トップページ > 作家名一覧 > ぬから始まる作家名一覧 > 貫井徳郎

貫井徳郎

貫井徳郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

貫井 徳郎(ぬくい とくろう、1968年2月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都渋谷区生まれ。早稲田大学商学部卒業。妻は同じく推理作家の加納朋子。
高校一年生のときに小説を書き始め、初めて書いたミステリ(『鬼流殺生祭』の原型)を第4回横溝正史賞に応募する。当時ミステリを書いたのはその一作だけで、その後は伝奇SFを早川書房のハヤカワ・SFコンテストや講談社の小説現代新人賞に応募するも、予選を通過することはなかった。
1992年12月31日付で、勤めていた不動産会社を退社。1993年、失業期間に書いた『慟哭』が第4回鮎川哲也賞の最終候補作となる(受賞作は近藤史恵『凍える島』)。受賞は逃すが、予選委員の北村薫と編集者の戸川安宣の激賞を受け、東京創元社から黄金の13の一作として刊行され作家デビュー。2002年、北村薫が『慟哭』の創元推理文庫版の帯に「題(タイトル)は『慟哭』書き振りは≪練達≫読み終えてみれば≪仰天≫」というコメントを寄せたことがきっかけとなり、50万部を超えるヒットとなる。
長く文学賞受賞とは無縁であったが、2010年、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を、『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞(同時受賞に飴村行『粘膜蜥蜴』)。『後悔と真実の色』は、著者みずから「推協賞(日本推理作家協会賞)を目指して書いた」と語った作品であったが、版元の幻冬舎が推薦作リストに入れ損ねるという不手際により、候補にすらなることが出来なかったが、『乱反射』で同賞を受賞。推協賞選考後の記者会見で、選考委員の北村薫は「『乱反射』に与えないようなら、推理作家協会賞の存在意義はない」。なぜなら『乱反射』は「小説という衣の下に、本格の鎧を隠した作品」だからと受賞理由を語った。

貫井徳郎新刊

  • 発売日
    2018年8月24日
  • 書名
    女が死んでいる (角川文庫)

受賞歴

貫井徳郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

貫井徳郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mystery_hyt貫井徳郎『慟哭』(創元推理文庫)を読んだ。イヤミスという言葉のできる前から、こういうなんとも読後感の悪い、やりきれない話ってあったんだな。
Dra_Loco貫井徳郎天才すぎる
JITSU_NICHI【人気連載更新】貫井徳郎「罪と祈り」第十三回アップ。父たちの秘密……。彼らが隠しとおした真実に迫らなければ、この先なにもできない。「J-novel」-罪と祈り- https://t.co/w1ws9ZZzRA @JITSU_NICHIさんから
miihappy4@ksm_jet_city そう言われるとなんか恥ずかしい
ra_RATMANあー、私の隠し玉のページに貫井徳郎さんのお名前無いや。まあねー。今年は長編出してないもんねー。来年は新刊出るかなー。鯨統一郎さんの空白具合は健在で毎回笑っちゃう。
053bill【再読】『被害者は誰?(講談社文庫)/貫井徳郎』読了しました
IKUTALIEN_46@ash_sh_sleeper 映画好きだけあって映像化されてんの好きやなー笑飛鳥は貫井徳郎とか好きだから読んでみるといいよ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
貫井徳郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)