トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部龍太郎

安部龍太郎

安部龍太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう、1955年6月20日 - )は、日本の小説家。本名 良法。日本文芸家協会会員日外アソシエーツ現代人物情報より。日本ペンクラブ会員朝日新聞人物データベース
福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。学生時代から太宰治、坂口安吾などの作品を読み、作家を志して卒業後上京日外アソシエーツ現代人物情報より。東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。その間に数々の新人賞に応募し、「師直の恋」でデビュー。
1987年、退職し、執筆に専念する読売人物データベース
『週刊新潮』に連載した「日本史 血の年表」(1990年に『血の日本史』として刊行)で注目を集め、「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という逸話ができた。
2004年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞。2013年、『等伯』で第148回直木賞受賞。2016年、『等伯』で第5回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。
著作に、『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』など。
=
血の日本史(1990年11月、新潮社)
黄金海流(1991年12月、新潮社)
彷徨える帝(1994年3月、新潮社)
太閤の城(1994年12月、PHP研究所、文庫題「太閤の城 結城虎之介・残月剣」)
室町花伝(1995年5月、文藝春秋、文庫題「バサラ将軍」)
風の如く水の如く(1996年3月、集英社)
関ヶ原連判状(1996年10月、新潮社)
密室大坂城(1997年1月、講談社)
金沢城嵐の間(1997年8月、文藝春秋)
難風(1998年6月、講談社、文庫題「忠直卿御座船」「佐和山炎上」)
神々に告ぐ(1999年7月、角川書店、文庫題「戦国秘譚 神々に告ぐ」)
海神 孫太郎漂流記(1999年9月、集英社)
開陽丸、北へ 徳川海軍の興亡(1999年12月、朝日新聞社、文庫題「幕末 開陽丸 徳川海軍最後の戦い」)
お吉写真帖 明治維新新技術事始め(2000年7月、文藝春秋、文庫題「お吉写真帖」)
信長燃ゆ(2001年6月、日本経済新聞社)
生きて候(2002年10月、集英社)
薩摩燃ゆ(2004年7月、小学館)
天馬、翔ける(2004年12月、新潮社、文庫題「天馬、翔ける 源義経」)
浄土の帝(2005年7月、角川書店)
天下布武 夢どの与一郎(2006年9月、角川書店)
恋七夜(2007年2月、集英社)
道誉と正成(2009年8月、集英社)
下天を謀る(2009年11月、新潮社)
蒼き信長(2010年1月、毎日新聞社)
葉隠物語(2011年3月、エイチアンドアイ)
レオン氏郷(2012年9月、PHP研究所)
等伯(2012年9月、日本経済新聞出版社)
五峯の鷹(2013年12月、小学館)
冬を待つ城(2014年10月、新潮社)
維新の肖像(2015年4月、潮出版社)
姫神(2015年8月、文藝春秋)
義貞の旗(2015年10月、集英社)

受賞歴

安部龍太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部龍太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

a_ranking_news(4/10) honto 電子書籍ストアランキング > 文庫 > 一般ランキング7位:安部龍太郎『【期間限定価格】家康(六) 小牧・長久手の戦い』https://t.co/fQmnwW2jvj
sumpu_museum4月29日から始まる「御宿至彫刻展」。準備は大詰め。毎日何度も御宿さんと話しています。そこで発見したのは、御宿さんは写真撮影も秀でていること。写真は展覧会で展示される直木賞作家安部龍太郎さんの像。目元や頬の力強さは生き様を表してい… https://t.co/03YoNujrao
bot_miura9【血の日本史/安部龍太郎】弥生時代~明治の事件を描いた小説集だ! 源平時代からは為朝殿や平清盛、義経、実朝様。木曽殿と巴御前の話もあったぞ! 承久の乱は後鳥羽院の妾の一人が時房に取調べられているというていで話が進む。亀菊との女の戦いっぷりが見事だった。オレは名前だけだったけどな。
rabenda0616@YAKESANKANSAN 安部龍太郎氏の本は初めて読んだのですが読みやすかったです。信長秀吉の歴史的背景をおりまぜて等伯のドラマチックな人生を描いていて読み応えありました。苦悩が伝わって来ましたとの事、嬉しい
Mlz6YW6DOXK3w85こうして小説『サーカスの少女』が、完結。同人誌で新人賞に選ばれた。その原稿は長年放置していたが、作家の安部龍太郎さんが興味を示された。それが、4/20に出版される。いわば、長男の担任、榎本政子先生とそのクラスの子供達との合作だ。表紙の絵と挿絵は、村上豊先生が引き受けて下さった。
nono_sansanいつもお世話になっている安部龍太郎先生小説講座、あまりの聞き応えに画面のこちらで幾度も声が出たのですが、どうしても外せない所用のため泣く泣く途中退出……後でアーカイブでしっかり拝見します!! https://t.co/10BL5FjYr4
chiba_tomo子どもたちにご飯食べさせながら、安部龍太郎先生の小説講義を視聴中。生活することと小説を書くことについて。安部先生、デビュー前は役所に勤めて図書館に配属にされていた⁉️インドに行かれたくだりの話、胸熱なのですが……あとでアーカ… https://t.co/FIdmKZhCvU
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    安部龍太郎さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)