トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中島らも

中島らも

中島らもさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中島 らも(なかじま らも、1952年4月3日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン。本名は中島 裕之(なかじま ゆうし)。ペンネームの由来は、無声映画時代の剣戟俳優、羅門光三郎から中島|2007|pp=252-267中島|2002|p=140。活動当初は「羅門」「Ramon」「らもん」等のペンネームで雑誌に詩の投稿をしており、仲間内でも「らもん」を名乗っていたが「読者に名前を覚えてもらいやすいように」と1982年に「らも」に改名した中島|2007|pp=252-267。本稿では名の表記を、原則として「らも」で統一する。
兵庫県尼崎市出身。広告代理店社員のコピーライターとしてキャリアをスタートさせ、劇団・笑殺軍団リリパットアーミーを主宰し、俳優としても活動したほか、自主的団体「全国まずいもの連盟」会長を自称した。
一男一女の父で、長女は作家の中島さなえ。
=
兵庫県尼崎市の国鉄(現JR西日本)立花駅近く中島|2007|pp=18-19で、2人兄弟の次男として生を受ける。後にらもは「躁鬱病は父親から、アル中は伯父から受け継いだ」と語っている。父親は開業歯科医をしていた中島|2007|pp=54-55。後のらもと同じく、父親も躁鬱病を患っていたといい、それに起因すると思われる奇行を度々繰り返していた(小学生だったらもに突然「裕ちゃん、今日は太陽が西から昇る」と言い出しそのまま入院する、自宅の庭にローラースケート場やプール中島|2007|pp=18-19を突発的に自作する、大量の砂糖を備蓄する、弓を始める、突然宗派を変えるなど)。また伯父(父の実兄)は酒販店を経営していたが失敗して「浮浪者同然中島|2007|pp=54-55」になり、泥酔して中島家に金の無心に来て断られては玄関先で暴れていたという。
尼崎市立七松小学校に入学中島|2007|pp=252-267。10歳の時、母親の勧めで神戸市立本山第一小学校に転入中島|2007|pp=252-267。スポーツ嫌いで、友人の野球の誘いを断って偉人伝を読むような子供だったという中島|2007|pp=18-19。また、将来は漫画家になりたいと思っていた中島|2007|pp=48-51。成長につれ、貸本を通じ、白土三平などの漫画や、山田風太郎などの小説に親しむ中島|2007|pp=252-267。

中島らも新刊

  • 発売日
    2018年10月19日
  • 書名
    短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年7月29日
  • 書名
    吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-

受賞歴

中島らも関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中島らも関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

miyoko0228でも「ガダラの豚」とか「水に似た感情」、「酒気帯び車椅子」とか、中島らものタイトルセンスに通じるもの、ない?
30eesti>>RT 中島らもの酒気帯び車椅子くらいのノリのよさを感じた 読み物としておもしろかった
syu_aldente@puku0820 もう喰らい尽くしてしまいましたわぁ〜(cv中島らも)
booktitle_bot『永遠も半ばを過ぎて』中島らも
hon_meigen_bot_死ぬのも怖くない。貧乏も怖くない。ただ愛が怖いな。(「異人伝」中島らも)
sukinabunshouさあ、踊れ、歩け、働け、笑え。ネジをまいてもらえ。ご同僚たちに。ついでにご同僚たちのネジもまいてさしあげろ。出て行け。街がそこにあるうちに。街が肩口に触れるうちに。患者たちの息が暖かいうちに。街へ。いますぐに。朝だから。今は。中島らも「頭の中がカユいんだ」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中島らもさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)