トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 渡辺淳一

渡辺淳一

渡辺淳一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。80歳没。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた。

受賞歴

渡辺淳一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

渡辺淳一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pekotyansama渡辺淳一 著「遠き落日(上)」は1876年、貧農の家に生まれた野口英世やけどによって左手の自由を失う。人間・野口英世を余すことなく描き切った傑作長編伝記。第14回吉川英治文学賞受賞作品!https://t.co/qhGXVPU6KQ
natukomakigami渡辺淳一著「鈍感力」 シャープで、鋭敏なことが優れていると世間では思われているが、本当にそうなのか!?医師として作家としての視線を通じて、些細なことで揺るがない「鈍さ」こそ生きていく上で最も大切で、源になる才能だと説き明かす。https://t.co/imvSA0sylQ
wataamemakigami渡辺淳一著「鈍感力」 シャープで、鋭敏なことが優れていると世間では思われているが、本当にそうなのか!?医師として作家としての視線を通じて、些細なことで揺るがない「鈍さ」こそ生きていく上で最も大切で、源になる才能だと説き明かす。https://t.co/g0HjoGKS1L
aya1tum04awase4いずれ、あなたに飽きられるかもしれない。たとえ、あなたがわたしに飽きなくても、わたしがあなたに飽きるかもしれない。  渡辺淳一(失楽園より)
u_nya_qma日本初の女医・萩野吟子の生涯を描いた渡辺淳一の小説
kenndiqma【文文字】1970年に『光と影』で直木賞を受賞している小説『遠き落日』『花埋み』『失楽園』で有名な作家は?→渡辺淳一
0323harayo久しぶりにZARDを聴いてる彼女の曲の中で「永遠」だけは特別。渡辺淳一原作の新聞小説「失楽園」のテレビドラマの主題歌として書き下ろされた。今の二人の間に永遠はみえるのかな君と僕との間に永遠はみえるのかな永遠じゃないから、… https://t.co/Gv8bGrwxiQ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
渡辺淳一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)