トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇月原晴明

宇月原晴明

宇月原晴明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇月原 晴明(うつきばら はるあき、1963年12月15日 - )は、日本の小説家。本名の永原孝道(ながはら たかみち)名義でも書評や評論などの活動をしている。
岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
早稲田大学在学中、『早稲田文学』に重松清らと一緒に携わる。卒業後は出版社に勤務。当初は『現代詩手帖』を中心に現代詩の作家・批評家として活動した。1999年、永原孝道名義で書いた「お伽ばなしの王様-青山二郎論のために」(『死の骨董』)で第6回三田文学新人賞を受賞。その後宇月原晴明名義で、織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』でデビュー、同作品で、第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。そのあと2006年に、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を、その御霊を鎮めようとする若き詩人の王源実朝、そしてマルコ・ポーロの二人の視点から描いた幻想歴史小説『安徳天皇漂海記』で第19回山本周五郎賞を受賞する。

受賞歴

宇月原晴明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇月原晴明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kure_madoy漫画なら萩尾望都の「みつくにの娘」、小説は宇月原晴明の「安徳天皇漂海記」、澁澤龍彦の「ねむり姫」、映画なら「アンジェリカの微笑み」が好きです
dieyobboooo宇月原晴明先生の「信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」にはアントナン・アルトーが出てくるんだけどそのアルトーが作中で「ナナキと呼んでくれ」って言ってるシーンがあって何でアントナンがナナキになるんだと思ってたけど幼少期のアダ名なのか…
rekijodehanai歴史改変された聚楽第というよく意味がわからないワードがTLから流れてきたがなんの事なん?とうらぶ?まあ聚楽第といえば宇月原晴明の『聚楽 太閤の錬金窟』な訳ですよ。聚楽第の地下で繰り広げられる関白秀次による錬金術実験。死者の復活。徳… https://t.co/yzQBtruI91
blue_airshipそういう機会はたまに巡ってきて、何を挙げたかほとんど忘れてしまうのだけど、このときは気に入ったセレクトができたような気がして、いまも覚えている。高田崇史『QED 六歌仙の暗号』、宇月原晴明『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』、京極夏彦『続巷説百物語』、
knmsim #いいねされた数だけ好きな一文を言う 8.そうだ。あの子は初めからそのつもりだったのだ。われわれに造らせた硝子の玉に封じられて、この海に沈むつもりであったのだ。あの琥珀の玉に眠るジパングの皇帝のように、ジパングの皇帝とともに。『安徳天皇漂海記』 / 宇月原晴明
kaguranran25酒見賢一「後宮小説」佐藤亜紀「バルタザールの遍歴」宇月原晴明「信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」をファンタジー小説として大賞に選ぶ日本ファンタジーノベル大賞はつくづく大好きな賞だと思う。
ykohr42た時にはなかったはずの小堂に、その男はいたという。思えば、その時から敵の術中に陥っていた信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス/宇月原晴明
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇月原晴明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)