トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中島らも

中島らも

中島らもさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中島 らも(なかじま らも、1952年4月3日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン。本名は中島 裕之(なかじま ゆうし)。ペンネームの由来は、無声映画時代の剣戟俳優、羅門光三郎から。本稿では名の表記を、原則として「らも」で統一する。
兵庫県尼崎市出身。広告代理店社員のコピーライターとしてキャリアをスタートさせ、劇団・笑殺軍団リリパットアーミーを主宰し、俳優としても活動したほか、自主的団体「全国まずいもの連盟」会長を自称した。
一男一女の父で、長女は作家の中島さなえ。
=
兵庫県尼崎市の国鉄(現JR西日本)立花駅近くを突発的に自作する、大量の砂糖を備蓄する、弓を始める、突然宗派を変えるなど)。また叔父(父の実兄)は酒販店を経営していたが失敗して「浮浪者同然」になり、泥酔して中島家に金の無心に来て断られては玄関先で暴れていたという。
尼崎市立七松小学校に入学。10歳の時、母親の勧めで神戸市立本山第一小学校に転入。スポーツ嫌いで、友人の野球の誘いを断って偉人伝を読むような子供だったという。また、将来は漫画家になりたいと思っていた。

中島らも新刊

  • 発売日
    2017年10月20日
  • 書名
    短編伝説 愛を語れば (集英社文庫 特)
  • 発売日
    2017年6月15日
  • 書名
    日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(5) 幻異 (双葉文庫)
  • イラストレーター
    小松左京

受賞歴

中島らも関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中島らも関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

anti_umbrellaたのむから中島らもの小説『永遠も半ばを過ぎて』を中原俊が映画化した『Lie lie Lie』をとっととBlu-ray化するのだ早くするのだ早く。
chaotic_growこれみて、中島らもさんの取引先社長の「もっと……ボワッと!!!」を思い出した。こんな赤入れてくるクライアント頭沸いてるやつやん。こういう広告面白いと思ってやってるんだろうけど、とてもD2案件ですよ。
Elemonpieクリエーティビティのない人というのは、役人と一緒なんやね。出てくるものを見て、何か文句つけることでしか立場を保てないわけ。   【中島らも『訊く』】
h_anao某思い出の人にもらった中島らもさんの著作、読むほどにあぁ〜ってなっていつまで経っても読了できない
pick_up_777恋におちることは、つまりいつかくる何年の何月かの何日に、自分が世界の半分を引きちぎられる苦痛にたたき込まれるという約束を与えられたことにほかならない。 by 中島らも
ayaka_violeta三島由紀夫の「レター教室」が読みたい。あと中島らもの「酒気帯び車椅子」。
SeihekiBotだれでも夢がつかめる。才能よりもむしろ持続する能力があればの話だが。中島らも
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中島らもさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)