トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部龍太郎

安部龍太郎

安部龍太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう、1955年6月20日 - )は、日本の小説家。福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。本名 良法。
東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。その間に数々の新人賞に応募し、「師直の恋」でデビュー。『週刊新潮』に連載した「日本史 血の年表」(1990年に『血の日本史』として刊行)で注目を集め、「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説ができた。
著作に、『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』など。2004年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞。2013年、『等伯』で第148回直木賞受賞。
=
血の日本史(1990年11月、新潮社)
黄金海流(1991年12月、新潮社)
彷徨える帝(1994年3月、新潮社)
太閤の城(1994年12月、PHP研究所、文庫題「太閤の城 結城虎之介・残月剣」)
室町花伝(1995年5月、文藝春秋、文庫題「バサラ将軍」)
風の如く水の如く(1996年3月、集英社)
関ヶ原連判状(1996年10月、新潮社)
密室大坂城(1997年1月、講談社)
金沢城嵐の間(1997年8月、文藝春秋)
難風(1998年6月、講談社、文庫題「忠直卿御座船」「佐和山炎上」)
神々に告ぐ(1999年7月、角川書店、文庫題「戦国秘譚 神々に告ぐ」)
海神 孫太郎漂流記(1999年9月、集英社)
開陽丸、北へ 徳川海軍の興亡(1999年12月、朝日新聞社、文庫題「幕末 開陽丸 徳川海軍最後の戦い」)
お吉写真帖 明治維新新技術事始め(2000年7月、文藝春秋、文庫題「お吉写真帖」)
信長燃ゆ(2001年6月、日本経済新聞社)
生きて候(2002年10月、集英社)
薩摩燃ゆ(2004年7月、小学館)
天馬、翔ける(2004年12月、新潮社、文庫題「天馬、翔ける 源義経」)
浄土の帝(2005年7月、角川書店)
天下布武 夢どの与一郎(2006年9月、角川書店)
恋七夜(2007年2月、集英社)
道誉と正成(2009年8月、集英社)
下天を謀る(2009年11月、新潮社)
蒼き信長(2010年1月、毎日新聞社)
葉隠物語(2011年3月、エイチアンドアイ)
レオン氏郷(2012年9月、PHP研究所)
等伯(2012年9月、日本経済新聞出版社)
五峯の鷹(2013年12月、小学館)
冬を待つ城(2014年10月、新潮社)
維新の肖像(2015年4月、潮出版社)
姫神(2015年8月、文藝春秋)
義貞の旗(2015年10月、集英社)

安部龍太郎新刊

  • 発売日
    2017年2月3日
  • 書名
    龍馬の生きざま (実業之日本社文庫)
  • 発売日
    2016年12月22日
  • 書名
    家康 (一)自立篇
  • 発売日
    2016年11月24日
  • 書名
    半島をゆく 第1巻 信長と戦国興亡編

受賞歴

安部龍太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部龍太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

No1Tokyo #大田区役所 の人気情報 - 【著者に訊け】安部龍太郎氏の意欲作『半島をゆく』 https://t.co/87qY4caVV7
raisen_bot_qmaNo.200 次の第148回直木賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒ふくわらい―西加奈子、等伯―安部龍太郎、何者―朝井リョウ
ystkttrabu安部龍太郎著『末世の道者』はお屋形様が・・・うわっ、お屋形様っ!いたっ、痛いです!やめてください!ちょっ・・・[しばらくお待ちください]コホン・・・大変お見苦しいところをお見せしてしまい失礼致しました。えっと・・・良い子の皆様はこの小説を読んでも、絶対に真似してはいけませんよ!
TDYK_CURO「風の如く水の如く」安部龍太郎(集英社)……主人公は本多佐渡だが、真の主役は父上かもしれないな。関ケ原を舞台にした「親子」の話だな。息子の俺でも恥ずかしくなってしまうくらい父上がかっこいいが、残念ながら絶版だ。姉上の存在がなかったことにされているのは御愛嬌だ。
SUMOFAN_2017【著者は語る】作家・安部龍太郎氏「家康(一)自立篇」 - SankeiBiz(サンケイビズ) https://t.co/lZmFpIyY7y
nobatovic008時の流れに身をまかせ、真実を求めない ── この「日本の病根」は、現代にも続いている(作家 安部龍太郎)
corinnaigig価格1円~ 生きて候 上 集英社文庫 安部龍太郎 https://t.co/JtCTVEikcZ https://t.co/IJn5XchXHN
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部龍太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)