トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 鈴木光司

鈴木光司

鈴木光司さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鈴木 光司(すずき こうじ、1957年5月13日 - )は、日本の作家、小説家、エッセイストである。
静岡県浜松市出身。本名、鈴木 晃司。静岡県立浜松北高等学校、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。大学卒業後は専業主夫の傍ら自宅で学習塾を開き1人で全教科を教えながら小説を執筆する。
デビュー作の1990年の『楽園』は、1万年という時を超えた男女の愛を描く壮大なスケールの小説で、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を得た。『リング』は横溝正史ミステリ大賞最終候補まで残り、映像化され、ホラーブームの火付け役となった。その続編である『らせん』は1995年、第17回吉川英治文学新人賞を受賞した。
『リング』・『らせん』は映画化され大ヒットし、リングシリーズとして『リング2』、『リング0 バースデイ』が製作された。『リング』はのちに米国で『ザ・リング』としてリメイクされて話題となった(リメイクが決定した際、米国では鈴木光司を「日本のスティーブン・キング」と表して紹介された)。同じく『仄暗い水の底から』も映画化され、こちらも米国で『ダーク・ウォーター』としてリメイクされている。
2008年12月19日、『リング』シリーズ以来の長編サイエンス・ホラー『エッジ』を刊行した。2013年7月14日(現地時間)に『エッジ』が「シャリー・ジャクスン賞」(長編部門)を受賞。
体を鍛えるのが趣味で、主夫として子育てを行い、エッセイは子育てを扱ったものが多い。
アメリカ映画などにみられるマッチョな父性像を「家族を守る、強い父」という男の生き方に接続し、「マッチョを突き詰めれば、必ずフェミニズムにゆきつく」と主張している。

受賞歴

鈴木光司関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鈴木光司関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HoppePlaisant@MaximaAlvia あ、それ一番残念なやつ…∑(゚Д゚)鈴木光司氏が考えたの!?それだとなおさらショック。リング→らせんと読み進めて伏線回収に鳥肌立ったの覚えてるのにぃ!
kabe_san【読了】『らせん 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)』鈴木 光司 ☆4 https://t.co/E9xQqUOkMM #booklog
mochi_ragu【らせん - (角川ホラー文庫)/鈴木 光司】リングの続編。暗号とか出てくる話。貞子も出てくる。圧倒的に映画よりも面白い。 → https://t.co/7dgseijipB #bookmeter
onedub95リングに続いてらせん読了。リング以上におもろすぎてついにあんだけ怖かった貞子も怖さよりも愛おしくなってきた。鈴木光司すげえな
ForProfessional【鈴木光司】「何をやっても生きていける。そんな開き直りがあれば強い」『プロ論 情熱探訪編』
takibitabibito鈴木光司さんの話をしたらタイムリーに映画やっていたのか~。貞子で検索した結果 散々なのも逆なのも どちらの感想も興味深い
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鈴木光司さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)