トップページ > 公募ではない賞一覧 > 吉川英治文学新人賞 > 2005年−第26回 吉川英治文学新人賞

吉川英治文学新人賞

2005年−第26回 吉川英治文学新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

吉川英治文学新人賞(よしかわえいじぶんがくしんじんしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞。以降年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円と置時計が授与される。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近い受賞者も存在する。

第26回—2005年

受賞

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

吉川英治文学新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉川英治文学新人賞関連つぶやき

ROOSEVELT__GAME池井戸潤作家。1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。 『果つる底なき』(講談社文庫)で第44回江戸川乱歩賞、『鉄の骨』(講談社文庫)で第31回吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』(小学館文庫)で第145回直木賞を受賞。 https://t.co/53ZYjH2YHp
yurubngkbot吉川英治文学新人賞公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞。以降年1回発表されている。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近い受賞者も存在する。1980年(S55)~現在
yomyom_book【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最… https://t.co/NkzuozVbbg
qma_LS_slo_bot第18回吉川英治文学新人賞を受賞した、作家・馳星周のデビュー作は?→不夜城(58%)
raisen_bot2_qmaNo.55 次の大沢在昌の小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒新宿鮫―吉川英治文学新人賞、心では重すぎる―日本冒険小説協会大賞、感傷の街角―小説推理新人賞
pk_mgm中島らもは宝島やオリーブや朝日新聞で連載していたし、第13回吉川英治文学新人賞も受賞しているし、言えば普通に通じる作家だと思ってたんだけど、だいたい誰に言っても通じないのは世代の違いなのか、まわりの人に学がないからなのかわからないけど、つまらない
jyogakukanこれは年末のミステリーランキングに入るかも。入って欲しいなあ…。本城雅人さんて、実力がきちんと評価されてない気がします。最近やっと吉川英治文学新人賞とったり直木賞候補になったりしたけど、まだまだこれで終わる作家ではないはず。本作で次のステージに上がるのでは、という予感。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)