トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻村深月

辻村深月

辻村深月さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻村 深月|つじむら みづき|1980年2月29日 - は、日本の小説家。山梨県笛吹市出身。
公務員の両親のもと、山梨県の石和町に生まれる。笛吹市立石和東小学校、笛吹市立石和中学校へ通う。
幼い頃から読書好きで、「シャーロック・ホームズシリーズ」や「少年探偵団シリーズ」などのミステリーから、『ズッコケ三人組』や『クレヨン王国』などのジュブナイルなどを読んでいた。
小学校6年生の時に綾辻行人の『十角館の殺人』を読んで衝撃を受けて以来大ファンとなる。その後、綾辻の作品を読み漁り、何度もファンレターを送り、編集部の厚意で綾辻本人と手紙やメールを交わす間柄となったほど。また、17歳の時には自宅から埼玉県の書店まで京極夏彦のサイン会に友人と2人で出かけ、違反だと知りつつ思わず握手もするほどはしゃいでしまったという。
1998年に山梨学院大学附属高等学校特進コース。卒業後は甲府にある県庁村会事務所で団体職員として働きながら執筆を続け、2004年「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。同作は高校生の頃から書き始め、その後大学4年間で書き上げた作品。かなりの長編であったため、この枚数を受け入れてくれること、『十角館の殺人』と同じレーベルから出版されるということを考え、メフィスト賞に応募した。受賞は、打ち合わせの編集者に聞いた綾辻本人からの電話で知った。同作のヒロインに自分と同じ「辻村深月」と付けたのは、多くのミステリ作家に倣ったためである。2008年に会社を退社し、専業作家となる。そしてこの頃、山梨で学生生活を送っていた頃から知っていた男性と結婚した。
2012年、『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。山梨県から直木三十五賞受賞者が出たのは林真理子以来26年ぶりで、大変な騒ぎとなり、笛吹市庁舎には垂れ幕が掛けられ、地元紙「山梨日日新聞」でも、多数の記事や特集が組まれた。
2019年、「第12回ベストマザー賞2019」の文芸部門を受賞。同年3月15日から山梨日日新聞紙上で「琥珀の夏」(画 はるな檸檬)の連載を開始した。

受賞歴

辻村深月関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.6.9 【今週はこれを読め! エンタメ編】緊急事態宣言下の1日1編『Day to Day』

    昨年緊急事態宣言が出たとき、いままでに経験したことのない状況に対しての不安や緊張感があった。非日常な空気に押しつぶされそうになり「本を読む気になれなくなった」という声をあげる方々も、かなりの数いらしたと記憶している。幸い私は文学作品に頼って過ごしており、昨年の春は1日1編の短い小説やエッセイに元気づけられる日々でもあった。リアルタイムで読んだ方も読めなかった方も、この機会にぜひ手に取られることをおすすめする。あの心細かった毎日をなんとかして乗り切ろうとしていた自分たちの必死さが、少しでも報われるような気がするから。

  • 2021.4.12 「女による女のためのR―18文学賞」大賞に宮島未奈さんの「ありがとう西武大津店」

    新潮社は12日、第20回「女による女のためのR―18文学賞」の大賞が、主婦宮島未奈(応募時は宮島ムー)さん(37)=大津市=の「ありがとう西武大津店」に決まったと発表した。同作は同文学賞の読者賞、友近賞にも選ばれ、初のトリプル受賞となった。受賞作は22日発売の「小説新潮」に掲載される。

  • 2020.3.13 第11回〈小説 野性時代 新人賞〉 選考結果のお知らせ

    3月13日(金)午後4時より、第11回〈小説 野性時代 新人賞〉の選考会が行われました。応募総数440作品の中から最終選考に残った4作品のうち、選考委員の厳正なる審査により、蝉谷魚ト(せみたに・とと)さんの『化け者心中』が大賞に決まりました。蝉谷さん、おめでとうございます!

辻村深月関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Shinoco_etc『かがみの孤城』辻村深月主人公の性格や考え方に感情移入して胃を痛めながら読んだ。柔らかいナイフで切り裂かれるような痛みを感じたけどそこから膿を取り出してくれる優しさもあって途中で気づいた謎も気づかなかった謎も解けるほどに繋がって込み上げるものがあった。心に響く物語だったな。
live_on_books_[039]「白く凍った海の中に」という書き出しで始まる、「どこでもドア」から「四次元ポケット」までの全10章と、プロローグ、エピローグからなる、どらえもんの大ファン・芦沢理帆子を主人公とする、辻村深月の小説は何でしょう? ◆『凍りのくじら』
koizumijuku授業で辻村深月さんの『サクラ咲く』を紹介(以前北辰テストで出題されました)週末は私立入試
vazard774文庫版の ぼくのメジャースプーン 辻村深月著くらいの分厚さの本は入ることを確認。(514頁くらい)
mementoyasanわたしは辻村深月で情緒を育てたオタク
sub_bibliomania辻村深月『ハケンアニメ!』読了。1秒のアニメを作るためには、24枚の作画が必要だと言う。滑らかな動きをさせたいなら、それ以上の枚数が1秒の間に差し込まれ、監督やアニメーターらの手によって生命が吹き込まれてゆく。私たちが観… https://t.co/LLddhCJ0CB
lilium_reading琥珀の夏(辻村深月)読了主人公の幼少期を読んでいて自己嫌悪…自意識過剰だと思っていても、自分の立ち位置や評価が気になる…今なら何をそんなに気にしていたのかと思えるけど、当時はそれがすべてだったからなぁ。ミカの思考がマトモだか… https://t.co/7ftsbxdgdY
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    辻村深月さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)