トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中島らも

中島らも

中島らもさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中島 らも(なかじま らも、1952年4月3日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン。本名は中島 裕之(なかじま ゆうし)。ペンネームの由来は、無声映画時代の剣戟俳優、羅門光三郎から。本稿では名の表記を、原則として「らも」で統一する。
兵庫県尼崎市出身。広告代理店社員のコピーライター としてキャリアをスタートさせ、劇団・笑殺軍団リリパットアーミーを主宰し、俳優としても活動した ほか、自主的団体「全国まずいもの連盟」会長 を自称した。
一男一女の父で、長女は作家の中島さなえ。
=
兵庫県尼崎市の国鉄(現JR西日本)立花駅近く を突発的に自作する、大量の砂糖を備蓄する、弓を始める、突然宗派を変えるなど)。また伯父(父の実兄)は酒販店を経営していたが失敗して「浮浪者同然」になり、泥酔して中島家に金の無心に来て断られては玄関先で暴れていたという。
尼崎市立七松小学校に入学。10歳の時、母親の勧めで神戸市立本山第一小学校に転入。スポーツ嫌いで、友人の野球の誘いを断って偉人伝を読むような子供だったという。また、将来は漫画家になりたいと思っていた。

中島らも新刊

  • 発売日
    2018年2月14日
  • 書名
    世界で一番美しい病気 (ハルキ文庫)
  • 発売日
    2018年2月1日
  • 書名
    もうすぐ絶滅するという煙草について

受賞歴

中島らも関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中島らも関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kijiro_bot中島らも『今夜、すべてのバーで』は不思議な小説だ。 簡単に言えば、酒の飲み過ぎで肝臓がフォアグラ状態になり、肝硬変の一歩手前までいった男が入院する話である。その検査の日々を描いた小説だ。つまり、ある種のアル中小説である。
manshu_bpumeda中島らものエッセイで「私が一番モテた日」というのがあって、これを読んで大学生まで一切モテなくて女性に対してコンプレックスの塊やった自分がちょっと救われたのよねモテへんかったことがコンプレックスな男子諸君はぜひ読んでほしい
jingnicksこんな言い方良くないかもしれないけれどお亡くなりになるその形までドラマティックだな美しき散り方絶対人肉なんて中島らも的な死に方するもん
shinjukushake「どんなにダメな状況でも“その日の神様”がいる」中島らも
35Lektro途方に暮れてしまう。中島らも以来の衝撃。
dansyu_yabo中島らもの『今夜、すべてのバーで』が広まっているようです
childhood_meg読書覚え。2018年4冊目読了。「今夜、すべてのバーで」中島らも アルコール依存症の話だけど、ドラッグや精神理論までいろいろ。ともあれ健康大事! https://t.co/GjKOLFmVKT
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中島らもさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)