トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 渡辺淳一

渡辺淳一

渡辺淳一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。同講師。医学博士。初め医療現場を舞台とした社会派小説や伝記小説、恋愛小説を数多く手がけて人気を博した。その後、『化身』『うたかた』『失楽園』『愛の流刑地』など濃密な性描写の恋愛小説で、特に1980年代から90年代にかけて一大ブームを巻き起こした。エッセイも多く、『鈍感力』も流行語になった。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。80歳没。法名は「愛楽院釋淳信」、墓所は杉並区の築地本願寺和田堀廟所。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた。

受賞歴

渡辺淳一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

渡辺淳一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

aya1tum04awase4いずれ、あなたに飽きられるかもしれない。たとえ、あなたがわたしに飽きなくても、わたしがあなたに飽きるかもしれない。  渡辺淳一(失楽園より)
ThatcherJin「アンモナイトの目覚め」は見てないからあれこれ言いづらいけど…セクシャリティの創作だけじゃなく、主人公の相手役になってる人物を史実通り10歳年上の社交的な婦人とせず、20歳年下のメランコリックなエロい人妻と渡辺淳一の小説に出てき… https://t.co/MFhxsLtPv8
Kazeironohibiタイトルに惹かれて借りた本桜木さんの本読んだ事なくて
raisen_bot_qmaNo.211 次の渡辺淳一の小説と描かれている人物の正しい組み合わせを選びなさい⇒光と影―寺内正毅、遠き落日―野口英世、女優―松井須磨子
otoko_e_onnaなにかいいわけがあるとき、女性は思いがけず、大胆になる(渡辺淳一)
sakuranotabiお散歩道、ライラックが咲いていました。フランス語でリラ、和名はムラサキハシドイ(紫丁香花)。北海道が舞台のリラ冷えの街(渡辺淳一)という小説がありましたが、寒い地域にも耐える花です。リラ冷えは花冷えと同じ。一度暖かくなってか… https://t.co/WlexC6VNFR
qma_pr_bot次のうち、泉鏡花の小説を全て選びなさい(文多)正解選択肢:夜叉ヶ池、婦系図、高野聖、義血侠血×選択肢:光と影(渡辺淳一)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    渡辺淳一さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)