トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北方謙三

北方謙三

北方謙三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北方 謙三(きたかた けんぞう、1947年10月26日 - )は、日本の小説家。
佐賀県唐津市生まれ。幼少時代を九州・佐賀県で過ごす。実家は曾祖父の代から、唐津市で菓子屋を経営。父親は外国航路の船長だったため、会えるのは船が帰港する時だけ。その都度、横浜に会いに出かけていた。小学校5年の時に、神奈川県川崎市に転居。芝中学校・高等学校を経て、中央大学法学部法律学科入学。学生運動華やかなりし時代であり、全共闘運動に没入。
在学中の1970年、純文学作品『明るい街へ』を同人誌に発表。同作が雑誌「新潮」(1970年3月号)に掲載され、学生作家としてデビューを果たす。1973年同大学卒業。PR誌の企画スタッフをしながら執筆を続ける。
1981年、『弔鐘はるかなり』(『第二誕生日』改題)が出版。新人としては異例の“書き下ろし長編”による処女出版であり、二度目のデビューである。初版は8千部。翌1982年には、『逃がれの街』(『ふたりだけの冬』改題)も出版。その後『眠りなき夜』、『さらば、荒野』、『檻』とヒット作を次々と生み出し、“ハードボイルド小説の旗手”として一躍人気作家となる。
1983年には『逃れの街』が、主演水谷豊、監督工藤栄一で映画化。以降『友よ、静かに瞑れ』(1985年)、『黒いドレスの女』(1987年)などが次々と映画化され、作家としての地位を築き上げる。
1989年、初の歴史小説として南北朝時代を舞台とした『武王の門』を発表。続く南北朝ものである『破軍の星』では、第4回柴田錬三郎賞を受賞。
1996年、全13巻6500枚書き下ろしという大長編、北方版『三国志』の刊行が開始され、以降歴史小説は、中国史へとその裾野を拡大。1999年には『水滸伝』が小説すばるで連載開始。前作を超える全19巻9500枚の超大作は、北上次郎によって「日本の大衆小説の最高峰」と評された。同作は2006年、第9回司馬遼太郎賞を受賞。
2000年より、直木三十五賞の選考委員を務める。ほかに吉川英治文学賞、江戸川乱歩賞、小説すばる新人賞の選考委員。

北方謙三新刊

  • 発売日
    2017年5月19日
  • 書名
    岳飛伝 7 懸軍の章 (集英社文庫)
  • 発売日
    2017年4月20日
  • 書名
    岳飛伝 六 転遠の章 (集英社文庫)
  • 発売日
    2017年3月17日
  • 書名
    岳飛伝 5 紅星の章 (集英社文庫)

受賞歴

北方謙三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北方謙三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

emeKato@jyouhou_syusyu ちなみに、北方謙三は物によっては外で読むと(涙腺崩壊的な意味で)ヤバいので注意です。
QeZ0V煮込みはな、いろんな思いを煮込むから、煮込みなのだ。北方謙三『十字路が見える』
haru3907強くても、強いと思わなければいいのです。強さが素晴らしいことだ、と思わなければ。(北方謙三)
monteblue_net北方謙三先生「○ープに行け!!」 #tama954
hdp_kokoromi小説家になるには何をすべきか?「石でも磨けば光ることを、俺、北方謙三が証明するぜ。」 #HDP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北方謙三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)