トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 城山三郎

城山三郎

城山三郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

城山 三郎(しろやま さぶろう、1927年(昭和2年)8月18日 - 2007年(平成19年)3月22日)は、日本の小説家。本名は、杉浦 英一(すぎうら えいいち)。
経済小説の開拓者であり、伝記小説、歴史小説も多く著している。
愛知県名古屋市中区生まれ。名古屋市立名古屋商業学校(現:名古屋市立名古屋商業高等学校)を経て1945年(昭和20年)、愛知県立工業専門学校(現:名古屋工業大学)に入学。理工系学生であったため徴兵猶予になるも大日本帝国海軍に志願入隊。海軍特別幹部練習生として特攻隊である伏龍部隊に配属になり訓練中に終戦を迎えた。1946年(昭和21年)、東京産業大学(現:一橋大学)予科入学、1952年(昭和27年)、改名された一橋大学(山田雄三ゼミナール)を卒業。卒業論文は「ケインズ革命の一考察」。大学在学中に洗礼を受ける。
父が病気になったため帰郷し、岡崎市にあった愛知学芸大学(現:愛知教育大学)商業科文部教官助手に就任。担当は景気論と経済原論。後に同大学文部教官専任講師。この間金城学院大学にも出講。1954年(昭和29年)、丸山薫の紹介で、永田正男、宇佐美道雄、国司通、岩崎宗治と月一回の読書会「クレトス」を始める。名古屋の「近代批評」の同人に加わる。1955年(昭和30年)、一橋大学経済研究所に出張。1957年(昭和32年)3月、名古屋市千種区の城山八幡宮(末森城址)付近に転居、同12月神奈川県茅ヶ崎に転居。1963年(昭和38年)6月、日本作家代表団(団長・木下順二)参加による訪中を機に愛知学芸大を退職し、以後、作家業に専念する。なお、ペンネームの“城山三郎”について、上記の城山八幡宮(城山町)に〈3月〉に引っ越して来たことから付けた、と本人は語っている。晩年は治安維持法が悪用された経緯から佐高信らとともに個人情報保護法の成立に反対するなどの活動をした。
2007年(平成19年)3月22日午前6時50分、間質性肺炎のため、茅ケ崎市内の病院で死去。79歳没。お別れの会には、中曽根康弘、小泉純一郎、河野洋平、土井たか子、五木寛之らが出席した。
ダイヤモンド社主催の「ダイヤモンド経済小説大賞」が発展・改称する形で「城山三郎経済小説大賞」が設けられたが、第4回(2012年(平成24年)12月発表)をもって終了。
2014(平成26年)、あらたに「城山三郎賞」(主催・角川文化振興財団)が創設された。

城山三郎新刊

  • 発売日
    2017年10月28日
  • 書名
    価格破壊 (角川文庫)
  • 発売日
    2017年7月28日
  • 書名
    辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫)

受賞歴

城山三郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

城山三郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

piest6care[女性への名言] 「離れていると、お互いが天使に見えるものですよ。その上、わたしは手紙や詩でも、彼女を天使のように書いてやります。すると、彼女はその気になって、天使の気分になってくれます。女とは、そういうものなんです」(城山三郎)
bttom0complain<女性に向けての名言> 「離れていると、お互いが天使に見えるものですよ。その上、わたしは手紙や詩でも、彼女を天使のように書いてやります。すると、彼女はその気になって、天使の気分になってくれます。女とは、そういうものなんです」(城山三郎)
bst7meet<女性に対しての名言集> スタインベックの『怒りの葡萄(ぶどう)』の中に、男は怒ったり悲しんだりするが、女は河だ、大河のように悠々と流れていく。そうした女の姿を見て、男は慰められ、気をとり直す、という一節がある。(城山三郎)
busy1cure【女への名言集】 スタインベックの『怒りの葡萄(ぶどう)』の中に、男は怒ったり悲しんだりするが、女は河だ、大河のように悠々と流れていく。そうした女の姿を見て、男は慰められ、気をとり直す、という一節がある。(城山三郎) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛
depen4guard[女性への名言] 「離れていると、お互いが天使に見えるものですよ。その上、わたしは手紙や詩でも、彼女を天使のように書いてやります。すると、彼女はその気になって、天使の気分になってくれます。女とは、そういうものなんです」(城山三郎)
nt3place<女性に向けての名言> 「離れていると、お互いが天使に見えるものですよ。その上、わたしは手紙や詩でも、彼女を天使のように書いてやります。すると、彼女はその気になって、天使の気分になってくれます。女とは、そういうものなんです」(城山三郎)
a2senseeee[女性への名言] スタインベックの『怒りの葡萄(ぶどう)』の中に、男は怒ったり悲しんだりするが、女は河だ、大河のように悠々と流れていく。そうした女の姿を見て、男は慰められ、気をとり直す、という一節がある。(城山三郎)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
城山三郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)