トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇月原晴明

宇月原晴明

宇月原晴明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇月原 晴明(うつきばら はるあき、1963年12月15日 - )は、日本の小説家。本名の永原孝道(ながはら たかみち)名義でも書評や評論などの活動をしている。
岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
早稲田大学在学中、『早稲田文学』に重松清らと一緒に携わる。卒業後は出版社に勤務。当初は『現代詩手帖』を中心に現代詩の作家・批評家として活動した。1999年、永原孝道名義で書いた「お伽ばなしの王様-青山二郎論のために」(『死の骨董』)で第6回三田文学新人賞を受賞。その後宇月原晴明名義で、織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』でデビュー、同作品で、第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。そのあと2006年に、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を、その御霊を鎮めようとする若き詩人の王源実朝、そしてマルコ・ポーロの二人の視点から描いた幻想歴史小説『安徳天皇漂海記』で第19回山本周五郎賞を受賞する。

受賞歴

宇月原晴明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇月原晴明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hennnojou【安徳天皇漂海記 (中公文庫)/宇月原 晴明】を読んでいる本に追加 → https://t.co/1IrdB7TY4p #bookmeter
abare_udukiharaどうせ何も引っかからないエゴサをしてたら宇月原晴明という小説家がいらっしゃって、どんなん書いてるのかなって思ったら「織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』」でこの名前の業の深さを感じた
ItohK4【信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)/宇月原 晴明】を読んだ本に追加 → https://t.co/9SoNqjXTwd #bookmeter
sasebo_bot戴冠せるアンドロギュヌスな宇月原晴明なあれだろ零細企業は黒ミサでチンポを経営者に捧げるんだ
Pa_Mu_Daしかし、この若者について自分が不思議なくらい何も知らないことに、家康は気づいた。秀吉の姉・ [聚楽 太閤の錬金窟/宇月原晴明]
bechastar【聚楽―太閤の錬金窟(グロッタ) (新潮文庫)/宇月原 晴明】本能寺の変の辺りから関ヶ原の合戦を経て家康の死まで。聚楽第に秘められた伴天連由来の驚天動地の物語。恐ろしや。 → https://t.co/YGNBVP0wlY #bookmeter
maniacdanaa宇月原晴明の「信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」を読んでいる途中なんだけど秀吉(藤吉郎)が信長様に惚れ込んで「はあ…信長さまの白いおみ足…あの人の草履はわしのもんじゃ…!」って草履抱きしめてるし信長さまと体の関係を持っている光… https://t.co/K7K23Ni63F
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇月原晴明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)