トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇月原晴明

宇月原晴明

宇月原晴明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇月原 晴明(うつきばら はるあき、1963年12月15日 - )は、日本の小説家。本名の永原孝道(ながはら たかみち)名義でも書評や評論などの活動をしている。
岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
早稲田大学在学中、『早稲田文学』に重松清らと一緒に携わる。卒業後は出版社に勤務。当初は『現代詩手帖』を中心に現代詩の作家・批評家として活動した。1999年、永原孝道名義で書いた「お伽ばなしの王様-青山二郎論のために」(『死の骨董』)で第6回三田文学新人賞を受賞。その後宇月原晴明名義で、織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』でデビュー、同作品で、第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。そのあと2006年に、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を、その御霊を鎮めようとする若き詩人の王源実朝、そしてマルコ・ポーロの二人の視点から描いた幻想歴史小説『安徳天皇漂海記』で第19回山本周五郎賞を受賞する。

受賞歴

宇月原晴明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇月原晴明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HQG03021@gymrit 葉室麟「実朝の首」は読みました。『春を忘るな』の推理のほうが勝っていると自負しております。宇月原晴明「安徳天皇漂海記」は読んでません。チェックしてみます。ありがとうございました。
gymrit@HQG03021 源実朝は、伝奇小説だと宇月原晴明「安徳天皇漂海記」や葉室麟「実朝の首」で描かれた政治的には失意の儚い詩人王としての姿が浮かびます。
shanshan0845宇月原晴明の『黎明に叛くもの』、再読して気づいたけどこれって「信用できない語り手」系ミステリだったのですね
kamo_duck_ya宇月原晴明『安徳天皇漂海記』『廃帝綺譚』をなんべんも読み返しているわしに刺さらないわけがなかった……
mmmjwdhbwq黎明に叛くもの (中公文庫) 宇月原晴明 https://t.co/m2rPkPPxm5 @amazonJPより松永久秀主人公の小説ではこれ読んだことある有名大名も暗殺できる異能力者ですごいぞ!ってのと所詮は異能力頼みだ… https://t.co/QgLlWLlxbL
na_zu_mi宇月原晴明先生の書かれる信長公が気高くてえっちで素晴らしいのでお勧めです、宜しくお願いします。久秀もえっちだし道三もえっちなの"ヘキ"一致過ぎるんだよな…
Uma_Daren宇月原晴明新刊ださないのかな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇月原晴明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)