トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ファンタジーノベル大賞 > 2002年−第14回 日本ファンタジーノベル大賞

日本ファンタジーノベル大賞

2002年−第14回 日本ファンタジーノベル大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ファンタジーノベル大賞(にほんファンタジーノベルたいしょう)とは、読売新聞東京本社と清水建設(第10回までは三井不動産販売)が主催し、新潮社が後援していた文学賞。1989年創設。
未発表の創作ファンタジー小説を公募。プロ・アマを問わない。大賞賞金は500万円で、受賞作品は新潮社から刊行される。候補作には挙がったものの、入賞していない作品でも優れていれば刊行された(恩田陸や小野不由美など)。かつては大賞受賞作品が『小説新潮』に全文掲載されていたこともある。
第25回(2013年度)を機に「創設から四半世紀の節目を迎え、一定の役割を終えた」として賞を休止することが、2013年12月3日付で発表された。
その後「日本ファンタジーノベル大賞2017」として再スタートすることが決定した。公募は2017年6月1日から30日までで賞金は300万円。読売新聞後援、新潮文芸振興会主催。審査員は恩田陸、萩尾望都、森見登美彦。

第14回—2002年

大賞

優秀賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本ファンタジーノベル大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日本ファンタジーノベル大賞関連つぶやき

QMA_bokukko_bot(ライフスタイル・順番当て)次の「日本ファンタジーノベル大賞」の「大賞」を受賞した小説を受賞したのが古い順に選びなさい→『僕僕先生』(第十八回受賞)
kyoRokyoRo1234【LS】小説『前夜の航跡』で日本ファンタジーノベル大賞 「紫野貴李」 しのきり
raisen_bot2_qmaNo.7 次の森見登美彦の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒ペンギン・ハイウェイ―日本SF大賞、太陽の塔―日本ファンタジーノベル賞、夜は短し歩けよ乙女―山本周五郎賞
raisen_bot_qmaNo.644 次の森見登美彦の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒太陽の塔―日本ファンタジーノベル大賞、夜は短し歩けよ乙女―山本周五郎賞、ペンギン・ハイウェイ―日本SF大賞
life_effe_bot2小説『前夜の航跡』で第22回日本ファンタジーノベル大賞を受賞 【紫野貴李】 A:しのきり
Katotoshitu@mosiroakari 私も日本ファンタジーノベル大賞投稿したんですよ!前に松本清張賞に出して見事に落とされたやつですが…。作品の舞台は科学の国なのですが、あかりさんはどんな物をテーマとして書かれましたか?
wlb922『太陽の塔』森見登美彦/元カノ「水尾さん」の研究と称して大学から逃亡し、水尾さんの尾行とバイトの日々を送る「私」。クリスマスの嵐が吹き荒れる京都を舞台に、汗にまみれた巨大妄想を膨らませた男たちが大暴れ。冴えない暴走男たちに幸あれ。日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)