トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 鈴木光司

鈴木光司

鈴木光司さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鈴木 光司(すずき こうじ、1957年5月13日 - )は、日本の作家、小説家、エッセイストである。
静岡県浜松市出身。本名、鈴木 晃司。静岡県立浜松北高等学校、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。大学卒業後は専業主夫の傍ら自宅で学習塾を開き1人で全教科を教えながら小説を執筆する。
デビュー作の1990年の『楽園』は、1万年という時を超えた男女の愛を描く壮大なスケールの小説で、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を得た。『リング』は横溝正史ミステリ大賞最終候補まで残り、映像化され、ホラーブームの火付け役となった。その続編である『らせん』は1995年、第17回吉川英治文学新人賞を受賞した。
『リング』・『らせん』は映画化され大ヒットし、リングシリーズとして『リング2』、『リング0 バースデイ』が製作された。『リング』はのちに米国で『ザ・リング』としてリメイクされて話題となった(リメイクが決定した際、米国では鈴木光司を「日本のスティーブン・キング」と表して紹介された)。同じく『仄暗い水の底から』も映画化され、こちらも米国で『ダーク・ウォーター』としてリメイクされている。
2008年12月19日、『リング』シリーズ以来の長編サイエンス・ホラー『エッジ』を刊行した。2013年7月14日(現地時間)に『エッジ』が「シャリー・ジャクスン賞」(長編部門)を受賞。
体を鍛えるのが趣味で、主夫として子育てを行い、エッセイは子育てを扱ったものが多い。
アメリカ映画などにみられるマッチョな父性像を「家族を守る、強い父」という男の生き方に接続し、「マッチョを突き詰めれば、必ずフェミニズムにゆきつく」と主張している。

受賞歴

鈴木光司関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鈴木光司関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

iyashinomeigenオレたちの将来にはなぁ、確実なものなんて何もねぇんだ。常に、あやふやな未来が待ち構えている。それでも、おまえは生きていくだろ。あやふやだという理由だけで生命活動を停止することはできねぇ。可能性の問題よ。おまえにとって最大の敵は、その貧弱な想像力だよ。(リング、鈴木光司)
ru__ya__@kanaikex 「鈴木光司」さんのリング・らせんですね。有名ですので既にご存知だと思いますが…本を読んでから映画館に行ったので、映像になったことで恐怖が増しました
hondobo夏も終わるし『仄暗い水の底から』を読むぜ。原作は短編集なんだよな。というか表紙の時点で怖すぎて草。鈴木光司の本で一番怖い表紙だろコレ https://t.co/esvaW5wZP3
rmrmdddやっぱ定番は鈴木光司なのかな、小説はわりと読んだけど映画は呪怨とリングしか見てないかも
qma_LS_slo_bot2013年に、アメリカの文学賞「シャーリー・ジャクスン賞」の長編賞を受賞した、鈴木光司のホラー小説は?→エッジ(39%)
mitoppokachai1@euroflog1010 それは読む方も楽しい…私、今まで温度を感じたのは鈴木光司の楽園と池上永一のワガージマヌパナスでした。止まらなくなる経験をした本のひとつです。どちらもデビューの頃の作かな?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鈴木光司さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)