トップページ > 作家名一覧 > れから始まる作家名一覧 > 連城三紀彦

連城三紀彦

連城三紀彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、1948年1月11日 - 2013年10月19日)は、日本の小説家。真宗大谷派の僧侶。本名は加藤 甚吾(かとう じんご)
愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。
1977年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞(小説部門)を受賞し、同作が探偵小説専門誌『幻影城』1978年1月号に掲載されデビュー。大胆な仕掛けや叙情性溢れる美文体を用いたトリッキーな作風で評価を得る。その後ミステリ的筆致を心理の機微を表現することに応用した恋愛小説を著すようになり、直木賞を受賞した『恋文』以降は大衆小説に執筆の主軸を移した。しかしその後もフレンチミステリ的心理劇や謀略サスペンス、誘拐もの、叙情的な幻想ミステリ、メタミステリなど、多彩なミステリの執筆も行っている。
共同事務所「オフィス・レム」に関口苑生(評論家)、北澤和彦(翻訳家)、香山二三郎(コラムニスト)、上原ゼンジ(写真家)らと所属していた。
2002年には『白光』、『人間動物園』とミステリー作品を連続して発表し、話題となった。
若い頃からの映画好きで、大学在学中にシナリオの勉強のため、フランスへ留学した経験を持つ。
父の実家が浄土真宗の寺であったことから、1985年に東本願寺で得度している。法名は智順。名古屋市の同朋大学で修学するため1年間休筆し、田代俊孝教授に師事している。
2009年に胃がんが見つかり闘病生活を送る。2013年10月19日、胃がんのため名古屋市内の病院で死去した。1948|1|11|2013|10|19。

連城三紀彦新刊

  • 発売日
    2018年3月26日
  • 書名
    悲体

受賞歴

連城三紀彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

連城三紀彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yi0316さざなみの家 何となく 連城三紀彦https://t.co/ITpKYTzjLx
Tuyoshi87356278ただ一言で別れられるなら、やはり一言でやり直せるかもしれない。─連城三紀彦「冬草」
mysterybot2辰治は立ちあがり、窓から流れこむ夜風にあたった。三日月は工場の屋根に引っ掛り、天が屋根を細い鉤で吊りあげているように見えた。(『炎』/連城三紀彦)
hit4boy連城三紀彦『暗色コメディ』夫と逢引をする自分自身を目撃した主婦、妻に幽霊と思われている葬儀屋等、不可思議な体験をした人々の群像劇です。狂気でかたずけられる危うさがありますが、語り口の巧みさに酔いしれ騙し絵の世界で遊ぶのが正解しょうね。https://t.co/6Z7CDeuvDb
asagihara_s心を落ち着けるために連城三紀彦関連文献を読むのだだだだ
AgnaKeen小樽文学館で、4/22まで開催されていた「連城三紀彦展」の図録が届きました。村上芳正の『戻り川心中』表紙絵による左右両開きの仕立てで、私も寄稿しています。小樽文学館公式サイトの通販でお求めいただけます。¥1,080… https://t.co/66ULnlQAvj
take0328_連城三紀彦「造花の蜜」読了。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
連城三紀彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)