トップページ > 作家名一覧 > せから始まる作家名一覧 > 瀬尾まいこ

瀬尾まいこ

瀬尾まいこさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

瀬尾 まいこ(せお まいこ、1974年1月16日sakuya - )は、日本の小説家。本名は瀬尾麻衣子。
大阪府大阪市生まれsakuya。奈良県奈良市在住奈良。大谷女子大学文学部国文学科卒業sakuya。中学校の国語講師を9年務めた後、2004年、30歳のときに京都府の中学校教員採用試験に合格2011年に退職するまでは中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行なっていた子どもバン。また、35歳のときに体を壊して退職した際に執筆活動を2年間中断し保育士免許を取得。(保育士としての勤務経験はない。)
2014年、39歳のときに女児を出産。自身の中学校勤務をもとにしたエッセイも執筆している。
2001年(平成13年)、『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞するバン。同作を書いて応募したきっかけは「教員採用試験に落ち続けていたとき、何か自分のアピールポイントが欲しかった」と明かしている。
2002年(平成14年)11月、単行本『卵の緒』を上梓する。2005年(平成17年)、『幸福な食卓』で第26回吉川英治文学新人賞を受賞するバン。同年4月1日、京丹後市立久美浜中学校着任久美。2008年(平成20年)、『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞するバン。2010年(平成22年)4月1日、相楽東部広域連合立和束中学校に転勤。2011年(平成23年)3月31日、退職するバン。
2013年(平成25年)、咲くやこの花賞文芸その他部門受賞sakuya。2018年(平成30年)、『そして、バトンは渡された』で第31回山本周五郎賞で候補となる産経。2019年(平成31年)、『そして、バトンは渡された』で第16回本屋大賞受賞オリ。

受賞歴

瀬尾まいこ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

瀬尾まいこ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Udokusho天国はまだ遠く/瀬尾まいこ仕事も人間関係も上手くいかず死ぬつもりで辿り着いた山奥の民宿。民宿の主の田村さんや大らかな村人との関わり、田舎の自然…これまでと違う静かでシンプルな生活が主人公を癒す。今の私にピッタリな作… https://t.co/cSJtvMnheG
watch_date瀬尾まいこ氏の作品の中に出てくるよしこが好き。自分に素直で自由で、そして愛が深い。たまごの欠片がはいったシュークリーム。彼女が作っている描写などほぼないけれど、文字に表現されていないだけで彼女がそれを作っている様はあり、想いとても愛しくなる。それを感じる時間が心地よい。
kotoba_11また朝がやってきた。本当に不思議だ。どんなにショッキングなことがあっても、日常はきちんと進んでいく。@幸福な食卓/瀬尾まいこ
usagi_no_ninjin「春、戻る」瀬尾まいこほっこりするあったかい余韻に包まれてる感じがする。
hatano_natuki届いたゲラのうちの一つが、瀬尾まいこさんだったー!!読んだら、感想呟きます!!
JY19880883@uragsw もし瀬尾まいこの本お手に取る機会があれば、『卵の緒』をぜひ!瀬尾さんのデビュー作にして最高傑作やと個人的には思ってます☺️
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    瀬尾まいこさんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)