トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮本輝

宮本輝

宮本輝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮本 輝(みやもと てる、1947年(昭和22年)3月6日 - )は、日本の小説家。本名は宮本正仁。兵庫県神戸市に生まれる。後、愛媛県、大阪府、富山県に転居。関西大倉中学校・高等学校、追手門学院大学文学部卒業。
1947年(昭和22年)、自動車部品を扱う事業を手掛けていた宮本熊市の長男として生まれる。1952年(昭和27年)に大阪のキリスト教系の幼稚園に入園するが、半年ほどで退園。その後、大阪市立曽根崎小学校に入学。1956年(昭和31年)に、父の事業のため富山市豊川町に転居し、富山市立八人町小学校に転入。1957年(昭和32年)に、父の事業が失敗したため兵庫県尼崎市に転居、尼崎市立難波小学校に転入。1959年(昭和34年)に私立関西大倉中学校に入学。1962年(昭和37年)に私立関西大倉中学校を卒業、同高校普通科に入学。1965年(昭和40年)に私立関西大倉高校普通科卒業。1浪のあと、1966年(昭和41年)に新設された追手門学院大学文学部に1期生として入学。1970年(昭和45年)に同大学を卒業。
サンケイ広告社でコピーライターとして働いたが、20代半ば頃から当時の呼称で「不安神経症」、現在のパニック症候群に苦しんでおり、サラリーマン生活に強い不安を感じていた。ある雨の降る会社帰り、雨宿りに立ち寄った書店で某有名作家の短編小説を読んだところ、書かれていた日本語が『目を白黒させるほど』あまりにひどく、とても最後までは読み通せなかった。かつて文学作品を大量に読んだことがある自分ならば、もっと面白いものが書けると思い、退社を決め、小説を書き始める。それでも数年は芽が出ず、生活も苦しくなる。其の折、知人を通じて作家・編集者で「宮本輝」の名付け親でもある池上義一に出会い、作家としての指導を受ける。同時に池上の会社に雇って貰う。
1977年(昭和52年)に自身の幼少期をモチーフにした『泥の河』で、第13回太宰治賞を受賞してデビュー。翌1978年(昭和53年)には『螢川』(「文芸展望」第19号、1977年10月)で第78回芥川賞を受賞し、作家としての地位を確立する。
一時は結核療養のため休筆。1987年(昭和62年)に『優駿』で吉川英治文学賞(歴代最年少40歳)および初代JRA賞馬事文化賞、2003年(平成15年)『約束の冬』で芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)、2009年(平成21年)『骸骨ビルの庭』で第12回司馬遼太郎賞、2010年(平成22年)秋紫綬褒章受章。この間、芥川賞選考委員を第114回(1996年)から162回(2020年)まで務める。
代表作に「川三部作」と呼ばれる『泥の河』『螢川』『道頓堀川』や、書簡体文学の『錦繍』、出身校の追手門学院大学を舞台に大学生の青春を描きドラマ化もされた『青が散る』、自伝的大河作品の連作などで映画化やラジオドラマ化などもされている『流転の海』、『ドナウの旅人』、『彗星物語』など。

受賞歴

宮本輝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮本輝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sekiseiword葉の繁った大木の下で少年がひとり眠っていた。少年は麦わら帽子を顔に載せ、両手を腹のところに置いて眠り込んでいるのである。大木の傍に自転車が停めてあり、初夏の昼下がりらしい陽光が周りを照らしている。/宮本輝 「星々の悲しみ」
ryf08chs12@keiba_omoide 宮本輝さんの『優駿』を読んだのが競馬に手を出したきっかけで、初めて好きになったのがトーホウジャッカルでした。ルックスから生い立ちまでドラマチックで惚れました。ジャッカルみたいな馬に新馬や未勝利から出会… https://t.co/FRZA6zXO6Y
psan08@Rumi_369_ 宮本輝の錦繍、描写が綺麗で好きです
qma_bibun_botタイ ・1977年に小説『蛍川』で芥川賞を受賞した小説家→宮本輝(みやもとてる)     分 ・1961年に小説『蛍の河』で直木賞を受賞した小説家→伊藤桂一(いとうけいいち)
maidamanimani昨日のTBS「世界遺産」ポルトガル・シントラ。リスボンから日帰りで、昔宮本輝の「ここに地終わり 海始まる」を読んで憧れたロカ岬に行ったな。向かう電車の中で「みんなヨーロッパ最西端を目指しているんだなぁ」としみじみした。また遠くへ旅したい。
KotaroNomo宮本輝「海岸列車」再々読宮本氏の作品の中で取り立てて目立つ作品ではないかもしれないが、氏の不変のテーマがわかりやすく出ている。後書きに本人も言うところの「まっとう」宮本輝は「まっとう」とは何かを描き続けている作家だ。#宮本輝 #海岸列車
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮本輝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)