トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊東潤 > 国を蹴った男

国を蹴った男(伊東潤)

国を蹴った男(著者:伊東潤)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:国を蹴った男
  • 著者:伊東 潤
  • ページ数:306
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062179911
  • ISBN-13:9784062179911

国を蹴った男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.12.25 【回顧2013】エンターテインメント小説

    次代の牽引役が躍進 物語の力まざまざ

  • 2013.5.29 本格歴史小説、次代へ

    本格派の登場が待望されてきた歴史小説でこの春、伊東潤さん(52)が吉川英治文学新人賞、澤田瞳子(さわだとうこ)さん(35)が新田次郎文学賞に決まり、相次いで脚光を浴びた。

  • 2013.4.17 戦国・警察、独自色たっぷり 吉川英治文学新人賞の2氏

    戦国時代が舞台の短編集と、近未来の警察小説。今年の吉川英治文学新人賞には毛色の異なる2作が選ばれた。『国を蹴った男』(講談社)の伊東潤(52)と『機龍警察 暗黒市場』(早川書房)の月村了衛(りょうえ=50)に作品にこめた思いを聞いた。

伊東潤のその他受賞歴(候補含む)

国を蹴った男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot_qmaNo.316 次の第148回直木賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒国を蹴った男―伊東潤、春はそこまで―志村節子、何者―朝井リョウ
fDgxUWsssmYoyam「国を蹴った男」伊東潤 #読了戦国時代に敗者と言われた人の裏話一本筋が通った人は格好いいと思う当人は負けたなんて思っていない
Aisora2a【本日は】今川氏真没 77歳 慶長19年12月28日(1615年1月27日)。義元亡き後、国を喪ったが、「わしは鞠を蹴り、歌を詠んで生涯を過ごしたかった」(by 伊東潤『国を蹴った男』)その通りの天寿を全うする。 https://t.co/lBYzljxhwn
a_ranking_newshonto電子書籍期間限定セール (1/07)まで 歴史&時代小説キャンペーン冬☆電書2021 伊東潤『【期間限定価格】国を蹴った男(講談社文庫)』30%OFFhttps://t.co/6Xdye97flP
chidakatsu【読了】『国を蹴った男 (講談社文庫)』伊東 潤 https://t.co/O7dig0CyQo #booklog
matsuineverever伊東潤先生からRetweetされるなんて感激です。『叛鬼』『国を蹴った男』が特に好きです。伊東先生の小説と出会えたのはわたしの人生の財産のひとつです。ありがとうございました#伊東潤#国を蹴った男#叛鬼 https://t.co/q7d4rwNq7k
rocket_z伊東潤 著『国を蹴った男』読了、戦国の世を不器用に生きた男たちを描いた短編集、中でも茶人、山上宗二を主人公にした「天に唾して」は短編とは思えない熱量を感じた、特に物語終盤の豊臣秀吉を相手に挑んだ大勝負の下りは、必ずやグイグイ引き込… https://t.co/OMtoHLmdyV
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)