トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 渡辺淳一

渡辺淳一

渡辺淳一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。同講師。医学博士。初め医療現場を舞台とした社会派小説や伝記小説、恋愛小説を数多く手がけて人気を博した。その後、『化粧』『ひとひらの雪』『化身』『うたかた』『失楽園』(1997年度新語・流行語大賞)『愛の流刑地』など濃密な性描写の恋愛小説で、特に1980年代から90年代にかけて一大ブームを巻き起こした。エッセイも多く、『鈍感力』も流行語になった。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。80歳没。法名は「愛楽院釋淳信」、墓所は杉並区の築地本願寺和田堀廟所。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた。

受賞歴

渡辺淳一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

渡辺淳一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

otoko_e_onna鈍感なのは素晴らしいことなんですよ。傷ついてもすぐに立ち直れるし、いろいろなことを言われてもすぐに忘れられる(渡辺淳一)
hit4boy渡辺淳一『光と影』運命のいたずらで全く別の人生を歩むこととなった二人の男。本作品には男のジェラシーが丹念に描かれていますが、ここは後の大恋愛小説家としての萌芽が見られますね。著者の医師としての視線を巧みに取り入れた密度の濃い作品です。https://t.co/koR7Rx9HGx
yurubngkbot渡辺淳一文学賞株式会社集英社と公益財団法人一ツ橋綜合財団が主催する文学賞。純文学・大衆文学の枠を超えた、人間心理に深く迫る豊潤な物語性をもつ小説作品が顕彰される。受賞作品は、『すばる』および『小説すばる』で発表される。2016年(H28)~現在
makosanma@Bluesta56699132 ひとひらのチョコフレーク(笑)文字数で文学的には無理だったわ(笑)ひとひら・・渡辺淳一ぽい(笑)
IOsenzai自由に旅行できるのは何時になるんだろ?TVで極寒の中でシャボン玉がどうなるかを実験している渡辺淳一の小説を読み流氷の音が聞きたいと話したら、行こうか…と計画を立てて下さった大先輩。バスも無い季節。皆で歩いた雪道。流氷に乗ったり… https://t.co/6xw6lkaJpl
koi_kokoro_ai離婚というのはね、互いに忙しければしない。暇なときにあれこれ余計なことを考えるから離婚するんです。 【渡辺淳一】
SBach147@sosuke_wadatumi 松井須磨子さん、映画 華の乱 で松坂慶子さんが演じたのを見て、ず~っとそのイメージが離れません。渡辺淳一さんの 女優 読んでもそのイメージ、こういう舞台だったんですね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
渡辺淳一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)