トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ファンタジーノベル大賞

日本ファンタジーノベル大賞

日本ファンタジーノベル大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ファンタジーノベル大賞(にほんファンタジーノベルたいしょう)とは、未発表の創作ファンタジー小説を対象とした公募型の文学賞。プロ・アマを問わない。1989年創設。受賞作品は新潮社から刊行される。候補作には挙がったものの、入賞していない作品でも優れていれば刊行された(恩田陸や小野不由美、高野史緒など)。発表誌は『小説新潮』。大賞受賞作品が同誌に全文掲載されていたこともある。

第24回2012年(応募総数:713)

大賞

  • 該当なし

優秀賞

優秀賞

第23回2011年(応募総数:695)

参考情報:選評

大賞

第22回2010年

参考情報:選評

大賞

優秀賞

第21回2009年

参考情報:選評

大賞

大賞

第20回2008年

参考情報:選評

大賞

優秀賞

第19回2007年

参考情報:選評

大賞

以前のデータ(全データ一括表示

日本ファンタジーノベル大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.1.23 作家の読書道 第225回:町田そのこさん

    2020年に刊行した『52ヘルツのクジラたち』が未来屋小説大賞、ブランチBOOK大賞を受賞するなど話題を集めている町田そのこさん。少女時代から小説家に憧れ、大人になってから新人賞の投稿をはじめた背景には、一人の作家への熱い思いが。その作家、氷室冴子さんや、読書遍歴についてお話をうかがっています。

  • 2021.1.20 芥川賞は宇佐見りんさん・直木賞は西條奈加さん

    芥川賞と直木賞の選考会が開かれ、芥川賞に宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」が、直木賞に西條奈加さんの「心淋し川」(うらさびしがわ)が、それぞれ選ばれました。

  • 2020.4.14 【今週はこれを読め! SF編】ふたつの偽史が結ぶ真実の因果

    日本ファンタジーノベル大賞2019受賞作。古代中国を思わせる世界「伍州」を舞台とした伝奇ファンタジイだが、テキストの構成に再帰的な企みがあり、なおかつ超弩級スペクタクルのSF的アイデアが投入される。じつに読みどころの多い作品である。ヒロイン「瑤花」の飄然としたキャラクターも魅力的だ。

日本ファンタジーノベル大賞関連つぶやき

takeshikatsuyo1@tomoneko299 集英社オレンジ文庫はちょっと考えましたが、男臭すぎるかなという点がご指摘の通り。やはり日本ファンタジーノベル大賞に向けて、こつこつ書いてきます。
tomoneko299@takeshikatsuyo1 なろうの作品がどうこうとかいろいろ言われていますが今は年々書き手の技量は上がっているように感じます
genronedit【『ゲンロンα』おすすめ記事!】ゲンロンゆかりのSF関係者が寄稿するリレーエッセイ「SFつながり」。SF創作講座第2期受講生で、日本ファンタジーノベル大賞を受賞した高丘哲次さんによる、悲哀とユーモアに満ちたエッセイです。https://t.co/kpoluLfNZH
QMA_bokukko_bot(ライフスタイル・順番当て)次の「日本ファンタジーノベル大賞」の「大賞」を受賞した小説を受賞したのが古い順に選びなさい→『僕僕先生』(第十八回受賞)
wlb922『太陽の塔』森見登美彦/元カノ「水尾さん」の研究と称して大学から逃亡し、水尾さんの尾行とバイトの日々を送る「私」。クリスマスの嵐が吹き荒れる京都を舞台に、汗にまみれた巨大妄想を膨らませた男たちが大暴れ。冴えない暴走男たちに幸あれ。日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
KagetsuSakuSaku@kadas_blue ほんそれ。日本ファンタジーノベル大賞は、なんか違うし。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)