トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 朝井リョウ

朝井リョウ

朝井リョウさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

朝井 リョウ(あさい リョウ、男性、1989年5月31日 - )は、日本の小説家。
岐阜県垂井町の出身である。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部を卒業した。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、2012年には同作が映画化された。同年、『もういちど生まれる』で第147回直木三十五賞候補。2013年、『何者』で第148回直木三十五賞受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少となる。直木賞受賞後第一作『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。2016年、英語圏最大の文芸誌「Granta」日本語版でGranta Best of Young Japanese Novelistsに選出される。

朝井リョウ新刊

  • 発売日
    2020年3月5日
  • 書名
    発注いただきました!
  • 発売日
    2019年10月10日
  • 書名
    どうしても生きてる
  • 発売日
    2019年10月10日
  • 書名
    どうしても生きてる (幻冬舎単行本)

受賞歴

朝井リョウ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.2.14 「小説現代」リニューアル復刊 毎号読み切りに

    月刊小説誌「小説現代」(講談社)がリニューアル復刊し、22日に刊行される。休刊した雑誌は事実上廃刊となるケースが多く、約1年半のブランクを経て復刊されるのは珍しい。長編小説の一挙掲載を軸に、短編小説、エッセー、対談、特集企画など、すべての企画を毎号読み切りとする。雑誌の電子化が進む中で「紙の小説誌を読んでもらうために何をすべきかを考えた結果、読者に興味を持った号から手にとってもらえる読み切りスタイルにした」(塩見篤史編集長)という。

  • 2019.12.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】音楽が聴こえてくるような短編集〜恩田陸『祝祭と予感』

    優れた音楽小説であり、さらに直木賞と本屋大賞の両方を受賞した『蜜蜂と遠雷』の愛読者にはたまらないファンブック的な要素も持ち合わせているのが本書。私にとっても『蜜蜂と遠雷』はその年に読んだ本のベストだったので(確か朝井リョウさんも同じ趣旨のことを語ってらして、意を強くしたものです)、『祝祭と予感』は期待を胸に読み始めたのだが、もう涙ものだった。

  • 2019.12.3 【今週はこれを読め! エンタメ編】複雑さを抱えた私たちを描く短編集〜朝井リョウ『どうしても生きてる』

    初期の作品から読んできた作家が飛躍するさまを目の当たりにするのは、読者としても大きな喜びである。いや、飛躍という表現は適切ではないかもしれない。その作家、朝井リョウはずっと高く飛び続けてきた才能の持ち主だったのだから。

朝井リョウ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

keiitikusyon【香取慎吾 草彅剛 稲垣吾郎】インテリゴロウに小説家の朝井リョウが登場いたしました‼️https://t.co/9eCGXoPlnF#香取慎吾#草彅剛#稲垣吾郎#新しい地図#ななにー#新しい別の窓#インテリゴロウ#小説家#朝井リョウ
pigmonman_今無駄に慌ててる人たちにはぜひ朝井リョウ大先生を見習ってほしい普段から大量のトイレットペーパーを蓄えて妙な安心感味わってみ?無敵よ
176megananのJO1側からのP3の記事、内容が素敵だなと思ったら朝井リョウさんだった。アイドルのお話(武道館)を書いてたくらいだからアイドルが好きなのかな。武道館読んでみようかなあ
mkrusntjenrkkananの朝井リョウさんのエッセイに感動
hualong49@troccomaou おはようございます。読了しました。ままならないから私とあなた/朝井リョウ無駄に価値があると考える子と全ての無駄を省こうとする子が親友であるお話でした。みんなままならないことだらけです。だから面白いんですかね…
mustard__jam@anan_mag @bytakumiside 朝井リョウさんのエッセイ、語彙力のないオタクの言いたいこと全て表現してくださいました....ありがとうございます。
fg_w8w朝井リョウさんの「何者」を読み始めてグサグサ刺さりまくってる朝
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
朝井リョウさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)