トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 渡辺淳一

渡辺淳一

渡辺淳一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。享年80。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた。

渡辺淳一新刊

  • 発売日
    2018年12月18日
  • 書名
    短編アンソロジー 患者の事情 (集英社文庫)

受賞歴

渡辺淳一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

渡辺淳一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ritonotori2「愛して愛して、愛していくと、その先は破壊しかないのね」凜子はいま初めて、愛と言う心地よい言葉が、その実、きわめてエゴイスティックで、破壊や破滅といった、強烈な毒を秘めていることを知ったようである/渡辺淳一『失楽園』
chihiro_gaishi渡辺淳一みたいなランチ友達がほしい…
kuruminchangやばいよ馴染みの店員のお姉さんにマルキ・ド・サドと渡辺淳一買ったのバレちゃったよ 官能小説ではないのでセーフ
makigamikurukur渡辺淳一 著「遠き落日(下)」 日本では、将来が見込めず、単身渡米した野口英世。実力主義の米国が肌に合い、その頭角を現していく。そして栄光を極めるも研究に行詰り、黄熱病研究のためにアフリカに赴く。第14回吉川英治文学賞受賞作品!https://t.co/5QDMt3zy1p
shukatsu_phrase失敗したときに大切なのは、渡辺淳一さんの著書にもなっている「鈍感力」だ。これは、どんなことが起ころうとも、物事を前向きにとらえ、何か嫌なことを言われたとしても忘れてしまえる力のことである。  by堀江貴文
otoko_e_onna淋しい女は買い物好き(渡辺淳一)
syosiyosinari@satojunji18 良いサイトですね。ちょっと情報が古いのが残念。渡辺淳一文学館がエリエールのままになってる。これに大学図書館の個人文庫が加わるとより良いですね。今回僕がみた冊子は網羅的なものでなく「日本近代文学研究に有益な… https://t.co/l5XZvjhDvo
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
渡辺淳一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)