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)