トップページ > 作家名一覧 > ぬから始まる作家名一覧 > 貫井徳郎

貫井徳郎

貫井徳郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

貫井 徳郎(ぬくい とくろう、1968年2月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都渋谷区生まれ。早稲田大学商学部卒業。妻は同じく推理作家の加納朋子。
高校一年生のときに小説を書き始め、初めて書いたミステリ(『鬼流殺生祭』の原型)を第4回横溝正史賞に応募する。当時ミステリを書いたのはその一作だけで、その後は伝奇SFを早川書房のハヤカワ・SFコンテストや講談社の小説現代新人賞に応募するも、予選を通過することはなかった。
1992年12月31日付で、勤めていた不動産会社を退社。1993年、失業期間に書いた『慟哭』が第4回鮎川哲也賞の最終候補作となる(受賞作は近藤史恵『凍える島』)。受賞は逃すが、予選委員の北村薫と編集者の戸川安宣の激賞を受け、東京創元社から黄金の13の一作として刊行され作家デビュー。2002年、北村薫が『慟哭』の創元推理文庫版の帯に「題(タイトル)は『慟哭』書き振りは≪練達≫読み終えてみれば≪仰天≫」というコメントを寄せたことがきっかけとなり、50万部を超えるヒットとなる。
長く文学賞受賞とは無縁であったが、2010年、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を、『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞(同時受賞に飴村行『粘膜蜥蜴』)。『後悔と真実の色』は、著者みずから「推協賞(日本推理作家協会賞)を目指して書いた」と語った作品であったが、版元の幻冬舎が推薦作リストに入れ損ねるという不手際により、候補にすらなることが出来なかったが、『乱反射』で同賞を受賞。推協賞選考後の記者会見で、選考委員の北村薫は「『乱反射』に与えないようなら、推理作家協会賞の存在意義はない」。なぜなら『乱反射』は「小説という衣の下に、本格の鎧を隠した作品」だからと受賞理由を語った。

貫井徳郎新刊

  • 発売日
    2018年4月11日
  • 書名
    我が心の底の光 (双葉文庫)

受賞歴

貫井徳郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

貫井徳郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Ryoto_ver貫井徳郎「新月譚」読了、一人の小説家の人生を綴った物語。見えなくなって、新しくなって、再び齢を重ねていく、まさにタイトル通りの話でした。小説を書く事に対する感情や苦悩が登場人物の視線でしっかりと描かれており、なるほどと思ったり共感したり。
mikitachuo@Ldsdance 改題前が「クリトリスにバターを」ですから過激だろうなとは思ってます笑。僕が好きなのは、住野よる(また同じ夢を見ていた)貫井徳郎(乱反射)恩田陸(蜜蜂と遠雷)湊かなえ(告白)ですかね!
jimoto_creator失踪症候群/貫井徳郎 読了都内で続発する失踪者。奇妙な共通項を見出した警察は環を中心とした特殊任務チームにその捜査を依頼する。失踪者の行方は?その先に辿りついた真実とは?4人のプロが悪を追い詰め審判を下す!貫井さんの症候群シリ… https://t.co/PkvPpxqRaV
Read_606この前本屋に行って、貫井徳郎さんの『空白の叫び』っていう本を見つけて(前から欲しかったやつ)、その本の帯に書いてある文字に魅了された。『人を殺すことで初めて見えた世界』貫井さんは、言葉の選び方が面白いなと改めて思った
U2_fool7@calda1234 全然季節関係ないけど、俺のお気に入りは貫井徳郎、笑
crlintd乱反射 貫井徳郎自身の行動の結果は自身には予測ができない責任は誰にもあって些細である故に零れる故に反射し身に降りかかる当事者として生きていかねばならないつらさを感じる名作だと思う#読了#読書好きな人と繋がりたい
DihaUCsIbr0MY1M貫井徳郎「灰色の虹」読了。読了後の虚脱感が計り知れない。復讐しても、何一つ救われないが、犯人はそれでも打算抜きで凶行に及ぶ。犯人がひたすら可哀想で、逆に被害者達の、生前の無責任さに怒りを感じる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
貫井徳郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)