トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊東潤 > 国を蹴った男

国を蹴った男(伊東潤)

国を蹴った男(著者:伊東潤)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:国を蹴った男
  • 著者:伊東 潤
  • ページ数:306
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062179911
  • ISBN-13:9784062179911

国を蹴った男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.12.25 【回顧2013】エンターテインメント小説

    次代の牽引役が躍進 物語の力まざまざ

  • 2013.5.29 本格歴史小説、次代へ

    本格派の登場が待望されてきた歴史小説でこの春、伊東潤さん(52)が吉川英治文学新人賞、澤田瞳子(さわだとうこ)さん(35)が新田次郎文学賞に決まり、相次いで脚光を浴びた。

  • 2013.4.17 戦国・警察、独自色たっぷり 吉川英治文学新人賞の2氏

    戦国時代が舞台の短編集と、近未来の警察小説。今年の吉川英治文学新人賞には毛色の異なる2作が選ばれた。『国を蹴った男』(講談社)の伊東潤(52)と『機龍警察 暗黒市場』(早川書房)の月村了衛(りょうえ=50)に作品にこめた思いを聞いた。

伊東潤のその他受賞歴(候補含む)

国を蹴った男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot_qmaNo.316 次の第148回直木賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒国を蹴った男―伊東潤、春はそこまで―志村節子、何者―朝井リョウ
tuwamonoNo1アテクシあまり人にオススメしませんが、歴史小説初心者の方で「何かありますか?」って言われたら、短編なら伊東潤さんの『国を蹴った男』長編なら『武田家滅亡』長編だけど文章が少し軽い方が良いなら吉川永青さんの『誉れの赤』。この辺から入っていくと良いかなと。でこれらの共通点は武田家滅亡。
allreviewsjp【本日のピックアップ】「群雄割拠する戦国時代を舞台に、勝者よりもむしろ敗者に焦点を当てて、その生きざまと死にざまを描いた、力強い作品集」『国を蹴った男』(講談社) - 著者:伊東 潤 - 逢坂 剛による書評 ALL REVIEW… https://t.co/ZiHpboBIKX
a_ranking_newshonto電子書籍期間限定セール (8/06)まで 夏☆電書2020戦国歴史小説2020夏の陣 伊東潤『【期間限定価格】国を蹴った男(講談社文庫)』30%OFFhttps://t.co/RtrhmKrQCR
f08805am【国を蹴った男 (講談社文庫)/伊東 潤】を読んだ本に追加 → https://t.co/COd4i3EeFk #bookmeter
peleboおお、栗原さんの「心の直木賞」て、『国を蹴った男』(伊東潤)なんだ!知らんかった。
fura_sin@gifutomosyoten 伊東潤さんの「国を蹴った男」おすすめです❗️
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)