トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部龍太郎

安部龍太郎

安部龍太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう、1955年6月20日 - )は、日本の小説家。本名 良法。日本文芸家協会会員日外アソシエーツ現代人物情報より。日本ペンクラブ会員朝日新聞人物データベース
福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。学生時代から太宰治、坂口安吾などの作品を読み、作家を志して卒業後上京日外アソシエーツ現代人物情報より。東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。その間に数々の新人賞に応募し、「師直の恋」でデビュー。
1987年、退職し、執筆に専念する読売人物データベース
『週刊新潮』に連載した「日本史 血の年表」(1990年に『血の日本史』として刊行)で注目を集め、「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説ができた。
2004年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞。2013年、『等伯』で第148回直木賞受賞。2016年、『等伯』で第5回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。
著作に、『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』など。
=
血の日本史(1990年11月、新潮社)
黄金海流(1991年12月、新潮社)
彷徨える帝(1994年3月、新潮社)
太閤の城(1994年12月、PHP研究所、文庫題「太閤の城 結城虎之介・残月剣」)
室町花伝(1995年5月、文藝春秋、文庫題「バサラ将軍」)
風の如く水の如く(1996年3月、集英社)
関ヶ原連判状(1996年10月、新潮社)
密室大坂城(1997年1月、講談社)
金沢城嵐の間(1997年8月、文藝春秋)
難風(1998年6月、講談社、文庫題「忠直卿御座船」「佐和山炎上」)
神々に告ぐ(1999年7月、角川書店、文庫題「戦国秘譚 神々に告ぐ」)
海神 孫太郎漂流記(1999年9月、集英社)
開陽丸、北へ 徳川海軍の興亡(1999年12月、朝日新聞社、文庫題「幕末 開陽丸 徳川海軍最後の戦い」)
お吉写真帖 明治維新新技術事始め(2000年7月、文藝春秋、文庫題「お吉写真帖」)
信長燃ゆ(2001年6月、日本経済新聞社)
生きて候(2002年10月、集英社)
薩摩燃ゆ(2004年7月、小学館)
天馬、翔ける(2004年12月、新潮社、文庫題「天馬、翔ける 源義経」)
浄土の帝(2005年7月、角川書店)
天下布武 夢どの与一郎(2006年9月、角川書店)
恋七夜(2007年2月、集英社)
道誉と正成(2009年8月、集英社)
下天を謀る(2009年11月、新潮社)
蒼き信長(2010年1月、毎日新聞社)
葉隠物語(2011年3月、エイチアンドアイ)
レオン氏郷(2012年9月、PHP研究所)
等伯(2012年9月、日本経済新聞出版社)
五峯の鷹(2013年12月、小学館)
冬を待つ城(2014年10月、新潮社)
維新の肖像(2015年4月、潮出版社)
姫神(2015年8月、文藝春秋)
義貞の旗(2015年10月、集英社)

安部龍太郎新刊

  • 発売日
    2019年1月30日
  • 書名
    信長になれなかった男たち (戦国武将外伝)
  • 発売日
    2018年12月4日
  • 書名
    おんなの城 (文春文庫)

受賞歴

安部龍太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部龍太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nobu811x安部龍太郎さんが関ヶ原の戦いにおける黒田官兵衛の暗躍についてかいた『風の如く水の如く』読了。東軍でも西軍でもない第三勢力の存在を前提にすると、徳川秀忠の遅参とか小早川秀明の日和見あたりも単なるバカではなく、合理的な説明がつく。よくこんなシナリオかいたなーと感心してしまった
hvpQnQfAowEK4y02018年度「能登畠山文化 源流をゆく」調査報告書。収録論考は…安部龍太郎「等伯と幾多郞」、東四柳史明「能登畠山文化の歴史遺産」、拙稿「新たに確認された畠山義綱文書二題」、木越祐馨「戦国七尾をめぐる仏教諸宗派」、桜井憲弘「能登畠… https://t.co/NjkuqPMItE
raisen_bot_qmaNo.680 次の第148回直木賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒国を蹴った男―伊藤潤、空とぶ広報室―有川浩、等伯―安部龍太郎
PHPeb【祝 直木賞受賞】[Kinoppy]『レオン氏郷』(安部龍太郎) https://t.co/Fx97jgYXbi 織田信長にその才を見込まれて娘婿となり、豊臣秀吉には文武に秀でた器量を畏れられた蒲生氏郷の、波乱に満ちた生涯を描いた長編小説。
makikoomokawa私の読書感想文~旅の間に間に【安部龍太郎】「信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変」おもしろい!新解釈の本能寺の変です。https://t.co/Mn2GSgfe8p#本能寺の変#キリシタン#大航海時代
TDYK_CURO「風の如く水の如く」安部龍太郎(集英社)……主人公は本多佐渡だが、真の主役は父上かもしれないな。関ケ原を舞台にした「親子」の話だな。息子の俺でも恥ずかしくなってしまうくらい父上がかっこいいが、残念ながら絶版だ。姉上の存在がなかったことにされているのは御愛嬌だ。
ystkttrabu安部龍太郎著『末世の道者』はお屋形様が・・・うわっ、お屋形様っ!いたっ、痛いです!やめてください!ちょっ・・・[しばらくお待ちください]コホン・・・大変お見苦しいところをお見せしてしまい失礼致しました。えっと・・・良い子の皆様はこの小説を読んでも、絶対に真似してはいけませんよ!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部龍太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)