トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 渡辺淳一

渡辺淳一

渡辺淳一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。享年80。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた。

受賞歴

渡辺淳一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

渡辺淳一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

j_tt_j『国境の南、太陽の西』を酷評した吉本ばななさん。「あれは、一見違うけれども、渡辺淳一の世界でしょう。」との言葉が腑に落ちた。私ね、渡辺淳一作品が大好きなのよ。だから『国境…』も好きなのよ。
yurubngkbot渡辺淳一文学賞株式会社集英社と公益財団法人一ツ橋綜合財団が主催する文学賞。純文学・大衆文学の枠を超えた、人間心理に深く迫る豊潤な物語性をもつ小説作品が顕彰される。受賞作品は、『すばる』および『小説すばる』で発表される。2016年(H28)~現在
aya1tum04awase4いずれ、あなたに飽きられるかもしれない。たとえ、あなたがわたしに飽きなくても、わたしがあなたに飽きるかもしれない。  渡辺淳一(失楽園より)
intelli_mimic【ラ連】渡辺淳一の小説/久木祥一郎と松原凛子/日本経済新聞に連載/森田芳光監督が映画化→『失楽園』
otoko_e_onna淋しい女は買い物好き(渡辺淳一)
raisen_bot_qmaNo.211 次の渡辺淳一の小説と描かれている人物の正しい組み合わせを選びなさい⇒光と影―寺内正毅、遠き落日―野口英世、女優―松井須磨子
koimanga文学の世界でも不倫や浮気をテーマにした多くの名作があります。古くは源氏物語。人の妻を寝取るという不倫行為について書かれています。『人間失格』(太宰治)、『純白の夜』(三島由紀夫)、『不機嫌な果実』(林真理子)、『失楽園』(渡辺淳一)、『愛の流刑地』(渡辺淳一)など。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
渡辺淳一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)