トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻村深月 > ツナグ

ツナグ(辻村深月)

ツナグ(著者:辻村深月)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ツナグ
  • 著者:辻村 深月
  • ページ数:316
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103283211
  • ISBN-13:9784103283218

辻村深月新刊

  • 発売日
    2019年9月3日
  • 書名
    東京會舘とわたし 上 旧館 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年9月3日
  • 書名
    東京會舘とわたし 下 新館 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

ツナグ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辻村深月のその他受賞歴(候補含む)

ツナグ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Juri_Tom124中三の頃から夏休み課題で辻村深月さんの「ツナグ」に3年間お世話になってる、といっても今年は書評だけど
applejonagold辻村深月先生の「ツナグ」を読んでいる。最初、ストーリーに「亡くなった人と現世に生きる人をひき合わせる役目をする者」が出てくると知ったとき、んなばかな、そんなそのまんま作り物話をどう真面目に進めていくんだ?と思ったが、読み始めるとすごいわ。違和感なく引き込まれていく。文才だろうな。
hnj_er蔦屋書店で購入したもの☺️
_neuaqこれは、傲慢な、驕った考えかもしれない。だけど、それでも死者が抱えた物語は、生きて残された者のためであって欲しい。- ツナグ / 辻村深月
Honnomori_bot偶然と必然は、どこまでが結びついているのだろう。ツナグ/辻村深月
sakamoto_akr「あの子はいい子だよ。お前みたいな押しの強さはないけど、その分口だって悪くないし、周りをまあるくまとめるコツをよく知ってる。幸いなことに私や祥子さんに似たんだよ」ツナグ/辻村深月
runrunswim先日購入した芦田愛菜さんの「まなの本棚」の中で紹介されていた本をブックオフで購入。辻村深月さん「ツナグ」愛菜さんは、いろんなジャンルの本を読んでいて感心しました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)