トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2012年−第147回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2012年−第147回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第147回—2012年

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

kbc_odaiba「映画ドラえもん のび太の月面探査記」脚本は直木賞作家辻村深月さん!映画公開に合わせ、「辻村深月が選んだドラえもんフェア」開催中です。対象商品お買上で、一冊に一個ひみつ道具バッジが引けます! https://t.co/RZ7P0D08kv
naoki_syou藩主の信政が卒倒し、城下は騒然となった。卒倒三日後、信政は没した。死の床にあって信政を悩ましたのは、暴君型の甥、分家の信利の存在であった。はたして愛児への家督は無事に許されるのか…。直木賞受賞作『錯乱』池波正太郎
TakayasuEndo「宝島」で直木賞を受賞した真藤順丈さん。24日の県民投票に「簡単に賛成、反対とは言えないと思うが、『どちらでもない』ではなく、いずれかの声を上げてほしい。その結果を受けて、我々(本土の人間)がどう動けるのか、何を考えていけるのか、… https://t.co/3HBioHJNiS
look0415ty #直木賞 #宝島 #県民投票#反対にマル真藤順丈さん「賛成か反対か、いずれかの声を上げて」 沖縄県民投票(毎日新聞) https://t.co/LSwjjHBg9y
K_____Y___botなかなかの文豪であり、佑太自身の一生を綴った自叙伝は直木賞受賞候補にもなった
cleanair_芥川賞・直木賞の選考会場が禁煙に…https://t.co/6qyq6FJKlW
ROOSEVELT__GAME池井戸潤作家。1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。 『果つる底なき』(講談社文庫)で第44回江戸川乱歩賞、『鉄の骨』(講談社文庫)で第31回吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』(小学館文庫)で第145回直木賞を受賞。 https://t.co/53ZYjH2YHp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)