トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇月原晴明

宇月原晴明

宇月原晴明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇月原 晴明(うつきばら はるあき、1963年12月15日 - )は、日本の小説家。本名の永原孝道(ながはら たかみち)名義でも書評や評論などの活動をしている。
岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
早稲田大学在学中、『早稲田文学』に重松清らと一緒に携わる。卒業後は出版社に勤務。当初は『現代詩手帖』を中心に現代詩の作家・批評家として活動した。1999年、永原孝道名義で書いた「お伽ばなしの王様-青山二郎論のために」(『死の骨董』)で第6回三田文学新人賞を受賞。その後宇月原晴明名義で、織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』でデビュー、同作品で、第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。そのあと2006年に、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を、その御霊を鎮めようとする若き詩人の王源実朝、そしてマルコ・ポーロの二人の視点から描いた幻想歴史小説『安徳天皇漂海記』で第19回山本周五郎賞を受賞する。

受賞歴

宇月原晴明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇月原晴明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mokugyo_note@sakashima2 宇月原晴明『安徳天皇漂海記』を強くオススメします。タイトルが示す通り、澁澤の『高丘親王航海記』にオマージュをささげた歴史ファンタジーです。いや、このラインナップがお好きならきっと気に入るはずです!
ricoco4宇月原晴明とにかく好きなのでせっかくKindle買ったし電子版あったら欲しいけどないっぽいなー 聚楽は特に長くて文庫本でも重たい ハードカバー版は辞典みたいだった…
takyxxy「妖説太閤記」や「聚楽――太閤の錬金窟(グロッタ)」をシナリオに関わる中の人たちが読んでいないはずがない 怖いよー怖いよー 山田風太郎はともかく宇月原晴明の著作はいろんなところに被弾するので弊本丸ではたぶん発禁図書指定 超おすすめ
becomotiこれは!!!宇月原晴明「聚楽~太閤の錬金窟~」をお勧めするチャンス!?耽美エログロ忍者アクション色々詰まって面白いよ!!信長秀吉家康の確執にニヤニヤする人にお勧めだよ!!!!
hamatch2新しい本を買うのは控えよう、と十年分以上の積ん読解消をはじめた。この10日間くらいで読んだのが恩田陸「黄昏の百合の骨」森見登美彦「恋文の技術」貫井徳郎「プリズム」道尾秀介「花と流れ星」。読みはじめたのが宇月原晴明「信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」。まあ、一貫性は全然ない。
reimei_f98宇月原晴明の本を読むのは信長を両性具有にした作品以来だな。今邑彩は東京創元社の頃から好きだったので。
Tychotom今まで読んだ歴史(怪奇)小説の中に出てくる石田三成の中では宇月原晴明『聚楽』の石田が最高に好きだったんですが、木下昌輝さんの『宇喜多の楽土』の石田三成(佐吉)も「ああこれは石田ですね」と言わざるを得ない石田三成だった…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇月原晴明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)