トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 冲方丁

冲方丁

冲方丁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

冲方 丁(うぶかた とう、1977年2月14日 - )は、日本の小説家、脚本家。日本SF作家クラブ会員。
1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
家族は妻と息子と娘の4人家族。自宅は福島県福島市にあるが、2011年3月11日に発生した東日本大震災により母と妹夫婦の住む北海道池田町に避難した。しかし後に福島に戻っている
2014年7月17日、自身の作品の二次創作を一定のルールの下で全面解禁することをブログ上で発表した。
2015年8月24日、別居中の妻への傷害容疑で逮捕される(のちに不起訴処分)。この事件の影響により、水戸市は予定していたNHKへの『光圀伝』の大河ドラマ化要望を見送った。冲方は留置場内での生活を「閉じ込められた9日間」として「週刊プレイボーイ」誌上で発表した。冲方自身は、訴える側の視点から見て何をドメスティックバイオレンスと解釈するかは難しいとしつつも、自分が暴力を振るった事実はなく、この逮捕は「警察の勇み足」であったと主張している。
2016年、『十二人の死にたい子どもたち』で第156回直木賞候補。
年に不定期でイベント「冲方サミット」を開催しており、出版関係者を交えて刊行作の紹介や執筆予定作品についてのトークを行う。

冲方丁新刊

  • 発売日
    2019年4月16日
  • 書名
    決戦!桶狭間 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年3月20日
  • 書名
    マルドゥック・アノニマス4 (ハヤカワ文庫JA)
  • イラストレーター
    寺田克也
  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    宮内悠介リクエスト! 博奕のアンソロジー

受賞歴

冲方丁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

冲方丁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yueliang0119@eZWuACXSMSJSzm3 竜馬がゆく(司馬遼太郎)、天地明察(冲方丁)など…あと落語が好きです。今はしゃばけシリーズ(畠中恵)を今読んでいます!江戸時代多めです!
nao0915Alice冲方丁著『十二人の死にたいこどもたち』#peing #質問箱 https://t.co/T5aum0KIsp
tsu2ji_ffnなんとなくチョイスしたアニメ「シュヴァリエ」がすげー性癖に刺さる内容でこの勘にとても感謝した…面白いよシュヴァリエ…まだ6話だけど…見始めてまず目に入ったのが原作:冲方丁の文字……冲方先生だったのかー!
fragments_bot_2なぜなら他の何かを身代わりにするつもりでも、本当に身代わりになっているのは、他ならぬ自分の心の大切な一部だからだ。(冲方丁『オイレンシュピーゲル』)
eka319551382019年100冊読破25冊目読了天地明察 下/冲方丁暦を作ることが世の中に影響を及ぼすことの大きさにびっくりしました。一番印象に残ったのは後半の主人公の安定感。最後には碁打ちならではの詰めで改暦を認めさせる場面、感動… https://t.co/38dVeuGtYh
Munekyun_Novels「どんな虐殺も、あなたがしたことには敵わない。私が受けた拷問とは究極的に逆の行為ね。人間を閉じ込めて痛めつけるのは人間以下の仕業だけど、空から何かを落とすのは基本的に神様の仕業だもの」【オードリー・ミッドホワイト/マルドゥック・ヴェロシティ/冲方丁】
inoyan7@inoyan7 [新刊発見] 2019-03-20 マルドゥック・デーモンズ(上) 皆本形介/冲方丁 [コミック] https://t.co/ZqCzYfGPyq #sinkan
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
冲方丁さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)