トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻村深月

辻村深月

辻村深月さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻村 深月(つじむら みづき、1980年2月29日 - )は、日本の小説家。山梨県笛吹市出身。
公務員の両親のもと、山梨県の石和町に生まれる。笛吹市立石和東小学校、笛吹市立石和中学校へ通う。
幼い頃から読書好きで、「シャーロック・ホームズシリーズ」や「少年探偵団シリーズ」などのミステリーから、『ズッコケ三人組』や『クレヨン王国』などのジュブナイルなどを読んでいた。
小学校6年生の時に綾辻行人の『十角館の殺人』を読んで衝撃を受けて以来大ファンとなる。その後、綾辻の作品を読み漁り、何度もファンレターを送り、編集部の厚意で綾辻本人と手紙やメールを交わす間柄となったほど。また、17歳の時には自宅から埼玉県の書店まで京極夏彦のサイン会に友人と2人で出かけ、違反だと知りつつ思わず握手もするほどはしゃいでしまったという。
1998年に山梨学院大学附属高等学校特進コース。卒業後は甲府にある県庁村会事務所で団体職員として働きながら執筆を続け、2004年「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。同作は高校生の頃から書き始め、その後大学4年間で書き上げた作品。かなりの長編であったため、この枚数を受け入れてくれること、『十角館の殺人』と同じレーベルから出版されるということを考え、メフィスト賞に応募した。受賞は、打ち合わせの編集者に聞いた綾辻本人からの電話で知った。同作のヒロインに自分と同じ「辻村深月」と付けたのは、多くのミステリ作家に倣ったためである。2008年に会社を退社し、専業作家となる。そしてこの頃、山梨で学生生活を送っていた頃から知っていた男性と結婚した。
2012年、『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。山梨県から直木三十五賞受賞者が出たのは林真理子以来26年ぶりで、大変な騒ぎとなり、笛吹市庁舎には垂れ幕が掛けられ、地元紙「山梨日日新聞」でも、多数の記事や特集が組まれた。
2019年、「第12回ベストマザー賞2019」の文芸部門を受賞。

辻村深月新刊

  • 発売日
    2019年12月19日
  • 書名
    かがみの孤城 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
  • 発売日
    2019年11月20日
  • 書名
    クローバーナイト (光文社文庫)
  • 発売日
    2019年11月14日
  • 書名
    宮辻薬東宮 (講談社文庫)

受賞歴

辻村深月関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辻村深月関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1linefrom1book「フる」なんて、そんな簡単でかわいい事柄は、私の身には何も起こっていなかった。私を襲ったのは、もっと別の激しい何かだ。喪失だ。『鍵のない夢を見る』 辻村深月
0gch_@Suicide_A6 去年のドラえもんの映画の小説版、辻村深月が執筆してるよ
AFI8K84i6eyqiTX読了。婚活をテーマにした辻村深月の小説。大恋愛への憧れは誰にでもあるもの、でも結婚はそれとはまた別のものだと感じた。30を超えると恋愛の延長に結婚などと悠長なことは言ってられない、そんな切迫した思いを抱かせる小説だった。 https://t.co/acsI1u9vDo
dragonwindwave大好きで夢中になれる「何か」を見つけてほしい。それはきっと、海に投げ出された時にしがみつけるブイのように、つらい現実に溺れそうな自分を救ってくれる。辻村深月/小説家
rfvrfv876生きることに手を抜いたらいけないよ。終わりなんて唐突にやってくるものだし、人生ってのは確かに死ぬまでの長い暇潰し過ぎない。だけど、だからって手を抜いちゃ駄目だ。時間の中身を決めるのは自分の責任だから、意味のないだらだらとした暇潰しを続けない方がいい。(辻村深月)
kirie_so_saku@Tb_nagisa リプありがとう♥図書館戦争書いてる人だね!調べてみたら女性だった!勝手に男性だと思ってた
Suicide_A6音楽はDustbox、芸術ならアルフォンス・ミュシャとギュスターヴ・クールベ、好きな作家は大槻ケンヂと辻村深月。煙草はKOOL、好きなウイスキーはラフロイグ、昨日は1時に寝て、朝7時に起きた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻村深月さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)