トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇月原晴明

宇月原晴明

宇月原晴明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇月原 晴明(うつきばら はるあき、1963年12月15日 - )は、日本の小説家。本名の永原孝道(ながはら たかみち)名義でも書評や評論などの活動をしている。
岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
早稲田大学在学中、『早稲田文学』に重松清らと一緒に携わる。卒業後は出版社に勤務。当初は『現代詩手帖』を中心に現代詩の作家・批評家として活動した。1999年、永原孝道名義で書いた「お伽ばなしの王様-青山二郎論のために」(『死の骨董』)で第6回三田文学新人賞を受賞。その後宇月原晴明名義で、織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』でデビュー、同作品で、第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。そのあと2006年に、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を、その御霊を鎮めようとする若き詩人の王源実朝、そしてマルコ・ポーロの二人の視点から描いた幻想歴史小説『安徳天皇漂海記』で第19回山本周五郎賞を受賞する。

受賞歴

宇月原晴明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇月原晴明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Johann_Tilly5 宇月原晴明『安徳天皇漂海記』 美しい、の一言。小林秀雄や太宰治、澁澤龍彦の作品を本歌取りした世界観は圧巻の一言。壇ノ浦に沈んだ安徳帝と南宋の最後の皇帝を結びつけるという離れ業がさえわたる歴史ファンタジー。
storytellyouer村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」滝本竜彦「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」宇月原晴明「信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」佐藤友哉「1000の小説とバックベアード」粋で風情があればよしですよ。
e_obayac映画をリコメンドする話を終わったので山風の話をすると『妖説太閤記』読みたくなりましたし宇月原晴明『聚楽』も再読したくなり申した
utatane_fukurou何年も前から『比叡山炎上』のファンサイトを立ち上げようとしては、その度に諸般の事情で頓挫している私。宇月原晴明の作品が入手困難になっている現状をどうにかする為にも、がんばってみたいのではありますが。
KKKDG25#名刺代わりの小説10選『卍』谷崎潤一郎『トカトントン』太宰治『海と毒薬』遠藤周作『箱男』安部公房『芋虫』江戸川乱歩『殺人鬼』綾辻行人『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』宇月原晴明『太陽の塔』森見登美彦『… https://t.co/EMA1iIGNti
pippineco#名刺代わりの小説10選マルドゥック・スクランブル 冲方丁天地明察 冲方丁夜間飛行 サン=テグジュペリ闇の左手 J.ティプトリーJrサマー/タイム/トラベラー 新城十馬信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス 宇月原晴明… https://t.co/kkh94UeP7B
Ex_s_tanoue長野まゆみ『雪花草子』→宇月原晴明『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュノス』#あとは察して
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇月原晴明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)