トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 遠田潤子 > 月桃夜

月桃夜(遠田潤子)

月桃夜(著者:遠田潤子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:月桃夜
  • 著者:遠田 潤子
  • ページ数:280
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103198311
  • ISBN-13:9784103198314

遠田潤子新刊

  • 発売日
    2017年10月25日
  • 書名
    カラヴィンカ (角川文庫)
  • 発売日
    2017年10月17日
  • 書名
    オブリヴィオン

月桃夜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.7.19 作家の読書道 第185回:遠田潤子さん - 作家の読書道

    奄美の民話をベースにした深遠なファンタジー『月桃夜』で日本ファンタジー小説大賞を受賞してデビューした遠田潤子さん。その後は人間心理を丁寧に描くミステリー作品を発表、最近は文庫化した『雪の鉄樹』がヒットして話題に。非常に幅広く本を読んできた様子の遠田さん、なかでもお気に入りの作品とは?

月桃夜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

act_minoru遠田潤子作品にはまり続けるうち
baboocon#読書週間だからrtといいねの数だけ好きな本を紹介しよう6. 遠田潤子「月桃夜」(新潮文庫nex)一番好きな小説家の一人かも。著者のデビュー作で、江戸時代の奄美大島を舞台にした悲恋ファンタジー。
kudou_tomo遠田潤子さん『あの日のあなた』読了。父の死、それから過去を紐解いてゆく話で読後感は爽やかだが『月桃夜』のほうが好み。筆力の頑として健在たることは疑いなし。
kumagai_dou11面⑤文庫新書→[中央公論新社]十六夜荘ノート 古内一絵→[河出書房新社]妖櫻記 皆川博子→[幻冬舎]幕末武士の京都グルメ日記 山村竜也12面よみうり堂①・著者来店[光文社]オブリヴィオン 遠田潤子さん「罪と罰」の悲しい旋律→[新潮社]月桃夜→[光文社]雪の鉄樹
miroku678ナイス 【月桃夜 (新潮文庫nex)/遠田 潤子】薩摩藩の圧政に苦しむ奄美の人々。人々は家を失い、田畑を奪われ奴隷になった。そんな血の通わない奴隷身分の夫婦の話。後で人気作家となった遠田さんのデ… → https://t.co/eebiigrhi6 #bookmeter
uni_namiki@haruharutakayo レアリアが雪乃紗衣さん(新潮文庫)月桃夜が遠田潤子さん(新潮文庫)鳥居の向こうは、知らない世界でした。が友麻碧さん(幻冬舎文庫)デェス!!!!
ShidaU_「月桃夜」/遠田潤子 読了。兄妹と奄美と囲碁とファンタジー。佳嶋さんがカバー装画描いてるからって手に取った本だけど、実はファンタジー読むのそんなに得意ではなかったのだ。たまにはいいよね。 https://t.co/RyKI5DCi5v
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)