トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中島らも

中島らも

中島らもさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中島 らも(なかじま らも、1952年4月3日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン。本名は中島 裕之(なかじま ゆうし)。ペンネームの由来は、無声映画時代の剣戟俳優、羅門光三郎から。本稿では名の表記を、原則として「らも」で統一する。
兵庫県尼崎市出身。広告代理店社員のコピーライター としてキャリアをスタートさせ、劇団・笑殺軍団リリパットアーミーを主宰し、俳優としても活動した ほか、自主的団体「全国まずいもの連盟」会長 を自称した。
一男一女の父で、長女は作家の中島さなえ。
=
兵庫県尼崎市の国鉄(現JR西日本)立花駅近く を突発的に自作する、大量の砂糖を備蓄する、弓を始める、突然宗派を変えるなど)。また叔父(父の実兄)は酒販店を経営していたが失敗して「浮浪者同然」になり、泥酔して中島家に金の無心に来て断られては玄関先で暴れていたという。
尼崎市立七松小学校に入学。10歳の時、母親の勧めで神戸市立本山第一小学校に転入。スポーツ嫌いで、友人の野球の誘いを断って偉人伝を読むような子供だったという。また、将来は漫画家になりたいと思っていた。

中島らも新刊

  • 発売日
    2017年6月15日
  • 書名
    日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(5) 幻異 (双葉文庫)
  • イラストレーター
    小松左京

受賞歴

中島らも関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中島らも関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

junnbrand恋とは一種の病気である。 それはとても苦しくてせつなくて… でも世界で一番美しい病だ。 by 中島らも
g_kotobaめったにはない、何十年に一回くらいしかないかもしれないが、「生きていてよかった」と思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける。中島らもの言葉 https://t.co/qIIa3OK9yX
Mishiba_Y中島らも「はなびえ」かギルマン「黄色い壁紙」が最恐だったのですが、最近読んだブライアン・エヴンソン「二番目の少年」もそれに匹敵します。 #質問箱 #peing_mishiba_y https://t.co/VwNHrlyLBl
bitingdog511中島らも作品に出てくる女の人はみんなかわいい
Ryokansato「パパの仕事はわるものです」は最初に見た時は中島らも「おとうさんのバックドロップ」のデッドコピーに見えたけど、「おとうさんはわるものチャンピオン」から棚橋弘至など現実のプロレスとの絡みが生まれて作品世界が拡張されて、いい意味で絵本に収まらない作品になったと思う
NA_jun0へたくそ、かむりやりだったら、あむぴっぴがかわいそ。じょせいはさ自分がうけだからそうなんかしらんけど、中島らも先生とか、大江健三郎先生が書く男性が男性にする行為って支配的な嫌がらせの絶対的な支配力。と屈辱。だから。そんなのあむっぴっぴにするなんて、武田信玄の恋人高坂昌信くらいに
ganeko1863中島らもをふと思い出した。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中島らもさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)