トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 遠田潤子 > 月桃夜

月桃夜(遠田潤子)

月桃夜(著者:遠田潤子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:月桃夜
  • 著者:遠田 潤子
  • ページ数:280
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103198311
  • ISBN-13:9784103198314

月桃夜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.7.19 作家の読書道 第185回:遠田潤子さん - 作家の読書道

    奄美の民話をベースにした深遠なファンタジー『月桃夜』で日本ファンタジー小説大賞を受賞してデビューした遠田潤子さん。その後は人間心理を丁寧に描くミステリー作品を発表、最近は文庫化した『雪の鉄樹』がヒットして話題に。非常に幅広く本を読んできた様子の遠田さん、なかでもお気に入りの作品とは?

月桃夜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

realsyouchan『月桃夜』読了。遠田潤子先生の作品コンプ。新作が待ち遠しい。
chiyokoraito淡路帆希の「ひとしずくの星」が好きな人は、多崎礼の「煌夜祭」、遠田潤子の「月桃夜」、張間ミカの「楽園まで」、桜庭一樹の「ほんとうの花をみせにきた」、とかもイケる気がしている。系統は違うけど、定金伸治の「ブラックランド・ファンタジア」も。
AsagiLemon寝食忘れて呑まれてしまうくらいの感覚を久しぶりに味わいたい。ページに溺れたい。スマホばっかりいじってる生活やめたいの。桜庭一樹「荒野」、遠田潤子「月桃夜」「蓮の数式」有川浩「ストーリーセラー」夏目漱石「こころ」これが今のところトップ5。快楽がすぎる傑作。
kawaitomoko54『月桃夜(げっとうや)』(新潮社、2009年)は、遠田潤子のデビュー作で、他作品とは作風がかなり異なる。舞台は奄美大島で関西弁を話す人物は登場しないし巻末には引用・参考文献14冊を列記。著者略歴に「ドストエフスキーや森鴎外の作品世… https://t.co/giDMy2dxnW
amanyoccy【月桃夜/遠田 潤子】お気に入りさんにオススメいただいた本。ファンタジーノベル大賞受賞作だそうですが、一言でファンタジーと括ってしまえない日本(奄美)の債務奴隷の歴史が綴られています。兄と妹とし… → https://t.co/MKjQurWO4g #bookmeter
mametanpaku_mmt魔術師の視線 本多孝好劇団42歳♂ 田中兆子月桃夜 遠田潤子
miroku678ナイス 【月桃夜/遠田 潤子】自らの命を天にまかせようとカヤックで漂流する茉莉香が、この世とあの世の間で月桃水の匂いにひかれてやって来た隻眼の鷲と出会う。茉莉香の話と鷲が語る奄美大島での悲しい兄… → https://t.co/89Ajjlom1j #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)