トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2013年−第148回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2013年−第148回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第148回—2013年

受賞

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

hayamimicat直木賞作家に聞く“作家にとっての「文学賞」”とは? 『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良さんインタビュー(後編)(New!!) https://t.co/d71Hajzni7
E10GE直木賞作家に聞く“作家にとっての「文学賞」”とは? 『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良さんインタビュー(後編)(New!!) https://t.co/dL0w96HNSR
kakidashitan【演歌の虫*山口洋子】ディレクター室田克也は、私の前に坐っていた。(第93回直木賞受賞)
kbc_iiastsukuba直木賞・本屋大賞を受賞した恩田陸による話題作『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)がCDになりました
taka_olson直木賞と本屋大賞を受賞した「蜜蜂と遠雷」が気になる。あと、「君のすいぞうが食べたい」も。今日買う予定の、かおり姐さんオススメ「プリズンホテル」と一緒に買うかな。
bibun_n_botNo.145 (○×)野坂昭如の直木賞受賞作「アメリカひじき」で「アメリカひじき」とは紅茶の葉のことである⇒○
chii_oboeta_qma【直木賞】林芙美子:最終便に間に合えば山崎豊子:花のれん杉本苑子:孤愁の岸堤千代:小指小山いと子:執行猶予渡邊喜恵子:馬淵川ちぃ覚えた
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)