トップページ > 作家名一覧 > ぬから始まる作家名一覧 > 貫井徳郎

貫井徳郎

貫井徳郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

貫井 徳郎(ぬくい とくろう、1968年2月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都渋谷区生まれ。早稲田大学商学部卒業。妻は同じく推理作家の加納朋子。
高校一年生のときに小説を書き始め、初めて書いたミステリ(『鬼流殺生祭』の原型)を第4回横溝正史賞に応募する。当時ミステリを書いたのはその一作だけで、その後は伝奇SFを早川書房のハヤカワ・SFコンテストや講談社の小説現代新人賞に応募するも、予選を通過することはなかった。
1992年12月31日付で、勤めていた不動産会社を退社。1993年、失業期間に書いた『慟哭』が第4回鮎川哲也賞の最終候補作となる(受賞作は近藤史恵『凍える島』)。受賞は逃すが、予選委員の北村薫と編集者の戸川安宣の激賞を受け、東京創元社から黄金の13の一作として刊行され作家デビュー。2002年、北村薫が『慟哭』の創元推理文庫版の帯に「題(タイトル)は『慟哭』書き振りは≪練達≫読み終えてみれば≪仰天≫」というコメントを寄せたことがきっかけとなり、50万部を超えるヒットとなる。
長く文学賞受賞とは無縁であったが、2010年、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を、『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞(同時受賞に飴村行『粘膜蜥蜴』)。『後悔と真実の色』は、著者みずから「推協賞(日本推理作家協会賞)を目指して書いた」と語った作品であったが、版元の幻冬舎が推薦作リストに入れ損ねるという不手際により、候補にすらなることが出来なかったが、『乱反射』で同賞を受賞。推協賞選考後の記者会見で、選考委員の北村薫は「『乱反射』に与えないようなら、推理作家協会賞の存在意義はない」。なぜなら『乱反射』は「小説という衣の下に、本格の鎧を隠した作品」だからと受賞理由を語った。

貫井徳郎新刊

  • 発売日
    2019年9月5日
  • 書名
    罪と祈り
  • 発売日
    2019年9月4日
  • 書名
    【Amazon.co.jp 限定】アナザーカバー付き 罪と祈り
  • 発売日
    2019年4月23日
  • 書名
    平成ストライク

受賞歴

貫井徳郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

貫井徳郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kaede7kaed7 #慟哭 貫井徳郎 #読了 家族を失い苦しみ自身を救う為に新興宗教に傾倒してゆきやがて妄信同時に次々と起きる連続幼女誘拐事件マスコミはスクープを狙い過熱する遅々として解決の糸口は掴めず消息を経つ幼女が増え威信を懸けて捜査… https://t.co/nNdkWd3fJR
1linefrom1book私たちは他人を理解しないまま、わかった振りをして生きている。『微笑む人』 貫井徳郎
Luna00892935♡黒木渚♡カノエラナ♡小説茨城住み/高2
BotHakase粗忽者【そこつもの】粗忽な人。そそっかしい人。おっちょこちょい。「粗忽者だね、あんた。気をつけて歩きなよ/ミハスの落日(貫井徳郎)」
sakusakuichigo8趣味に読書をあげている大橋くん。好きな小説家は貫井徳郎さん。人間関係のぐちゃぐちゃ系が好きって意外
QMA_Mys_Bot2[エフェ]『慟哭』『愚行録』『乱反射』などの作品で知られる作家です「貫井徳郎」 → ぬくいとくろう ※妻は同じく推理作家の加納朋子(○×、線結び)。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
貫井徳郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)