トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2012年−第147回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2012年−第147回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第147回—2012年

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.12.3 小説誌「オール読物」が月刊から年10回発行に

    文芸春秋は3日、月刊小説誌「オール読物」の発行を2019年から年10回とすることを明らかにした。直木賞発表号の3月号と9月号を翌月号との合併号として発行し、販売期間を2カ月とする。

  • 2018.12.3 森見登美彦さん「もう二度と嫌」 新作小説との格闘談

    その本は決して読み終えることができない――。「夜は短し歩けよ乙女」「ペンギン・ハイウェイ」などで知られる奈良市在住の作家、森見登美彦さんの新刊「熱帯」(文芸春秋)は、謎に包まれた「幻の本」をめぐり、現実と幻想のあわいで大冒険を繰り広げる長編小説だ。執筆開始から8年。途中で悩んだり、自信を失ったり。「小説家としての思春期」「もう二度と嫌」とも。そんな新作への思いを聞いた。

  • 2018.10.24 訃報:長部日出雄さん84歳=直木賞作家

    直木賞作家で、映画に関する著作も多い長部日出雄(おさべ・ひでお)さんが18日、虚血性心不全のため死去した。84歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻真知子(まちこ)さん。

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

naoki_syou八代目市川團十郎自刃の謎を読み解く。ミステリ史に燦然と輝く名推理を完全収録。直木賞受賞作『團十郎切腹事件』戸板康二
qmabungaku【文字パネル】向田邦子の直木賞受賞作『花の名前』『かわうそ』『犬小屋』が収められた短編集の題名は『思い出○○○○』?□□□□┃ラッリクブ┃┃トドンプイ┃→トランプ
DokushoDouga本屋大賞と直木賞。史上初のW受賞!!『蜜蜂と遠雷』を紹介します!https://t.co/0Q9g3T7vG5#本屋大賞 #直木賞 #蜜蜂と遠雷 #恩田陸 #本 #読書 #本の動画レビュー
hit4boy山本一力『あかね空』寛政の改革の頃、深川の豆腐屋を舞台にした人情もの。商売の成功を掴んだと思いきや挫折をあじわったり、家庭を築いて幸せまっしぐらかと思きや波乱が起きたりと起伏の大きな物語です。大団円の清々しさはぐっときます。【直木賞】https://t.co/wf8jFGbNwK
amelobquiz主人公は新撰組の土方歳三を演じる倉岡銀四郎、物語のクライマックス「階段落ち」の場面が有名な1982年に直木賞を受賞した、つかこうへいの小説のタイトルは何でしょう?
1128kuniko0822もぐらがやみくもに穴を掘るように、なにか面白いことはないか、もっと面白いことはないかと、ぼんやり歩いてきた歳月だったような気がしている。ぼんやり過して来た歳月の延長線上に、思いがけなく直木賞があった。(細い糸『夜中の薔薇』向田邦子)
akmtakmt稲垣吾郎 芥川・直木賞より売れる「新井賞」に驚愕[ゴロウ・デラックス] https://t.co/V3bDjvHT1I #稲垣吾郎 #ゴロデラ #ゴロウ・デラックス
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)